製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

Atlantik V4

atv3+_img3.png



今日は久しぶりにOrphekの話題です。

昨年に185W→235Wタイプへ飛躍的な進化を遂げたAtlantik V3 Plusですが、早くもバージョンアップ

となるV4が誕生しそうです。




IMG_9395.jpg





V4は外観やシステムの変更ではなくLEDの種類が多少入れ替わったもので、現在はプロトタイプで

テスト中のようです。


V4の目玉となるのはシアン~グリーン帯域の強化および380nmUVと850nmIRです。




IMG_9394.jpg






Atlantikにもようやく500nmシアンが初めて採用されましたね!

長年にわたり500nmシアンの重要性を訴え続けてきた甲斐がありました(笑)

Orphekオーナーもこのシアンチャンネルがサンゴ育成のベースになる光だと言っています。


AtlantikシリーズもV1~V4にかけて多彩な波長のLEDが加わり、逆に白色LEDの割合が減ってきて

いますので出力アップになっていますが見た目は徐々に暗くなってきた感じでようやく深度に相応しい

スペクトルになってきたようです。


「深度に相応しい」と言うのは、ダイビング経験者ならお解かりでしょうが、水深10Mぐらいでも視界的には

かなり暗く感じます。

これは人が明るさを感じる波長域の緑~黄~赤色が水に吸収されて見え難くなっているためです。

人には暗く見えてもサンゴに必要な光エネルギーは十分届いているから暗く感じても成長し続けられる

のだと思います。

水槽で明るさを求めるのは人間のエゴかも知れませんね(笑)


多彩な波長を組み合わせることがサンゴにとってより良いことは当たり前なのですが、必然的に白色

と言うLEDの必要性は観賞目的である以外に感じられないように思えます。


メタハラに代表されるスーパークールでもアクアブルーやディープブルーも深度スペクトルのように

徐々に明るさは減少していますが出力は同じです。


ようやくLEDの世界でも深度スペクトルというものが少しずつ浸透してきたように思えます。




IMG_9393.png
Atlantik V4 プロトタイプのスペクトル





余談ですが、PixieオリジナルLEDは自分で深度スペクトルを調節できる唯一の照明です。

自分が考えて作っておきながらこんな事を言うのも何ですが、少しマニアック過ぎて万人(特に初心者)

向きではなかったのかも知れませんね(笑)


Atlantik V4ならある程度オールマイティーで良いのかも・・・。




Unbenannt.png





チャンネル4にも少し変化が見られAtlantik初となるアンバー(橙色)が入っているようです。


これはかなり期待してしまいますね♪







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-03 : その他 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おはようございます。

良さげに進化してますなぁ。
販売はもう少し後だと思いますが、ウチのもアップグレード出来ますか?
2017-02-04 08:17 : こきぬ URL : 編集
こきぬさん

おはようございます~♪

今回の変更はかなり効果的だと思いますよ。
制御基板に変更なけばアップグレードは可能だと思います。
2017-02-04 10:24 : J.タナカ URL : 編集
こんばんは。

可能なら是非お願いしたいです。
パネルのV3はジュンさんが手書きでV4に手直しなんですよね^^
グリーンの効果が気になります。
2017-02-05 00:49 : こきぬ URL : 編集
こきぬさん

お早うございます~♪
今月中にリリースされる予定ですので来月初旬~アップグレードも可能となります。
V4のトップカバーも取り寄せ可能かと…(笑)

グリーン・シアン・アンバーの効果は実証済みですから期待できますね!
私は850nmIRがどんな仕事をしてくれるのかが楽しみです♪
2017-02-05 09:25 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: