製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

ZEUS 淡水・水草タイプを検証

1496646597680x250_1.jpg




ZEUSの第1便目は予定より少し遅れての入荷となりましたがとりあえず連休前に間に合って一安心です。

遠方へのお客様もこのブログ記事がアップされる頃にはお手元に届いていると思います。


ZEUSの印象としましては、illumagicに似た感じですがファンレスでとても軽くシャープなのが特徴的です。

これならマウントでもワイヤー吊り下げでも一人で簡単に設置出来ると思います。


スペクトル的にはALPHAに近い感じで弟分的な位置付けになりそうです。

照度も出力に比例しており1ユニットあたりがALPHAの半分程度になっています。

したがいまして、2本並列で設置するとALPHA同等かそれ以上の明るさが得られますのでSPSやミドリイシ

をZEUSでやってみたい方にはこの方法がお勧めです。

1本ならやはりハード~ソフトコーラル、深場ミドリイシぐらいまでになりそうですね。



水草タイプなら白色LEDが多い分、かなり明るいので1本でほとんどの水草がいけそうな感じです。

いつもなら海水・サンゴ用をメインにお伝えしておりますが、ALPHAの検証結果をご紹介していますので

今回は淡水・水草タイプの検証結果をお伝えさせて頂きます。




20170605_154540_102.jpg
LEDZeal 公式サイトより抜粋





このスペクトルグラフはメーカー公式発表のものです。

弊社ではUPRtekのMK-350というスペクトルメーターを使って測定しています。

計測地点はLEDライト本体の中央で離隔は30㎝のAモード(露光オート)となっております。




■ZEUS 70 Plant Type


Ch-1

20170915001.jpg
ZEUS Ch-1








Ch-2

20170915002.jpg
ZEUS Ch-2








Ch-3

20170915003.jpg
ZEUS Ch-3







Ch-4

20170915004.jpg
ZEUS Ch-4





Ch-2とCh-4は全く同じ種類と数のLEDですが計測地点が中央に寄っている分だけCh-2の方が照度

出ています。

CH-3を使えば朝焼けや夕焼けなどが、CH-1ではムーンライトとして一日の変化を様々な水景を再現し

楽しむことが出来るチャンネル構成となっています。

淡水・水草用としてはこれ以上必要なものは無いと思います。


そして全チャンネルの結果は・・・




Ch-ALL

20170915005.jpg
ZEUS Ch-all





中央に配置されているグリーンがやや突出しメーカー発表のスペクトルとはやや異なっていますが、おそら

くこれは測定装置の違いだと思われます。

このように簡易測定器を用いた計測結果は計測地点で大きく異なりますので上記の結果はあくまでも参考

程度に捉えて頂きたいと思います。


照度は4万ルクスを超えており、ZEUS150なら×2で、ZEUS200なら×3となり、水草用としては十分な照度

と照射範囲を持ち合わせている優秀なシステムLEDライトだと思います。


ミドリイシ用としましてはやはりALPHAぐらいの出力が必要かと思われます。

以前にご紹介させて頂きましたMK8さんがご自身のブログにて良好な結果が得られているという内容の

記事が掲載されています。

AI HydraからALPHA-120へ変更されてからおよそ1ヶ月ほどが経過しており、成長と最近では色揚がりも

実感して頂いているご様子です。

ZENI-NAIYOシステム+べっぴん珊瑚の効果もあろうかと思いますが、とても相性が良さそうです。


ALPHA-120はパッケージも出来上がり正式モデルとして本格的に販売を始めました。

その他のバーライトやスポットライトの生産は少し遅れ気味ですが、今後も引き続きLEDZeal製品推しにて

進めていきたいと思っています。

このメーカーはかなり良さそうですよ♪





zeus_crescent1.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-09-17 : LEDZEAL : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: