製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

システムLEDライトは補助灯が苦手?!

lumini_07.png
pixie_logo7.png



Pixie G2(PRO仕様+オリジナルLED)を2台体制にしてから2週間が経過しました。

90ワイドの水槽なら1台でも何とかいける感じなのですが、2台にしてからは逆に出力を落としています。

1台の時は隅にレイアウトしたサンゴまでカバー出来るようにとピーク時は85%ぐらいにし、平均でも70%

近くの出力にしていました。

しかしこれだと光源直下はかなり強く、なんとなく強光阻害らしき兆候が見受けられるようになったので

本体の高さを5㎝ぐらい上げました。


すると今度は隅の方が当然ですが弱くなってしまいますので再び出力を5%ほどアップすることに・・・。

なんだか堂々巡りのような気がしてきましたw


決策はもう1台追加するという我ながら実にストレートな方法です。

これにより光源直下が4点に拡大し、隅々までサンゴ飼育可能なレベルに達しました。

2台体制にする事で全体的な照度はかなり強くなりましたので出力はピーク時で60%、平均50%以下

まで落としました。


2台体制にした目的は照度を上げる事ではなく、光源直下と端の差を限りなく少なくする事が目的です。

これによりほぼ同一のPAR値になる面積が増え、なお且つ直下照度も抑えられますので強光阻害に

なり難い環境が整ったと言うわけです。




20161124213424ec3.jpg
2016年11月24日時点の実験水槽





横並びや縦とかではなく、あえて斜めにし変則的に設置していますがこれはサンゴの位置に照明を

合わせているからです。


例えば90ワイドで横並びにすると一直線上に同PAR値帯が出来上がります。



Pixie直列1




この場合でしたらその直線状に合わせたレイアウトにすればOKですが、奥や手前には深場SPSかLPS

ぐらいしか置けなくなります。

しかも重複する光は2台の間だけとなり少し非効率的になってしまいますので出力を落とすことが難しく

なってきますが幅広いレイアウトが可能です。



これに対して並列の場合は奥行きが使えますので前から段差をつけたサンゴ畑のようなレイアウトが

可能になります。


Pixie並列1



ご覧のとおり、並列の場合は二山のレイアウトに向いています。

2台の照明間を離せば中央がやや弱くなりますが何も置かず砂地にすればコケも生え難くなりメンテし易い

のでお勧めですね。

全体的に2台の間は重複するようになりますので少し照度を抑えることが出来ます。



私が行ってる設置は2台を斜めにずらしてくっつけた状態ですから光が重複している面積が大きくなり

出力をかなり落とす事が可能になっています。



Pixie変則



SPSの配置は中央直下にまとめていますので大きな一山レイアウトが作れます。

PAR値もほぼ均等になっていますから高さだけを調整すれば良いのです。



本ではよく見受けられる光景に、メイン照明(LEDのみ)を中央に設置し足りないところをスポット

で補うという工夫をされておられますが、実はコレ非常に間違ったやり方です。


メイン照明とスポットの光が重なると相当強くなり、挙句にスポットの距離を離すことになります。

しかもPAR値はバラバラでサンゴがよく育つ場所と色落ちしてしまう場所が出来てしまいます。

サンゴが調子悪いのではなく光に対する考え方が悪いのです。


海外のリーファーがスポットLEDなどを使わないのはこうした理由だからで、もし足りないのであれば

同じメイン照明を追加されていると思います。

そしてプログラム制御によりPAR値を整え均一的なタンクに仕上げられています。


最近ようやく出力調整できるスポットタイプのLEDが某メーカーから発売されたようですが、メイン照明

としてはOKですが、これも結局はスポットLEDと同じ理由で補助灯には不向きかと思われます。

Pixieに限らずメイン照明がLEDの場合、照度が足らないんだったらスポットで補わず同じものを追加する

ことを強くお勧めします。


スポットLEDで効果的に補えるのは後にも先にも均一なPAR値をもつT5ライトだけでしょうね~♪




1200水槽にPixie G2 PRO3台でSPS中心に立ち上げられた埼玉県O様のサンゴ水槽をご紹介します!




IMG_1981.jpg





Pixie G2 PROはマウントキットを利用して3台並列にされています。

ハンギングキットやマウントキットが標準装備ですからオプションとかで買い足す必要はありません。


ミニミニさんのFRP偽岩で現在はサンゴを集めてレイアウト中だそうです。

高さがあるのでダイナミックなレイアウトが出来上がりそうですね~♪ (裏山鹿・・・)

コレだけ大きな水槽だとサンゴはいくらでも入りそう・・・(笑)

海水が少し濁ってるのは土壌バクテリアとスッピンを入れすぎたからだそうです。

グ~~~ンと透明度が増してきたらG2 PROのプログラムを駆使してこれからどんどん色揚がりと成長

をお楽しみください♪


Pixieユーザーさんは何故かブログしてる人が少ないのでこうした画像はなかなか情報として上がって

きませんので貴重ですw

どうもありがとうございました。


最近になってやっとポツポツですがブログに上がってきた感じでしょうか?

もし宜しければ皆様の画像もご紹介させて頂きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-11 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: