製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

SEAHOGスキマーが選ばれる理由!

logo zksj

seahog001.png




まだ本格的に販売していないものの、現在はモニターや先行販売にて数十名の方々にご使用頂いて

いるSEAHOG DCスキマーですが非常に評判が良く、これまでにない性能だとお喜びの声をたくさん

届いております。



PRO-301S.jpg




インサンプ型のスキマーはスペースが限られていますので同クラス比では圧倒的に容積が多いので

処理できる能力が違ってきます。

コーンタイプや最近話題のスリムなボトルタイプは見た目的に美しさを感じますが性能面で考えると

さほど有利であるとは言えず、外観的な機能美だけで性能を犠牲にしていると思われます。

効率に関しましても先日来何度か記事にしておりますが、実はSEAHOGスキマーも当初はコーン型の

タイプが存在しておりました。



SW-150S.jpg
現在は廃盤となった旧タイプのSEAHOGスキマー





そうなんです。 

思い込みや机上の空論ではなく実際にメーカーがテストした結果が現在のタイプに至るわけであり、

決して私が売り込みたいだけでホラを吹いてるわけではありません(笑)


先ず、ポンプを本体に入れることは省スペース的にとても良いアイデアだと思います。

しかしその分スキマー内部の容積が減り、更にはメンテナンスが非常に複雑となります。

また、形状的にも余分なパーツが増えてコストが上がりますので少なからず販売価格に影響します。




20170222008.jpg
ワンタッチで脱着可能なSEAHOGのDCポンプ




SEAHOGのPROシリーズはDCポンプが本体へダイレクトに取り付けられるようになっています。

これはSEAHOGだけが持つ特徴の一つでもあり容易に脱着出来ますのでメンテナンスが非常に簡単です。


ハーフコーンでも一部分を円錐形状にする事のメリットはほとんど見られず、逆に処理能力がダウンする

とのテスト結果が出ています。

SEAHOGの技術者によると、形状よりも容積とそれに見合うポンプ性能が重要だとか・・・。

それを実現したのがSEAHOGのプロフェショナルシリーズです。


何度も言いますが、「少しの差」が毎日となれば大きな差となって現れてきます。

SEAHOGは見様見真似で作られた安価なスキマーではありません。

決してお安いものではありませんが、このスキマーほど価格相応なものは他にないと思います。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-03-03 : SEAHOG : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: