製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

強光阻害の再現テスト!

lumini_07.png
pixie_logo7.png



Pixie G2 PRO(オリジナルLED版)で、出力を上げ過ぎると強光阻害になる恐れがあると私は何度もお伝え

して来ましたが、「Pixieって本当にそんなに強いの?」「あまり明るく見えないんだけど・・・」などなど様々な

ご意見を頂戴しております。


と言うわけで論より証拠、早速ですが強制的に強光阻害を再現する実験を行いました。

良い子の皆様は絶対にまねをしないでくださいね(笑)


灯具から水面までの離隔は35㎝です。

90ワイド(高さは35㎝)水槽にPixie G2(PRO仕様+オリジナルLED)を2台並列(斜めです)しています。

この状態で全チャンネルフルパワーにて約3時間ほど照射し、その後徐々に消灯させました。

そして、今朝見てみると一部のサンゴの褐虫藻が飛び、白化現象を起こしていました。




20161214001.jpg






「強光阻害はあります・・・」 (小保方さん風に)






こんなにも早く結果が出るとは、恐るべし破壊力です!

なお、これ以上やるとあまりにもリスキーなのでこの実験はこれにて終了します。



照度的には32000Lux程度ですので他のシステムLEDに比べ決して強いとは思いません。

でもやはりサンゴは明るさなどの照度ではなくPAR値なんだってことを新ためて実感しました。


まっ、これもある意味一つの実験ですね!


もう二度とやらんからね・・・(笑)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-14 : Lumini : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
pixie は恐ろし程照度が高いと思います、
わたくしもやらかしましたので、もうやらんからね。(笑)
pixieもサンゴ慣モード、LPS、SPSに適した等の
標準設定が有れば良いのですが。


2016-12-14 22:56 : 某ユーザー URL : 編集
某ユーザーさん

お早うございます~♪
目に映る明るさは概ね参考になりますが、PAR値は目に見えないのでちょっと厄介です。
Pixieは少し暗く映ってしまうのでどうしても出力を上げがちになります。

業界全体がもう少しPPFDのことを理解し統一した見解になればもっと広く周知されるのですが、残念ながらショップさんでは未だに「照度」を基準にされておられるところがほとんどです。

Pixieの各種設定モードはアプリに追加するようメーカーに依頼していますが、オリジナルLEDチップの場合は基本的にチャンネル設定が異なりますので一概に規格化出来ないところでもあります。

今後、ユーザー様のご意見や、弊社の方で色々と試しながら確立していきたいと考えております。
現在まで有益な情報やサンプル数が非常に少ないのでもう少し時間が掛かるかも・・・です。
2016-12-15 06:56 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: