製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

Atlantik V4入荷情報 & アップグレードについて

atv3+_img3.png




Atlantik V4に搭載するLEDも全て決まり、現在は量産体制に向け着々と製造中で日本には3月上旬頃

に入荷する予定です。




at-v3_001.jpg
画像はV4と同系のAtlantik V3 Plus





Atlantik V4はV3 Plusから変更になった新型の制御基板をそのまま引継ぎ、LEDの種類と配列だけが

一新されたモデルとなっています。

言うなればグレードアップバージョンですからV3 Plusユーザー様はLEDの基板ユニットを交換するだけで

V4へアップグレード出来ます。

V2/V2.1/V2.1B/V3のユーザー様は中身をそっくり変えないといけませんのでかなりの出費となります。

ただし、185WのままでLED基板ユニットだけを交換する方法もあります。

この場合でしたらかなりお安く(と言っても4~5万は掛かります)変更する事も可能です。


なお、こちらもすぐ欠品になってしまうと思いますので早めにご予約して頂くことをお勧めします。

詳細につきましては直メールまたはカテゴリ欄左下の「メールフォーム」よりお問い合せください。



特典付きでお買い得となっております「先行予約」は間もなく締め切りとなります。

V4から仕入原価もかなり上がっておりますので為替の状況によりましては今後の販売価格が少し値上

になる可能性もありますのでご検討中の方はこの機会にぜひお買い求めください♪



IMG_9395.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-21 : Orphek : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixieユーザー様に朗報!

lumini_07.png
pixie_logo7.png



これはまだテスト段階ですので何とも言えませんが完成するとどんな環境条件下でも完璧な制御が

可能になります。

また、これまで不可能だった個別制御が可能となり異なる水槽にも違うプログラムで稼動させる事が

でき、Master Controllerは不要となります。




なぜ最初から気付かなかったんだろう・・・。





まぁ、失敗は成功の基ではありませんが欠点を徹底的に洗い出し、考えに考え抜いた結果、




Pixieの弱点を逆手に取った画期的な方法が見つかりました!





ただこれは実用新案や特許の兼ね合いもございますので明らかになるのは申請認可後という事に

なりますが、製品化は早くできそうなので3月初旬ごろに発売できるよう進めていきます。




急げ!!!






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-17 : Lumini : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

モニターレビュー第1弾は水草水槽!

pro-1002.jpg



CORONAやPRO-Ⅰなどをモニターして頂いてる方々から早速第1弾のレビューが届きました。

最初のうちは設置状況や製品に対する所見などの感想がほどんどだと思いますが「見てくれ」も製品に

とっては重要なポイントですからユーザー様がどのような判断・評価をされるのかとても興味深いです。



モニターレビュー第1弾を飾って頂くのはソーラーⅠからPRO-Ⅰにご変更された埼玉県・M様です。

水槽サイズは1200×450×600㎜と高さのある大型水槽に2台を設置して頂きました。


先ずは変更前の水景からビフォーアフターで♪



DSCF15571.jpg


↓  ↓  ↓


DSCF15711.jpg




PRO-Ⅰにはレンズがないと言うことで危惧されていた60㎝の深さでしたが全く問題なく、それどころか

メタハラ2灯時よりも明るく透明感が増したような感じですね。


画像とともに頂きましたご感想がこちら


本日、やっと設置できました。遅くなりました。
ACアダプターを無事に天井に設置できました。
機器自身はT5の様かとおもってましたが厚さは薄く奥行きもソーラー1と変わりないイメージです。すっきりです。
点灯してみるとかなり明るいです。水草の色が濃くなった様に感じます。緑も赤も。
10,000kのバルブを使ってましたがより透明感があり今までが黄色っぽい感じです。
見た感じがシャープに見えます、疲れるように思いますが慣れると思います。
点灯して30分して底面全体から気泡が上がってきたのが確認できました。明るさ問題ないですね。
コケがどうなるか心配ですが。状況をみて明るさの調整をして いきたいです。

ソファーに座ってると眩し過ぎます、シェードが必要です、対策品お願いします。




DSCF1574.jpg

DSCF1575.jpg

DSCF1578.jpg

DSCF1579.jpg

DSCF1573.jpg

DSCF1580.jpg




設置直後の様子ですが概ねご満足頂けたようで安心しました。

明るさの調整は付属のリモコンで簡単に行えます。

プログラムタイマーなどの機能はありませんので市販のタイマーなどをご利用ください。


今後は水草がどのように育ち色付いて行くのか、次回は性能面についてご紹介出来ると思います。

なお、ご要望頂きましたシェードにつきましてはメーカーへ依頼させて頂きます。


M様、どうもありがとうございました。

引き続きどうぞ宜しくお願いします。



DSCF1565.jpg

DSCF1556.jpg

DSCF1572.jpg






あと、こちらはモニターをして頂いてる方ではございませんがASTA-120 プラントタイプのユーザー様

から頂きましたレビューをご紹介させて頂きます。



asta-120.jpg
愛知県・U様の水草水槽(サイズ:900×450×450㎜)



ご本人談です。

さっそく今までみられなかった光合成が盛んにみられるようになっています。
ソーラー1よりもいいかもです。ゆらぎも満足です。




大変ご満足頂けたようで有り難いお言葉を頂きました。

こちらのユーザー様もソーラーⅠから変更されておられます。

ASTA-120の場合はレンズが付いておりますのでPRO-Ⅰより照度は高くなりますが水槽全体に行渡る

のは面光源的な発光であるPRO-Ⅰの方に軍配は上がると思いますが、ASTA-120はシステムLEDライト

ですので4チャンネル方式プログラム制御などがアプリ操作でワイヤレスコントロールすることが出来ます。

あとは外観的なデザインの好みや設置方法の違いでお選び頂いてるようです。


この後も他のモニターをして頂いてる方からレビューが届きましたらご紹介させて頂きたいと思います。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-16 : ATLEDTiS : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixieの問題について正面から考えた結果…

lumini_07.png
pixie_logo7.png



HISEA のトラブルで保証などの問題を解決するため新たなメーカーであるLumini社と取引を始めPixie

などの製品を代替としてご提案させて頂いてきました。

しかしながら、そのPixieなども一部の方々の環境にそぐわない場合は急に明るくなったり暗くなったりと

暴走するようで、現在メーカーではいろいろと原因を調べており、弊社におきましてもそのような現象が

起きないため原因を特定する事が非常に困難になっています。

ただ、一部のユーザー様におかれましてはMaster Controllerの位置を換えたり無線機器(コードレス

電話など)を移動させて解消した事例もございます。


現在までに900台ほどを販売させて頂いておりますが、問題が生じているのはごく一部の方々です。

製品に電波障害が起きうることは承知しておりますが、そのほとんどのユーザー様では問題なくお使い

頂いているのが現状です。


しかしながら、メーカーでも原因が掴めないのなら早期の改善が期待できないと思い、私は全機種に

コントローラー機能を内蔵したビルトインタイプに変更するよう依頼しております。

春節明けから試作に取り組むと聞いておりますが、まだ出来上がったと言う情報は入っておりません。

ライティングルーバーの完成も延々になっており、仕事が早いLuminiはどこへ行ったのでしょうか…?


このビルトインタイプが完成すれば設定したプログラムもメモリーされますので電波障害の解消だけではなく

個別のプログラムで稼動させる事が出来ますから他の水槽に増設する事が可能になるメリットも生まれます。


私はこれの完成に期待しているのですが実際に出来上がったもので検証しないと何とも言えませんので

今のところはただただ待つしかありません。




20170214001.jpg
CORONAをコントロールするアプリ「Fishbit」のガイドブックを翻訳中





そうこうしている間にも新製品は次々と発売になっているわけでありまして、先日に届いたRapidLED社の

CORONAも個別のセッティングや複数台をリンクさせたグループ化など様々なアプリテストを行い順調に

問題なく終了しました。

日本語による説明書も出来上がりましたので今週末より順次出荷させて頂きます。


今のところ何の問題も見当たりませんでしたので次回はある程度まとまった数をオーダーする予定ですが、

Pixieユーザー様の中で、もしこのCORONAに乗り換えてみたいと思われた方は是非一度ご相談ください。

ご購入価格相当にて下取りさせて頂こうと思います。

これが今直ぐ弊社が出来るカスタマーサービスとしての対応だと考えております。



た、これは余談となりますが今般のPixieユーザー様によるご批判は私も重々承知のうえ、甘んじて

お受けさせて頂きますが責任放棄などは一切考えておらず、何とかユーザー様の癒しとしてアクアリウム

を長くお続け頂きたいと願うばかりでございます。

これからも多くの皆様方に喜んで頂けるような商品開発と販売に勤しんで参りたいと思っています。

今後とも引き続きご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-14 : Lumini : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

Atlantik V4 続報その2 詳細が決定!

atv3+_img3.png



間もなくリリースが予定されているAtlantik V4の詳細が決定し公式発表されました。

それによると、追加・変更されたLEDは8種類にもおよび、計13種類のLEDがラインナップされました。

ここまで変わるともう別物のような感じですね(笑)



16473022_1327625510630090_6791319402401414596_n.jpg

Atlantik_V4_Ratio.jpg
Orphek Atlantik V4のLEDレイアウト




サンゴに最も効果的とされているUV~500nm付近には10nm刻みのLED素子が配置され完璧なスペクトル

を実現させています。


Atlantikシリーズで特徴的だったWide Redがなくなって、代わりに850nm IR(赤外)とピンクが入りましたが

このピンクっていったいどんな波長なのか分りません。

現物が到着次第に計測してみたいと思います。


その一方でV2時代に5割近くを占めていた白色LEDがわずか18%しか入っておらず、アンバーを加えても

23%と激減しています。

これもおそらく明るさより深度による波長の再現性を重視した結果かと思われます。

結局のところサンゴの成長と色揚がりを考えればおのずと高照度の必要性は無くなってくるんでしょう。

これが究極のサンゴ用LEDライトとしての答えなのかも知れませんね。




IMG_9395.jpg





そして、Atlantik V4には不可視光の380nmUVA(紫外線)や850nmNIR(赤外線)が含まれています。

不可視光ですから人の目には見えない光がしっかり効いているんでしょう!

特にNIRがサンゴにどのような効果をもたらすのか、興味津々です。

後でOrphekオーナーになぜIRを入れたのか聞いてみたいと思います。


今月末頃の完成予定で進められており、到着は3月上旬になると思いますのでオンラインショップおよび

Orphek製品取扱店様の方で近日中に予約を開始させて頂きます。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-13 : Orphek : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: