製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

PRO-Ⅰ日本初上陸&検証!

pro-1002.jpg




小型水槽用LEDライトのラインナップが中心だったATLEDTiSから待望の高出力LEDライトが発売となり、

昨日無事に到着し全品検査を終え本日にご予約頂いておりましたお客様の元へ出荷させて頂きました。


E6+やCookie+を見てきたので私的にはさほど驚きはありませんでしたが、それにしても完璧な出来栄えと

クオリティーの高さはMade in China(メーカーおよびデザインは香港)とは思えないほどの重厚な質感が

ありニトリじゃないけど「お値段以上」のものを感じました。




20170120001.jpg




外箱には日本語の他に英語・ドイツ語・フランス語など数十ヶ国語の表記が並んでいて、ワールドワイド

に販売ネットワークが網羅されている事がよく解ります。

逆に日本語が入っていなかったら・・・、と思わず胸を撫で下ろした瞬間でもありましたw

一応、これでも弊社はATLEDTiSから正式に認められている販売代理店なのです。


Distributor https://www.atledtis.com/e




15873582_1238565189552398_1073702643671141309_n.jpg





パッケージはCookieなどと同様にシンプルなデザインです。

シンプル・イズ・ベストという考え方なのでしょうか?  とにかくATLEDTiSは製品以外にお金を一切

掛けないメーカーさんのようです。

まぁその分、コスパが良ければ良いんでしょうが…。




20170120004.jpg





箱の中身はこんな感じです。

細長い箱の中に電源やケーブル、ハンギングキットなどの付属品が納められています。

説明書もシンプルで、保証書は弊社発行の印刷物が一緒に入っています。





20170120010.jpg





付属されているリモコンです。

25%・50%・75%・100%の4段階が雲や晴れのマークで記されており、-と+で段階的に調光できるよう

になっています。

チャンネルなどは無く、単に明るさを調光するだけです。




20170120014.jpg




早速ですが点灯させてみました。

明るすぎてオートモードではピントが合いませんので先ずは25%です。

淡水・水草用は白LEDが基調なのでとにかく明るく眩しすぎて私の目もピントが合いません(笑)


100%にした模様がこちら ↓



20170120016.jpg





もはや何のことか分りませんw

どうしたらこの照度が伝わるのか試行錯誤しながらの悪戦苦闘です。

海水・サンゴ用は青やUVが入ってるので光源はオートフォーカスでそれなりに撮れますが、この眩しさは

ちょっと尋常ではありません。 しばらく見ていたら目が潰れそうです。


ようやくピントを合わして撮れた奇跡の1枚がコレ ↓




20170120019.jpg





AstaやPixieとか一点の光源ではないので照度は別として、見た目にはかなりの破壊力があります。

きっと長い水槽にはこのような直線に並んだ光源が多少なりとも明るく見えるのだと思います。

あくまで見え方の感想だけで、実際には点光源の方が強い放射があります。





20170120012.jpg




一先ずリモコンで照度を最小に落とし、光源を撮影しました。

これでも実際にはなかなかピントが合わず苦労しました。

面光源だと思っていたら実際には2列のRGB+Whiteだったんですね~♪


で、すかさずスペクトルメーターで計測したのがこちらになります。 ↓



pro-1_spctra.jpg
光源から離隔30㎝中央にて計測





海水・サンゴ用ほどスペクトルは重要ではありませんがしっかりとRGB+Whiteの波長が出ています。

+Whiteの効果はRGBだけのLEDライトに比べれば一目瞭然です。




ソーラーRGB
某メーカーのRGB型LEDライトのスペクトル





水草とはいえ、やはりこの波長ではさすがに長期飼育は厳しいんじゃないかと私は思います。

ましてや以前も言いましたがRa66の演色性はあり得ないかとw

見た目の錯覚に捉われず、ググれば色んな解説が出てきますのでユーザー自身も少しは光合成理論の

知識を持って頂ければと願っています。




15823527_1238565446219039_8364908398516031003_n.jpg





本体に繋ぐ電源コネクターはこのようにマグネット式になっていて差込みが緩んだりピンコードのように

接触不良が起きない設計になっています。

このコードを上から吊るしておくと、万が一本体が落下した場合でもマグネットが外れて通電していない

状態となりますので故障や火災の原因から守る手段としても効果的だと思います。

地震が多い日本では有り難い設計ですね!




15826710_1238565372885713_773865440711583491_n.jpg





とりあえず今回は先行オーダー分しか届いておりませんが、もう間もなく一般発売が出来そうですので

今後はショップさんなどで水草水槽においてテストして頂きデーターをまとめて行きたいと思います。


てゆーか、コレと同じ波長で小型版のCookieとかで既に答えは出ていますけどね(笑)





20170120006.jpg





つづく…。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-01-20 : ATLEDTiS : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
レビュー有難うございました。ちょっとLEDが構成が違うようですが、COOKIE+と同じようなスペクトルなんですね。こちらも早速届きまして水槽に設置しましたがいい感じです。特にハンギングキットが気に入りました。
2017-01-23 10:16 : 安男 URL : 編集
安男さん

こんにちは~♪
Cookieとは使っている素子は異なりますが基本的なスペクトルはほぼ同じです。
ハンギングキットは非常に使い易くシンプルでスマートだと感じました。
マウントキットとセットで使うと高級感がありお洒落に楽しめますね。

安男さんの水草水槽レビューも是非宜しくお願いします♪
2017-01-23 11:52 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: