製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

ADAソーラーRGBに一言



水草育成用高色彩LED照明システム SOLAR RGB


キャッチフレーズ

水草が健康に育つことはもちろん、鮮やかで美しい水草の発色にまでこだわった新しいLEDライティングシス

テム「ソーラーRGB」。革新的なフォルムが革新的な光を生み出し、水草の緑や赤がさらに輝き始めます。

※メーカーウェブサイト「製品情報 ソーラーRGB」 より抜粋




巷で噂のソーラーRGBのスペクトルを測ってみた。




ソーラーRGB
離隔:30cmにて計測






緑や赤が映えるのはこのスペクトルだから・・・?

これなら三波長蛍光灯でいいんじゃね(笑)

革新的と言うよりも時代の逆行かと・・・



水草界をリードする世界のADAが本当にこれでいいのかなぁ・・・。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-16 : Lumini : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
メーカが言う「革新」とユーザーがメーカに求めている「革新」の意味にかなりのズレが出ている感じがしてならない照明ですし、アクアスカイシリーズのスペクトラムにメタハラのグリーン球でもやっていた「色演出」の手法を取り入れたところは「踏襲」寄りな感じがしました。

ただ・・・同社が出している添加剤シリーズの添加量をベースにスペクトルを決めているとしたら、光の色で水草の色を演出する方法しかないのかなー?なんて、かなりイジワルな妄想をしてしまいました(笑)

逆の考えでいくと、蛍光灯やメタハラから移行しても添加剤の加減で失敗しなくて済むし、添加量の加減の失敗を照明のせいにされて照明の評判を下げることも防げてメーカーもユーザーもWINWINな関係に・・・こちらもイジワルかな??(^^;

ADA製の蛍光灯やメタハラユーザーが革新的なスペクトラムな照明で戸惑わないように設計されたのがソーラーRGBであればそれはそれで「正解」なのかもしれないですね。

私は「高スペック」に踊らされてまんまと「自分流」を見失ってコケまくってます(苦笑)それでもCookie+はデザイン・スペック共に気に入ってます♪
2016-12-20 00:51 : トモ URL : 編集
トモさん

お早うございます~♪

一般の人からすると緑や赤も一段と濃く、色鮮やかに見えるので「さすがADA!」となるのでしょうね~w
問題はここから・・・。
セットした時は良いのでしょうけど果たしてその色合いがキープ、あるいは今以上に揚がるかが疑問なところです。

メタハラのグリーン球とは少し意味合いが異なりLEDの緑は単波長なので緑を綺麗に見せる効果はありますが成長や色揚がりは期待できないでしょうね。
RGBは演色性に優れているはずなんですがRa66と言う数値はどこかバランスが・・・でしょうか(笑)
これがRa95とかなら「凄ぇ~~~!」と私でも思ってしまいますし成長や色揚がりも十分期待出来るんでしょうけどね。
この辺りが残念なところです。

Cookie+やE6+のようにWhiteを加えていたら間違いなく水草用のLEDとしては最高峰に君臨していたと思われるだけに勿体無い設計だと感じました。
2016-12-20 07:50 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: