製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

New Pixie G3を検証!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




40ピース→60ピースへと1.5倍になった新型G3の実力を検証しました。

ちなみに20ピース増えたのはホワイト系が10ピースとブルー系が10ピースです。

Pixie G2 PROオリジナルLEDとの比較はこのような感じになっています。




Pixie g2 vs g3





ホワイト系とブルー系が2倍になりましたのでかなりの照度アップとなりPAR値も増加しています。

注目すべきはUVとバイオレットの比率を逆転させましたのでG3では420nm Violetが強化されており

ストロベリーショートケーキなどに効果的でさらなる色揚がりが期待できるようになりました。


全点灯時では超浅場サンゴに照準を合わせていますので深場系やLPSであればCh-2のホワイトを

絞り込んでいけばベストな波長になるよう設計されていますので迷うことなくプログラムを設定することが

出来るようになりました。


それではいつものようにPixie G3スペクトルの測定結果を発表します。




CH-1 ブルー・シアンチャンネル(475nm ブルー+500nm シアン)

Pixie G3 ch1 Blue_ Cyan
Pixie G3 Ch1




ピーク波長は472nmとブルーの値がやや低めになっていました。

シアンの方は515nm辺りでしょうか? 

こちらはかなり高めになっており、どちらかと言うとグリーンに近いようで色合い的にはちょうど中間の

シアンになっています。

やや物足りなさを感じますが525nmグリーンよりかはずっとマシですね。

475nmブルーを同じチャンネルに入れておいて正解でした。

ピンクや赤系サンゴの色揚がりに期待が持てるチャンネルとなっています。






CH-2 ホワイトチャンネル(12000k ピュアホワイト+4200k ワームホワイト+660nm ディープレッド)

Pixie G3 Ch2 White_Red
Pixie G3 Ch2




14ピースのピュアホワイトに5ピースのワームホワイト、それにディープレッドが加わった計20ピースで

構成されたホワイトチャンネルです。

全体の1/3を占める量はハンパなく明るいPixieに生まれ変わりました。


これまでの経験から、サンゴには見た目の明るさよりもPAR値の大きさを重視するようにしていましたが、

どうしてもメタハラやT5の感覚で「照度」というものを重視されるユーザー様が多いのでそのリクエストに

お応えしてホワイトを増やしたというのが本音です。

たぶん一般的な考えとしては昔の名残で見た目が明るければ安心なのでしょうね(笑)

メタハラやT5などは明るさが全てですが、単波長で組み合わせるシステムLEDは良いとこ取りしてますので

明るさはあまり必要無いのですが・・・。

だけど観賞ということを考えればある程度の照度と色合いは必要不可欠なのかも知れませんね。

そう言った意味において今回の変更は最強のスペクトルと照度を持ち合わせた夢のようなライティング

を実現したと言えるのではないでしょうか?






CH-3 UVチャンネル(395nm ウルトラバイオレット+420nm バイオレット)

Pixie G3 ch3 UV_Violet
Pixie G3 Ch3




G3タイプからはUVを減らしバイオレットを増やしました。

理由としましてはオージーサンゴを始めとする浅場サンゴに効果的だからです。

特にストロベリーのシアン増強にとても効果的です。


UVが強いとサンゴは蛍光グリーンへ偏りがちになりますので全体のバランスを考えた結果がUV<Violet

となったわけであります。







CH-4 ブルーチャンネル(440nm ディープブルー+460nm ブルー)

Oixie G3 ch4 Deep Blue
Pixie G3 Ch4




このチャンネルも全体の1/3を占め、マリンアクアには必要不可欠な色合いと波長が揃っています。

ソフトコーラルやLPSの蛍光色を引き立たせるディープブルーを利かせた深い色合いのブルーです。

ホワイト系LEDのピーク波長である450nmを避けた440nmと460nmを採用することでブルーの領域に

幅を持たせることが出来ましたので全点灯時において非常に理想的なスペクトルになりました。


その全点灯時のスペクトルがこちら ↓



チャンネル・オール(100%)

Pixie G3 All 30cm




400~500nmぐらいまでの波長が非常によく出ていますが、1/3を占めるホワイトチャンネルを絞り込めば

もっとえげつない凄い感じのスペクトルが現れます。

それはまた後日に続報としてお届けさせて頂きたいと思います。


ともあれ改良された新型の制御基板のもと、完全復活を果たしたPixie G3が完成したことによりこれまで

ご迷惑をお掛けしておりましたユーザー様へ恩返し出来るようパーツを整え準備していきます。


あと、Pixie G3の完成を機に明日から過去最大割引きとなる10%OFFのクーポンも発行させて頂きます。

この機会をお見逃すことなく是非ご利用下さいますようお願い申し上げます。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-19 : Lumini : コメント : 18 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixie G3到着!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




今月10日頃にお届けを予定しておりました新型のPixie G3がようやく到着いたしました。

現地からは予定通りに出荷されていましたがMay day~GW期間中は国際貨物が停滞し通関が遅れ

たことが原因でした。

先行予約で楽しみにお待ち頂いておりましたご購入者様にはたいへんご迷惑をお掛け致しました。

本日に全数発送させて頂きましたのでお届けまでもう暫くお待ちくださいませ。




New Pixie Original
New Pixie G3 に搭載している マルチLEDチップ





さて、この新しく生まれ変わったPixie G3は出力に変わりは無いもののCOBのマルチチップが大幅に

変更となり、これまでの40ピースから60ピースへと1.5倍に増加し照度やPAR値もかなり上がりました。

Pixieにはこのマルチチップが2個搭載されていますので計120ピースという事になります。




Mount kit-4





マウントキットやパッケージも一新されています。

当初、マウントキットはG3よりオプション扱いになるとメーカーから伝えられていましたが、これまでの

経緯を説明し強く嘆願した結果、価格変更無しで標準装備されることになりました。

G2 PROより1,000円アップになっているのはマルチチップ変更によるもので、原価は2,000円近く上がって

おりますので実質的には値下げになっています。


新型G3マルチチップの出来栄えも上々で、単品販売(交換用)に向けて準備中です。

ご購入者様へは無償交換させて頂く予定の新しい制御基板が到着次第に発売を開始いたします。

もう間もなくと思いますので今しばらくお待ちくださいませ。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-18 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ようやく通関完了!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




先週金曜から税関で止まったままになっていたPixie G3がようやく通関し明日到着予定となりました。

さっき分ったことですが、今回は初めて使う国際便(テクニカル・ノア)だったようです。

メーカーにはDHL指定の国際送料払ってるんだけど、量が多いとへんてこな業者に回ってしまう流通

システムを改善しないと・・・。




明日は総力を挙げて検品~出荷させて頂きますので今しばらくお待ちくださいませ。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-17 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

超小型のシステムLEDライトに変身?

lumini_07.png
asta_003.png



G.W明けより発売を開始しましたASTA NANO Lightですが、実はとんでもない機能を有していた事が

判明しました。

当初メーカーからはリモコン制御だと聞いていたのですが、蓋を開けてみるとそれはアプリ操作が可能な

超小型のシステムLEDライトだったのです。




18402953_1751533828471254_5231848540123498372_n.jpg




でもこれは単体での操作は出来ませんので別売のMaster Controllerが必要になります。

PixieやASTAをお使いのユーザー様ならそのまま追加ユニットとしてお使い頂けますが、チャンネル構成

などが違いますので同色での演出は難しそうです。

全チャンネルをフラットにすれば問題無いと思います。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-11 : Lumini : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

NANO Light Marine 発売開始!

lumini_07.png
asta_003.png




淡水・水草用の発売から約1ヶ月遅れとなっておりましたが仕様が大幅にバージョンアップとなった

NANO Light Marine(海水・サンゴ用)が本日より出荷開始となりました。




18268100_1797842730476681_9107029665169051368_n.jpg




バージョンアップとなったのはリモコン制御方式で、4チャンネルで調光が可能となりタイマープログラムは

ありませんがシステムLED並みの自在性が実現しました。

出力的には20Wタイプですので一般的なスポットLEDと互角かそれ以上の照度があり簡単に交換できる

2種類のレンズで広角・集光も自由自在なので小型水槽~60ワイドぐらいまでお使い頂けます。


チャンネル構成は次のとおりです。




CH-1 ブルーチャンネル

20170506001.jpg
NANO Light Marine Ch-1





Ch-2 ホワイトチャンネル

20170506002.jpg
NANO Light Marine Ch-2






Ch-3 ディープブルーチャンネル

20170506003.jpg
NANO Light Marine Ch-3





Ch-4 RGB+UVチャンネル

20170506004.jpg
NANO Light Marine Ch-4





Ch-ALL オールチャンネル(全点灯)

20170506005.jpg
NANO Light Marine Ch-all





全て90度レンズを装着して計測しています。


これら4つのチャンネルはリモコンで10段階の照度調光が可能ですからサンゴなど生体に合わせた波長と

色合いを演出することが出来ます。




201705081734405d4.jpg





なお、リモコンの受信器は本体ではなく電源内にありますのでリモコンは電源に向けてお使いください。

ケーブルコードにはON/OFFスイッチが付いており市販のタイマーもお使い頂けます。


これだけの機能が揃ってお値段は11,800円(税別)ですのでかなりコスパは高いと思います。

本日から出荷可能ですのでどうぞ宜しくお願いします。




20170506007.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-08 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: