製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

時代に逆行?システムT5ライト新型「Althea」誕生!


logo_pacific.png




2020年にT5など蛍光灯の製造・輸入が全面禁止になるかと思いきや、水銀汚染防止法をよく理解すると

規制対象となるのは水銀の含有量が基準値を上回っている製品に限られているようで、間違ったデマは

国内の製造メーカーがLED等に置き換えを進めるための手段として用いた「製造中止」という発表が原因

だったようです。


T5管に関しましては各メーカーの仕様が異なりますので判りませんが、PacificSunが製造・販売している

ものは上記の規制対象となる水銀含有量をクリアしていますので今後も問題なく輸入できると思います。


弊社でもこの事から一旦はT5関連商品の販売を見合わせていましたが、もう一度再販する方向で進めて

行きたいと思っています。



て、前振りはこれぐらいにして本題に入りたいと思いますw

アクアリウムにおいてLED照明はかなりのスピードで普及してきており、淡水・水草用にもいよいよ大手が

参入し本格的にLED照明が主役となる時代がやってきました。

海水・サンゴ用としては波長を吟味したシステムLEDライトが一歩リードしてきている感じがします。

そんな中でもメタハラやT5は依然としてマニアの間では不滅の人気があり、LEDを推し進めてきた私が

言うのも何なのですが、LEDより扱いが簡単で失敗が少ないと思いますので万人向きだと思います。

LEDで色揚げに自信がない方にもオススメですね。


ニミニさんが推奨しているフサフサのポリプ食化もT5の方が有利な場合もあります。

「有利な場合」と言うのは波長が欠損している分、サンゴが要求する光合成エネルギーを賄うために

触手を伸ばして光からではなく水中の微量元素をより多く吸収しようとするサンゴが成長するための

手段が理に適っているためです。

LEDでポリプ食化させようと思えば光源を出来るだけ離して柔らかい光を作ることがポイントで、やや

物足りないぐらいのパワーがちょうどイイ感じとなります。

ただ、極端なパワー不足だと褐虫藻が活発となり茶褐色化する場合がありますのでこの辺りのバランス

が非常に難しいと言うか厄介な面があります。

ですからサンゴにLEDを使う場合はその特性をよく理解したうえで弱めたり強めたりしなければなりません。

こうした理由からLEDライトはあまり初心者向きとは言えないのかも知れませんね。


もただ点けて消すだけのメタハラやT5ライトでは遊び心がありません。

システムLEDライトの良さはプログラム設定が出来て徐々に明るくなったり暗くなったり、あるいは

ムーンライトなどを楽しめるところにもあるんじゃないでしょうか?


メタハラは構造上からして不可能ですが、T5ならいくつかの種類のT5管を操ることで多少はシステム

LEDのような光の変化を楽しむ事が理論的には可能ですが、市販されているT5照明灯具では全体の

出力をDimmerを使って調整するぐらいの機能しかありません。


T5照明もシステムLEDのようにスマホで簡単にタイマープログラムやチャンネル毎の調光コントロール

などが出来ればもっとファンが増えるのになぁ~と思っていましたが、どうやらそれが現実となる日が

近付いて来たようです。




ps_20170115005.jpg





この製品はPacific Sunから新発売される8灯式システムT5ライト「Althea」(アルテア)です。

前フリの通り、スマホアプリを使ってプログラムをワイヤレスコントロールできるT5ライトとなっています。

4チャンネル方式で調光が可能になっていますので、決められた位置に白管や青管、さらにはピンクや

UV管など色違いでセットすると自由に0~100%で調光することが出来ます。




ps_20170115001.jpg




そして、ご覧のとおりに内部温度が表示され、クーリングファンもAutoや手動モードで回転速度を任意に

変えることが出来ます。

常に一定ではなく、季節による外気温の差もありますのでこうした機能はとても便利だと思います。




ps_20170115006.jpg





ただ一点残念なのがタイマープログラムは各チャンネル毎にON/OFFしか出来ないと言うことです。

徐々に明るくなったり暗くさせる事は今のところ出来ないようです。

調光は可能ですから、もしかすると販売時までにはそういった機能が追加されるかも…と期待しています。




ps_20170115003.jpg




日の出や日没などの機能がなくてもチャンネル毎にON/ OFFの時間を決められるのでその時差を

利用して点灯開始はピンク管だけで朝焼けのように、消灯前はブルー管やUV管だけで深海イメージや

ムーンライトなどを演出する事は可能かと思います。





ps_20170115004.jpg





発売時期は未だもう少し先になる予定ですが、価格や仕様などは新しい情報が入り次第にお知らせ

させて頂きます。


久しぶりにLED以外の照明をご紹介出来そうなので今からワクワクしています♪



つづく・・・。








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-01-15 : PacificSun : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: