製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

今更だけど堅実なT5に注目!


logo_pacific.png




10%OFFのクーポンが好評のようであっという間に在庫切れする商品が続出してきました。

嬉しい悲鳴ですが出来る限り早い補充を進めていきますのでもう暫くお待ちください。





18623442_807386912748191_4485992857766577947_o.jpg





普段はLEDライトを推している弊社ですがサンゴ向けの照明として世界的にも幅広い支持を集めている

のがT5蛍光灯でして、今更と思われますが確実な実績がありますのでLEDライトと並行して販売に力を

入れていきたいと考えております。


メディアの誤った報道から「蛍光灯類の製造中止」が大きく取り上げられ誤解を招くこととなりましたが、

決してそう言った事実は無く今後も引き続き製造・販売されていく事を一般社団法人日本照明工業会

が正式に発表されましたのでご購入後の問題や交換球供給の不安も払拭されておりますので安心して

お使い頂けるものと思います。




18558653_807386892748193_6544407241196368598_o.jpg
新たにラインナップされたAlthea 8灯タイプ





弊社が推し進めるの商品には全て理由があります。

① 性能が優れている

② 機能が充実している

③ 他にはない商品である

④ デザインに優れている

⑤ とにかく安い(笑)

常にこの項目の何れか2点以上を満たしている事を販売の条件にしています。

今回ご紹介するPacific Sun(ポーランド)のT5ライトAltheaはシステムLEDライトのようにスマホなどの

端末でアプリ操作しワイヤレスでプログラム設定などが出来る優れた機能を持ち合わせた製品です。




althea_app1.jpg





アプリで設定できる事は4つのチャンネル毎に点灯・消灯時間の設定および出力(0-100%)の調整など

があり自動制御することが出来ます。

システムLEDライトのような日の出・日没など分刻みの細かな設定までは出来ませんが、時差を設け

UVやブルー管だけ点けて深海のように妖艶な演出を作り出すことは可能です。


このような機能を兼ね備えたAltheaを名付けてシステムT5ライトと呼んでいますが10年ほど前に世界で

最初に「システムLEDライト」というカテゴリ名を付けたのは、何を隠そうこのわたくしでございます(笑)






18595398_807386986081517_4832488896664851407_o.jpg





その他の便利機能として、T5管の交換時期が一目でわかる寿命時間の表示やクーリングファンの

スピード調整(オート機能搭載)も可能となっており、製品寿命を大きく左右する電子バラストも温度

表示されますのでご購入後の品質管理も自分でしっかりすることが出来ます。

意外とこーゆーのって見過ごしがちですが大事なことだと思います。





shallowwater_spectrum_1_large.jpg

spectraplus_spectrum_1_large.jpg

pigment_int_plus_1_large.jpg

crystalblue_spectrum_1_large.jpg

ultrawideUV_large.jpg





Pacific Sunから発売されているT5管は全部で5種類あります。

いわゆる白管やピンク管、ブルー管と呼ばれる種類のほかウルトラワイドのUV管などがラインアップされ、

それぞれ24W/39W/54Wのサイズが発売されています。

以前、弊社も扱っていましたが今後はAltheaの発売に合わせてラインナップしていく予定です。






18588802_807386996081516_2959261516000705257_o.jpg





話は戻りますがサンゴ水槽に使用する照明としてT5とLEDを比べた場合にそれぞれ特徴が異なります。

LEDの場合(特にシステムLEDライト)はサンゴの成長と色揚がりに最も効果的な波長を有するLEDが使用

されていますので最小のエネルギーで最大の効果をもたらすように出来ています。

したがいまして、褐虫藻を育てる事が得意ですから濃い色合いのサンゴへと傾きます。


はたやT5の場合ですと、波長に依存する事が少なく大光量のもとでサンゴを育てるという事になります。

強光阻害などによる白化のリスクも少なく何方でも比較的優しい飼育が可能となり、水質の依存度が高い

ので添加剤の効果が大きく現れるという特徴があります。

このためサンゴはどちらかと言うとパステルに傾き易くなりポリプ食化で成長していきます。

べっぴん珊瑚をお使いのユーザーさんへは特にオススメしたいですね~♪





20170116008.jpg

20170116004.jpg

16105765_10208028025558041_1060842604119603874_n.jpg
T5ライトで色揚がりを魅せるSPS




流行のLEDも良いですが、T5ならではの色合いでサンゴ飼育を楽しむのもまた違った醍醐味があります。

長所・短所はそれぞれあると思いますが一度はパステルのお花畑を目指してやってみたいものですね。


Altheaもようやく全てのサイズが揃ったようでこれから本格的な発売に向け準備を進めて行きます。

少しお待ち頂く必要はありますが「期日割り」をご利用頂ければ相当お安くお買い求め頂けると思います。

価格も一新し、60㎝用の6 x 24Wタイプなら90,000円(税別)でご購入頂けます。


T5ライトもこれだけの機能があれば楽しさ倍増すること間違いナシですね♪


最後にPacific SunのT5ライトで見事に成長したSPSタンクの動画をご覧ください。

※音楽が流れますので音量にご注意ください。










にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-23 : PacificSun : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

こんな照明を待っていた!

lumini_07.png
asta_003.png





本格的にクーラーが必要になってきたこの時期ですが私は毎年エアコン+クーリングファンを利用し

水温23~24度ぐらいをキープしています。

真夏はエアコンを24時間点けっ放しにしていますが最近のエアコンはとにかく省エネで静か。

電気代も水槽用クーラーの1/10以下ぐらいだと思います。

水槽用クーラーって何であんなに電気食うんだろう・・・?

静かでエコな水槽用クーラーの開発に乗り出そうかな~(笑)


水温や部屋の温度を上げない取り組み方の一つとしてLEDライトを選ばれてる方は少なくないようで、

クーラーの稼働率を考慮すれば年間の電気代節約分だけで新しいLEDライトが買えそうですね。

小型水槽の場合、クーラーを使わずクーリングファンを使用されている方も多いと思います。

そのような方々に是非ともオススメしたいのがLumini ASTA NANOライトです。




18268100_1797842730476681_9107029665169051368_n.jpg





ASTA NANOライトは20Wタイプで小型ながら45㎝四方の隅々まで届き、付属のリモコンを使えば

4つのチャンネル別調光も出来ますのでニーズに合った使い方が可能になっています。



Asta_nano_marine.jpg




市販のタイマーもご利用可能ですが専用のマスターコントローラー(別売)を使えばPixieなどのような

スマホのアプリを使ったワイヤレスコントロールでプログラム制御することも可能になっています。

小型ながらシステムLEDライトとして使えるって凄くないですか?

灯具が必要でON/OFFしか出来ないスポットライトとはこの辺でおさらばする時がやってきましたね!

しかも単独でマウント出来ますからアーチなども必要なく配線のごちゃっつきもありませんので水槽上部

は開放的な空間が生まれます。

複数ご使用の場合もライトを追加するだけで自動リンクしますので面倒な設定も一切ありません。

この夢のようなアクア照明が11,800円(税別)で買えるんですからLEDの進化には凄まじいものを感じます。


また、大型水槽にも補助灯として如何でしょうか・・・?

ユーザー様からは「こんな照明を待っていた!」とお喜びの声が届いています。





IMG_307.jpg




淡水・水草用にはPlantタイプをご用意しています。

こちらはON/OFF+ダイヤル式照度調節機能だけとなっていますがその分お安く9,800円(税別)にて

ご提供させて頂いております。


どちらのタイプも120度ですが簡単に交換できる90度レンズ(実際には75度ぐらい)も付いています。


今なら10%OFFのクーポン発行中ですから新製品がお安くゲットできるチャンスです。

在庫も少なくなってきましたので気になる方はお早めにどうぞ♪


なお、マスターコントローラーは欠品中ですので1週間ほどお待ちください。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-21 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

本日よりクーポンがご利用頂けます!


本日より5月31日までご利用頂ける10%OFFのクーポンを発行させて頂きました。

なお、一部の特価商品につきましてはご利用頂けない場合がございます。


クーポンコード:T99V4SNH


【クーポンの使い方】

ご購入後にカートからレジへ進み最後に「クーポンコード」をご記入ください。

合計金額より10%のお値引きが自動的に計算されます。

※送料はクーポン対象外です。






atledtis_logo.png




Ra94を誇る淡水・水草専用 高演色LEDライト PRO-Ⅰのご紹介です。




18491517_1945195729048947_7654903837392096586_o.jpg





近年、淡水・水草用のLEDライトが他メーカーさんから多く発売されている中にあって、これほどまで

鮮やかな色彩を忠実に再現できるLEDライトはほかに無いのではないでしょうか?

それもそのはず、RGB-Wを採用した高演色LEDと呼ばれるのは今のところアクア用ではATLEDTiS

が開発した小型水槽用のE6+とCookie、それとこのPRO-Ⅰだけだと思います。




PRO-1 spec2





        ATLEDTiS PRO-Ⅰ               某メーカー RGB
pro-1_spctra1.jpg 某RBG




PRO-Ⅰの特徴は何と言いましても演色性の高さを抜きにしては語れないRGB-Wの技術力ですが、

製品のクオリティーがとても高く、オールアルミの美しい薄型ボディーも見逃せないところです。





18491762_1945195732382280_5977564479072180355_o.jpg





ハンギングキットは標準装備ですのでの本体ボディーと同色同素材のマウンティングキット(別売)を

組み合わせることでインテリア性も非常に高くなります。


付属のリモコンで照度調節が可能になっているほか、市販のタイマーも問題なくご使用頂けます。

PRO-Ⅰは本物志向の方ならきっとご満足頂ける最高級のライティングシステムです。












にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-20 : ATLEDTiS : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

New Pixie G3を検証!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




40ピース→60ピースへと1.5倍になった新型G3の実力を検証しました。

ちなみに20ピース増えたのはホワイト系が10ピースとブルー系が10ピースです。

Pixie G2 PROオリジナルLEDとの比較はこのような感じになっています。




Pixie g2 vs g3





ホワイト系とブルー系が2倍になりましたのでかなりの照度アップとなりPAR値も増加しています。

注目すべきはUVとバイオレットの比率を逆転させましたのでG3では420nm Violetが強化されており

ストロベリーショートケーキなどに効果的でさらなる色揚がりが期待できるようになりました。


全点灯時では超浅場サンゴに照準を合わせていますので深場系やLPSであればCh-2のホワイトを

絞り込んでいけばベストな波長になるよう設計されていますので迷うことなくプログラムを設定することが

出来るようになりました。


それではいつものようにPixie G3スペクトルの測定結果を発表します。




CH-1 ブルー・シアンチャンネル(475nm ブルー+500nm シアン)

Pixie G3 ch1 Blue_ Cyan
Pixie G3 Ch1




ピーク波長は472nmとブルーの値がやや低めになっていました。

シアンの方は515nm辺りでしょうか? 

こちらはかなり高めになっており、どちらかと言うとグリーンに近いようで色合い的にはちょうど中間の

シアンになっています。

やや物足りなさを感じますが525nmグリーンよりかはずっとマシですね。

475nmブルーを同じチャンネルに入れておいて正解でした。

ピンクや赤系サンゴの色揚がりに期待が持てるチャンネルとなっています。






CH-2 ホワイトチャンネル(12000k ピュアホワイト+4200k ワームホワイト+660nm ディープレッド)

Pixie G3 Ch2 White_Red
Pixie G3 Ch2




14ピースのピュアホワイトに5ピースのワームホワイト、それにディープレッドが加わった計20ピースで

構成されたホワイトチャンネルです。

全体の1/3を占める量はハンパなく明るいPixieに生まれ変わりました。


これまでの経験から、サンゴには見た目の明るさよりもPAR値の大きさを重視するようにしていましたが、

どうしてもメタハラやT5の感覚で「照度」というものを重視されるユーザー様が多いのでそのリクエストに

お応えしてホワイトを増やしたというのが本音です。

たぶん一般的な考えとしては昔の名残で見た目が明るければ安心なのでしょうね(笑)

メタハラやT5などは明るさが全てですが、単波長で組み合わせるシステムLEDは良いとこ取りしてますので

明るさはあまり必要無いのですが・・・。

だけど観賞ということを考えればある程度の照度と色合いは必要不可欠なのかも知れませんね。

そう言った意味において今回の変更は最強のスペクトルと照度を持ち合わせた夢のようなライティング

を実現したと言えるのではないでしょうか?






CH-3 UVチャンネル(395nm ウルトラバイオレット+420nm バイオレット)

Pixie G3 ch3 UV_Violet
Pixie G3 Ch3




G3タイプからはUVを減らしバイオレットを増やしました。

理由としましてはオージーサンゴを始めとする浅場サンゴに効果的だからです。

特にストロベリーのシアン増強にとても効果的です。


UVが強いとサンゴは蛍光グリーンへ偏りがちになりますので全体のバランスを考えた結果がUV<Violet

となったわけであります。







CH-4 ブルーチャンネル(440nm ディープブルー+460nm ブルー)

Oixie G3 ch4 Deep Blue
Pixie G3 Ch4




このチャンネルも全体の1/3を占め、マリンアクアには必要不可欠な色合いと波長が揃っています。

ソフトコーラルやLPSの蛍光色を引き立たせるディープブルーを利かせた深い色合いのブルーです。

ホワイト系LEDのピーク波長である450nmを避けた440nmと460nmを採用することでブルーの領域に

幅を持たせることが出来ましたので全点灯時において非常に理想的なスペクトルになりました。


その全点灯時のスペクトルがこちら ↓



チャンネル・オール(100%)

Pixie G3 All 30cm




400~500nmぐらいまでの波長が非常によく出ていますが、1/3を占めるホワイトチャンネルを絞り込めば

もっとえげつない凄い感じのスペクトルが現れます。

それはまた後日に続報としてお届けさせて頂きたいと思います。


ともあれ改良された新型の制御基板のもと、完全復活を果たしたPixie G3が完成したことによりこれまで

ご迷惑をお掛けしておりましたユーザー様へ恩返し出来るようパーツを整え準備していきます。


あと、Pixie G3の完成を機に明日から過去最大割引きとなる10%OFFのクーポンも発行させて頂きます。

この機会をお見逃すことなく是非ご利用下さいますようお願い申し上げます。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-19 : Lumini : コメント : 18 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixie G3到着!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




今月10日頃にお届けを予定しておりました新型のPixie G3がようやく到着いたしました。

現地からは予定通りに出荷されていましたがMay day~GW期間中は国際貨物が停滞し通関が遅れ

たことが原因でした。

先行予約で楽しみにお待ち頂いておりましたご購入者様にはたいへんご迷惑をお掛け致しました。

本日に全数発送させて頂きましたのでお届けまでもう暫くお待ちくださいませ。




New Pixie Original
New Pixie G3 に搭載している マルチLEDチップ





さて、この新しく生まれ変わったPixie G3は出力に変わりは無いもののCOBのマルチチップが大幅に

変更となり、これまでの40ピースから60ピースへと1.5倍に増加し照度やPAR値もかなり上がりました。

Pixieにはこのマルチチップが2個搭載されていますので計120ピースという事になります。




Mount kit-4





マウントキットやパッケージも一新されています。

当初、マウントキットはG3よりオプション扱いになるとメーカーから伝えられていましたが、これまでの

経緯を説明し強く嘆願した結果、価格変更無しで標準装備されることになりました。

G2 PROより1,000円アップになっているのはマルチチップ変更によるもので、原価は2,000円近く上がって

おりますので実質的には値下げになっています。


新型G3マルチチップの出来栄えも上々で、単品販売(交換用)に向けて準備中です。

ご購入者様へは無償交換させて頂く予定の新しい制御基板が到着次第に発売を開始いたします。

もう間もなくと思いますので今しばらくお待ちくださいませ。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-18 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ようやく通関完了!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




先週金曜から税関で止まったままになっていたPixie G3がようやく通関し明日到着予定となりました。

さっき分ったことですが、今回は初めて使う国際便(テクニカル・ノア)だったようです。

メーカーにはDHL指定の国際送料払ってるんだけど、量が多いとへんてこな業者に回ってしまう流通

システムを改善しないと・・・。




明日は総力を挙げて検品~出荷させて頂きますので今しばらくお待ちくださいませ。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-17 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

超小型のシステムLEDライトに変身?

lumini_07.png
asta_003.png



G.W明けより発売を開始しましたASTA NANO Lightですが、実はとんでもない機能を有していた事が

判明しました。

当初メーカーからはリモコン制御だと聞いていたのですが、蓋を開けてみるとそれはアプリ操作が可能な

超小型のシステムLEDライトだったのです。




18402953_1751533828471254_5231848540123498372_n.jpg




でもこれは単体での操作は出来ませんので別売のMaster Controllerが必要になります。

PixieやASTAをお使いのユーザー様ならそのまま追加ユニットとしてお使い頂けますが、チャンネル構成

などが違いますので同色での演出は難しそうです。

全チャンネルをフラットにすれば問題無いと思います。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-11 : Lumini : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

NANO Light Marine 発売開始!

lumini_07.png
asta_003.png




淡水・水草用の発売から約1ヶ月遅れとなっておりましたが仕様が大幅にバージョンアップとなった

NANO Light Marine(海水・サンゴ用)が本日より出荷開始となりました。




18268100_1797842730476681_9107029665169051368_n.jpg




バージョンアップとなったのはリモコン制御方式で、4チャンネルで調光が可能となりタイマープログラムは

ありませんがシステムLED並みの自在性が実現しました。

出力的には20Wタイプですので一般的なスポットLEDと互角かそれ以上の照度があり簡単に交換できる

2種類のレンズで広角・集光も自由自在なので小型水槽~60ワイドぐらいまでお使い頂けます。


チャンネル構成は次のとおりです。




CH-1 ブルーチャンネル

20170506001.jpg
NANO Light Marine Ch-1





Ch-2 ホワイトチャンネル

20170506002.jpg
NANO Light Marine Ch-2






Ch-3 ディープブルーチャンネル

20170506003.jpg
NANO Light Marine Ch-3





Ch-4 RGB+UVチャンネル

20170506004.jpg
NANO Light Marine Ch-4





Ch-ALL オールチャンネル(全点灯)

20170506005.jpg
NANO Light Marine Ch-all





全て90度レンズを装着して計測しています。


これら4つのチャンネルはリモコンで10段階の照度調光が可能ですからサンゴなど生体に合わせた波長と

色合いを演出することが出来ます。




201705081734405d4.jpg





なお、リモコンの受信器は本体ではなく電源内にありますのでリモコンは電源に向けてお使いください。

ケーブルコードにはON/OFFスイッチが付いており市販のタイマーもお使い頂けます。


これだけの機能が揃ってお値段は11,800円(税別)ですのでかなりコスパは高いと思います。

本日から出荷可能ですのでどうぞ宜しくお願いします。




20170506007.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-08 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixie G3 続報2!

lumini_07.png
pixie_logo7.png



Pixie G3の最新情報をお伝えさせて頂きます。


大凡の波長と照度はメーカーから送られてきた情報を基にチェックし打ち合わせを行っていましたが、

最終確認の結果、受けていた報告までに至らず土壇場になって変更する事になりました。

飛躍的なグレードアップになっていなければ意味がありませんのでここだけは譲るわけには行きません

のでメーカーにも無理を聞いてもらいました。


そして最終的に決まったのはG2 PROより比較的調整し易い感じのチャンネル構成にしました。




Pixie G3 LED1





Pixie G3のチャンネル構成は次のとおりです。


CH-1 UVチャンネル

CH-2 シアンチャンネル

CH-3 ブルーチャンネル

CH-4 ホワイトチャンネル



全体的な割合も程好く、SPSならピーク平均70~80%前後で行けそうです。

LPSならCH-4のホワイトを絞ってCH-3のブルーをフルに活かしてください。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-07 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixie G3 続報!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




新型(2017年モデル)となるPixie G3の最新情報をお届けします。

まず、新しくなったのはLEDだけではなくマウントアームも新しいタイプになっております。




Mount kit-3





90度のアールがついた新型マウントキットは上下と前後にスライド出来ます。

標準付属されているのは1セットだけですが、2セットを両サイドで結べばアーチタイプにもなります。

Pixie本体は縦でも横でも設置可能でシングルマウントの場合、強度的に8ミリ以上の水槽厚を推奨します。

ご不安な方はアクリルなどの端材をスペーサーとしてお使い頂ければ強度が増しより安定的です。




Mount kit-2




オプション扱い(別売)になることが多い固定金具ですが、Pixieではマウントタイプとワイヤー吊り下げの

ハンギングキットが標準装備となっており大変お買い得です♪





20170501205648ffb.jpg





さて、昨日に届いたG3用の新型マルチLEDチップの方はと言いますと、送られてきた動画で確認は

していましたが実際に見るとやや物足りない感じが否めませんでした。

もちろんG2のチップより遥かに良くなっているのですが、せっかく60ピースもあるLEDが青色に占領され

無駄に増えただけの構成に不満を感じずにはいられませんでした。

そして、メーカーと何度も協議した結果、私が考案した構成にすべて作り直すことが決定しました。

プリント基板なので時間も掛からずほぼ予定通りの納期でお届け出来ると思います。


500nmシアンや4200kアンバーなども追加し、420nmバイオレットも4倍に増やしました。

ブルー系も440nmディープブルー・460nmブルー・475nmスカイブルーの3種類に。

ホワイト系では12000kピュアホワイトを1.5倍に増強しましたので照度はかなり上がるはずです。


レアな波長をふんだんに使いましたのでマルチチップ1枚あたりの単価はぐっと上がってしまいましたが

一切妥協しなかったので悔いはありません。


LEDのレイアウト表は後日に発表させて頂きますのでしばらくお待ちください。

とにかくPixieシリーズ最強となるのは確実です。


乞うご期待を・・・!







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-04 : Lumini : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: