製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

最強のLEDライトが誕生します!

lumini_07.png
pixie_logo7.png



予てより嘆願し続けてきましたPixie用のオリジナルLED(海水・サンゴタイプ)について、ようやくメーカーが

動き出しまして、まだ決定はしていませんが、早ければ今回ご予約を頂いたG2 PROにも搭載することが

可能になりそうです。




Pixie 150 LED layout1
現行の海水・サンゴ用マリンタイプに搭載されているCOB LEDマルチチップ





現行品のPixie G2には一応日本向けに生産されたLEDが搭載されていますが、私の頭の中ではこの種類

と配列では正直100%満足いくものではありませんでした。

それでも400nm-UVや420nm-バイオレットを強化して、かなりイイ線まで行っていたことには違いありません。

しかし、心の中ではいつかチャンスがあれば・・・と、常に思っていたのですが、ようやく諸問題も解決する事

が出来ましたので、ここで一気にスパートを懸けたいと思います。



私がこの日のために様々な実験を通して経験してきたことや知識を全てこのLEDに託し完成させた光は

集大成とも言うべきものになっていると思います。





JUN_Original_cob_marine.jpg
まもなく完成予定のオリジナルLED構成





チャンネルは475nmの鮮やかなブルーと言わずとも知れた500nmのシアンで構成されています。

サンゴの光合成必要波長の中において最大の吸収域であり褐虫藻の活性を促します。

これにより白化し難い健康的な免疫力を強化することが出来ます。

このチャンネルの色合いはあまり見ることが無い明るめの青緑となります。



チャンネル2はブルーのベースとなる440nmのディープブルーです。

ロイヤルブルー(450nm)より更に濃く、ホワイトLEDのピーク波長(450nm)と被らないように配慮しました。

新しくカスタマイズしたCOBチップは全体的に明る目の配色となっているため、このディープブルーは全体

の色合いを左右するうえで重要な役割を果たすと思います。


特にマメスナやLPSなどとの相性が良く、蛍光タンパクを励起させるには持って来いの波長です。

紫掛かった色合いが特徴の藍色です。



チャンネル3はサンゴの要となるUVチャンネルです。

あえて400nmを外し395nmにしてみました。

その理由として、400nmで生産されたLEDの多くは400nmを上回ってるものが多く、実質的には可視光域

になっているためサンゴが本来必要とするUVにはなり難い傾向があるからです。

それならばと395nmを指定し多少上回ったとしてもNUVの恩恵は十分得られるはずと踏んだからです。

絶対この方が確実ですからね~♪


全体の25%がUV~バイオレットで占められていますので思う存分にUVシャワーを浴びせる事が可能です。

色合い的には薄暗い紫色でムーンライトに使うとかなりヤバイ水景になります。

サンゴの色揚がりにとても効果的な波長域です。




そして最後はチャンネル4です。

これまでセンターにありながら、ミックスされた色合いでイマイチ何だか分らない使い方しか出来なかった

のですが、これを思い切ってホワイトチャンネルにしてみました。


理由としては照度を増すための配置換えです。

同じ出力であってもセンターと大外では若干ですが変わってきます。

これはLED単独のレンズではなく全体を包み込む唯一のレンズ方式ですから大外では若干の屈折による

ロスがあるからです。

センターではそのロスもほとんど無く、広がりがあるので結果的には全体が明るく見えるようになります。


12000kの真っ白なホワイトと3500kの電球色のようなワームホワイトを組み合わせました。

色合い的には平凡な7000kぐらいの一般的なホワイトにしか見えませんが、中身はえげつないほどの

波長を持ったホワイトになっていると思いますw


狙いはもちろん超浅場のトゲサンゴやストロベリーなどオージーサンゴに照準を合わせています。

もうデコライトやスポットの追加なんて必要ありませんよ(笑)

調光すれば良いだけですからね~♪



長々と能書きたれてしまいましたが各チャンネルのコンセプトがこれで明確になったと思います。

後はユーザー自らがサンゴと向き合いながらベストポジションを見つけてくださいませ~♪



お、このオリジナルLEDでお届けするには今月末ではなく1週ほど遅れるかも知れません。

それでもOK! と言う方は『オリジナルLED希望』と一言ご連絡頂ければ追加費用無しでカスタマイズ

させて頂きます。


また、既存ユーザー様へは新ためてこのJUNオリジナルCOBチップを販売させて頂きます。

予定では11月中旬以降になりそうです。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-10-20 : Lumini : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

最強のLEDライトが誕生します
UV強化、LED見直しは大変良いと思います
新旧色に対応したCHを出来るだけ合わせる事は出来ないでしょうか
旧CH2のホワイトが新CH4に変わってしまいます
新旧2台で使用することを考えていますがプログラムがうまく組む事か出来ません、新LEDのホワイトCHを2に検討願います
2016-10-21 14:17 : xちゃん URL : 編集
Re:最強のLEDライトが誕生します
xちゃんさん

こんにちは~♪
仰るように新旧の組み合わせではチャンネルによる色の違いが大きすぎて合わせることは至難の業だと思います。
新タイプのLEDを見送り、一先ず従来タイプのLEDにする事をお勧めします。
それかご使用中の現行タイプを思い切って新タイプに換えてしまうとか・・・。

新LEDのホワイトチャンネルをCh-2にする事は可能ですがまたまたオリジナルのカスタマイズとなってしまいますので最低でも1000pcsのロットが必要ですから少し難しいかも知れません。
2016-10-21 15:17 : J.タナカ URL : 編集
最強のLEDライトが誕生します
COBチップの販売価格はいくらぐらいですか
2016-10-21 17:07 : xちゃん URL : 編集
xちゃんさん

オリジナルLEDチップは1セット(2枚)で18,000円ぐらいになると思います。
2016-10-21 17:47 : J.タナカ URL : 編集
乗り換えキャンペーンやってくれますよね?笑笑
2016-10-21 19:26 : ペケポン URL : 編集
No title
ペケポンさん

こんばんは~♪

いつもネガキャンコメントご苦労様です。
何処かのサイトではありませんがID特定できてますよ(笑)


2016-10-21 20:38 : J.タナカ URL : 編集
最高のLEDが誕生
配線で変更出来ると思いますが
2016-10-21 22:13 : xちゃん URL : 編集
xちゃんさん

残念ながらコネクター仕様になっているため配線での変更は出来ません。
技術的に考えれば可能かも知れませんが、メーカーではそこまで個別の対応はしてくれません。
また、弊社でもメーカー保証の兼ね合いがありますので勝手に変更することが出来ません。
真に申し訳ないのですが悪しからずご了承くださいませ。
2016-10-21 22:32 : J.タナカ URL : 編集
意味が分かりません
先ほどの投稿でネガキャンしたのなら謝ります。
ただ、私はそんなつもりはありませんでした。既存のピクシーユーザーの一人として、最新のピクシーが出るなら是非とも買い換えたいと思いました。それで乗り換えキャンペーンをして頂けたらなという思いでコメントしただけです。
それと、こちらにコメントしたのは初めてです。誰と勘違いされてるのかは知りませんが、とても不愉快です。
2016-10-22 01:31 : ペケポン URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: