製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

New G3 Aqua miniを検証!

micmol.png





新型のG3 Aqua miniはコンパクトながら強烈なライティングとiMOS3.0搭載のプログラミングにより

24時間完全自動制御となるシステムLEDライトの仲間入りを果たしました。


旧タイプのAqua miniとの大きな違いは30W→60Wへ2倍パワーアップし、さらにリフレクターから90度の

オプティカルレンズ効果で照度的には2.8倍ほどの性能に生まれ変わっています。




g3_aquamini009.jpg
G3 Aqua mini





形状的に大きく変わったところと言えばこのトップカバーでしょうか。

ハイパワーLEDを冷却するクーリングファン吸気用のスリットが設けられています。

ファン自体も一回り大きくなり冷却効果も更にパワーアップしています。

このクーリングファンは温度感知式のセンサー内臓型で、ヒートシンクが45度以上になれば動き出し、

40度以下まで下がれば自動的に止まる仕組みになっています。

ファン音は耳を近づければ聞こえる程度で騒音というレベルではなく、他製品と比べても静かです。


正面のディスプレイにもヒートシンクの温度が表示されていますので、もし45度以上でファンが回って

いなければ故障という事も一目で判ります。





g3_aquamini001.jpg
G3 Aqua mini Marine type





ミドルクラスのAqua Airに対し、G3 Aquaシリーズはミドリイシも余裕で飼育出来るパフォーマンスを

備えたハイエンドモデルへと進化を遂げています。

照射可能な適用範囲はG3 Aqua miniで45キューブ位までの水槽に対応しています。

60ワイド水槽ならAqua miniを2灯か、もしくはAqua Proをお薦めします。



それでは検証結果についてご紹介させて頂きます。

※検証の測定法方は離隔30㎝の中央にて計測しています。




20171104003.jpg






■ G3 Aqua mini Marine type


Set Blue :  ブルーチャンネル

g3min_blue2.jpg
g3min_blue1.jpgmicmol_g3mini_blue.jpg







Set White :  ホワイトチャンネル

g3mini_white3.jpg
g3mini_white1.jpg
micmol_g3mini_white.jpg








Set Special :  スペシャルチャンネル

g3mini_sp2.jpg
g3mini_sp1.jpg
micmol_g3mini_sp.jpg








All 100% :  全チャンネル

g3mini_all2.jpg
g3mini_all1.jpg
micmol_g3mini_30cm.jpg




<参考資料:離隔45cm/全チャンネル100%>

micmol_g3mini_45cm.jpg





今回の検証はマリンタイプのみでプランツタイプは後日別途にご紹介させて頂きます。

次回はG3 Aqua Proのご紹介です。



そして久しぶりになりましたが今日から今月末までお使い頂ける割引きクーポンを発行しました!

JUNオンラインショップより全商品対象でお買い上げ合計から10%OFFとなります。



クーポンコード:5LPs8R



カートにてこのクーポンコードを入れて頂ければOKです。

ただし送料は割引き対象外となります。(5,000円以上の場合は無料サービスです)






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-11-24 : MICMOL : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: