製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

実験から得たもの!(サンゴの成長とカラー)


logo_pacific.png althea1.png




LEDライトはサンゴの蛍光タンパクを励起し成長させる事ができる素晴らしい照明だと思います。

実際に私がこれまで使ってきた照明(メタハラ・T5・T5ハイブリッド・LED)では製品別による様々な

特徴があり、サンゴの成長や色付き方も違います。




untitled22_grande.png




メタハラは褐虫藻の上からべっとりした分厚い発色を示す傾向があり見た目的にはカラフルな色合い

で、浅場・深場を問わずオールマイティーに使いこなせる万能タイプだと思います。





20170116008.jpg




それとは逆にT5は褐虫藻を増やすのは苦手なようで色ボケた感じに育ちます。

ですから添加剤の効果を存分に引出すことが得意なようで、相性が抜群なのかも知れません。




20161127006.jpg




LEDは丁度その中間みたいな感じでUVやバイオレット、あるいはシアンの放射量によって自在に調整

出来る添加剤要らずの照明のような気がします。


これは何かの文献や論考・データに基づくようなものではなく、あくまでも数十年間照明の販売に携わって

きて感じた私の個人的な見解です。


サンゴの色合いや全体的な水景は個々の好みによって分かれるところでもあり個性でもありますので、

一概に「この色合いがベスト」などと簡単に言えるものではありませんが、少なくともイキイキとした状態

には生命力を感じます。


その中でも私が最も好きな色合いはツートンカラーです。




16174602_10208028024158006_6775650344489123005_n.jpg

16105765_10208028025558041_1060842604119603874_n.jpg

16114996_10208028026078054_4421619806138820358_n.jpg

15977578_10208028026918075_2010096855472962055_n.jpg

16114921_10208028027238083_1301049336034236926_n.jpg
Pacific Sun T5ライトを使用した激美サンゴ Frag Reefより





地と先端、あるいはポリプのカラーコントラストが効いているサンゴは実に美しいと思います。

成長モードに入ったサンゴは先端が白っぽくなりやがて色付いてきますので見応えがありますね♪


LED照明下でも成長モードに入ればどんどんと色付いて来ますが、T5ライトのように先にボカした感じに

していれば添加剤など微量元素を吸収しようと触手が伸び、いわゆるポリプがワサワサ状態になります。

LEDで再現するならば、水面から出来るだけ距離をおき、程好いUVが入った波長で攻めるとT5に似た

環境を作り出すことが出来ます。


照度的に弱くてもUVが強いとサンゴはすぐダメージを受けますのでころ加減が重要です。

その点T5のUV管は弱いので近づけても大丈夫です。

同じUVでも光の質が全く違うようですね。



募集しておりましたモニターの件はおかげさまを持ちまして全て決まりましたので受付を終了させて

頂きました。

ご希望に副えなかった方々には大変申し訳なく思っております。

また何かの機会に募集させて頂くかも知れませんので、その時はどうぞ宜しくお願いします。


たくさんのご応募、どうもありがとうございました!






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-01 : 実験水槽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: