製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

サンゴ飼育における成功の秘訣!

lumini_07.png
pixie_logo7.png



Pixie最大の特徴は均一にブレンドされた複数の光(波長)が一つになって照射するところにあります。

つまりはどの部分で計測しても光の質が一定になっており、光を吸収して育つサンゴにとって非常に重要

な関わりがあります。


例えば点光源がいくつも配置されているLEDライトに手をかざしてその影をご覧頂くとお判りのように影に

なった部分は幾つもの光の色が虹のように現れます。

400nmのUVが良いとか、いや420nmの方が効果的、あるいは500nmのシアンが重要・・・などなど

波長に関しては様々な種類がありそれぞれ有効性が認められていることは事実ですが、裏を返せば

サンゴにとってそれほど重要であり敏感なわけですから右からUV、左からシアンなどと言った具合に

ただ当てれば良いというものではなく同一のサンゴに均一の光を当てることがポイントなのです。

サンゴは複雑な枝形状をしていますので離れた光源から幾つもの種類を照射しても一見キレイに

ブレンドされてるかのように見えますが、実はコレが落とし穴なんですよねw

実際にはサンゴ自体の形状からいろんな影が出来ており先端と根元では全く違う波長の光が当たって

いる事になりますので長期化すると褐色化あるいは白化の原因にもなります。


これを回避するにはAtlantikのように均整のとれた、たくさんの光源で補う必要があります。

それでも100%問題が解決されたわけではありませんが、それプラス出来るだけ広角ワイドな照射角を

持たせる事でサンゴには影響ないレベルになっています。


メタハラやT5などの最大の利点は波長ではなくこの均一性にあると言っても過言ではありません。

これをLEDで忠実に再現したものが究極の製品と言えるのではないかと私は考えています。


今月より発売を開始しましたLumini Pixieですが、早くもその効果を称賛する生のお声が届いております。

その内容は今私がお伝えした均一なブレンドの重要性が語られていました。



先日ピクシー2台購入させてもらいました静岡の○○と申します 

サンゴの調子が良くびっくりしています。

最初はフルスペにこだわりを持っていたのですが使用してみて考え方が少しどころか大きく変わりました。





如何でしょうか?(決してヤラセではございませんw)


照度は水槽の深さや左右の位置により異なりますが、光の質はどこをとっても全く同じです。

これこそがサンゴ用の照明に求められているものではないかと思います。


スポットLEDを単発で当てる危険性をどうかこのブログを通じて頭の片隅に入れて頂ければ幸いです。

そして明るさ(Lux)はヒトの目の感覚でありサンゴが求めている光の質(PAR値)は違うのだと言うことも

付け加えさせて頂きたいと思います。


その他にも「確実に色が良くなった」とか「ポリプの開きが全然違う!」などと言ったお声もたくさん頂いて

おり、近日中にも画像などを交えてご紹介させて頂きたいと思っています。


お試しとは言え1500のサンゴ水槽にG2モデルを3台とか、900水槽に複数のLEDからG2モデル1台で挑戦

などなど、まだ発売していないにも関わらずたくさんのありがたいご予約なども頂いております。



また、自社製品からの乗り換えでしたらご使用後何年経っていてもご購入価格を100%保証し下取りさせて

頂いておりますので是非ともこの機会にご検討頂ければと思っております。


もちろん他社製品からの乗り換えもご納得の金額でご相談させて頂いております。

特にV社・E社の製品でしたら高価下取り中です!(笑)

下取りの有無に関係なく、お見積やご相談だけでも結構ですので遠慮なくお問い合せくださいませ。




間もなく発売が開始となるPixie G2モデルは7月初旬より順次お届けさせて頂きます。
Pixie 150-G2


つづく・・・。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-06-24 : Lumini : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

自社製品100%下取りとか凄過ぎます!

E社絶賛買い取り中も悩ましー(笑)

アーム仕様試作品待ってます♪

2016-06-24 23:40 : えっくん URL : 編集
えっくん

こんばんは~♪
そー言えばダイブして修理されたE社製品ユーザーさんでしたねw
また拒絶反応起こす前にさっさと下取りに出しましょう~♪
2016-06-25 01:15 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: