製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

Pixie G2 PRO Masterとか

lumini_07.png
pixie_logo7.png




Pixie/ASTAシリーズは別売のMaster Controllerを常時稼動させていなければプログラムコントロールで

稼動させることが出来ません。

また、他の2.4G機器などによる影響を受ける可能性もあります。

そこで考えたのはMaster Controllerを無くし本体ユニットに直接アクセス出来るよう2.4Gを組み込んだ

マスターユニットを開発しようという事で現在メーカーと最終調整を行っているところであります。


実はこの件に関しましては130R3を発売する時からビルトイン方式に出来ないのかという質問を投げて

おりまして、当時メーカーからの回答はコストが掛かり過ぎるという理由で却下されていました。

それに取引を始めたばかりで何の実績も無く強く言うことが出来ませんでした。

ただ、量販していく中で2.4Gを使ったMaster Controllerの方式には限界があることが判明し、根本的な

見直しが迫られる中においてメーカーもようやく重い腰を上げる決断が出来たように思えます。


Wi-Fiを本体ユニットにビルトインさせるに当ってはヒートシンクの形状や制御基板も作り変える必要が

ありますのでそう簡単な話しではありません。

また、これら開発にかかる費用を弊社に負担するよう求められたりするなど色々な障壁がありますので

話はなかなかすんなりとは進みませんが何とか実現に向けて動いております。


まぁ、早い話が既にこれらを実現させているのがPapidLEDのCORONAなんですけどね~w

だけど今のところやっぱりオリジナルLEDを搭載したPixie G2 PROが波長を操作する上で一番使い易くて

便利だと思います。


現在、実験水槽で使ってるPixieのプログラムはこんな感じです ↓



20170114174717df9.png





ハッキリ言って見た目的には明るくありませんが、このプログラムにしてからサンゴの調子が一気に

上がってきて日々色濃くなっているのが実感できています。

詳細は、CH-1 73% / CH-2 70% / CH-3 40% / CH-4 47%

全体の総出力は57%で以前に比べて約15%ほどダウンさせています。

これまでの設定が相当強かったのかも知れませんね。


このLEDを生かすためにも何とかPixie本体の機能を今後も考え続けて行きたいと思います。





14202501_1761337427440757_6433197391941441951_n.png





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-01-14 : Lumini : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

各チャンネル 設定
チャンネル設定を参考にしてみようと思います。G2proオリジナルとG2の各チャンネルの波長が違ったと思うので教えて下さいませんか。
2017-01-15 09:18 : 勇希パパ URL : 編集
Re:各チャンネル 設定
勇希パパさん

お早うございます~♪
G2のLEDチップ(ノーマルタイプ)につきましては実際に検証が出来ていませんのでオリジナルLEDと同等ではありませんが出力的に考えますと次のようになります。

■SPSの場合 ※光源の離隔:水面から30cm
CH-1 63%
CH-2 47%
CH-3 50%
CH-4 70%
TOTAL 57%

■SPSの場合 ※光源の離隔:水面から20cm
CH-1 55%
CH-2 42%
CH-3 44%
CH-4 62%
TOTAL 50.75%

概ねこのようになります。
この設定で1日8~10時間を1週間ほど続けてみてください。

変化の有無に関わらずまた1週間後ぐらいに状況をお知らせ頂ければより適切なアドバイスが出来ると思います。
2017-01-15 10:20 : J.タナカ URL : 編集
いまさらですが1ch〜4chの各チャンネルでホワイトチャンネルは手動でわかりますが、UVとかブルーなどはどのチャンネルになりますか。
2017-01-15 15:09 : 勇希パパ URL : 編集
Pixie G2 LED(ノーマル)の配列とチャンネル構成につきましてはこちらをご参照ください。

http://blog-imgs-91.fc2.com/p/i/n/pinky21hitomi/20161020180142092.jpg

2017-01-15 15:43 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: