製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

ピクシーの最新情報!

lumini_07.png
pixie_logo7.png



一般のLEDライトと違って水草用とかサンゴ用として販売するものは見た目の色合いなんかで評価される

のではなく、どれぼど綺麗によく育てることが出来るのかがポイントとなります。

水草の場合ですとある程度の照度と高演色性さえ整っていればほぼ間違いなく綺麗に育ちます。

ところがサンゴの場合となると、その種類や運用するシステムで相性の良し悪しが変わると言う少し厄介な

面があり一概にオールマイティーではないように思います。

でも相性が合わなければ全くダメとかって言うことではありません。

例えばSPSの場合でしたら照明を変えると一時的に退色(茶褐色化)してしまう個体などもありますが、

その照明の特徴とともに色合いを変化させることがしばしあります。

でもサンゴはある程度の順応性を持っていますので慌てる必要はありません。



20150820003.jpg




これは1年ほど前に撮影したストロベリーショートケーキですが、入海して間もなく褐色化が進みました。

この時は非常に難しい個体だなぁ~と感じたものでしたが2週間ほどで変化が現れてきました。

少しずつシアンが色濃くなってきて最終的には全体が濃いシアンに仕上がりました。



20150824014.jpg





現在は昨年末の水槽崩壊からは半年ほどサンゴを入れておりません。

新しい照明としてReef BriteのT5かメタハラのハイブリッドを使ってサンゴ水槽を再開したいと待っている

ところですが、直輸入ではなく代理店経由なのでその対応待ちとなっています。

少し時間掛かるようなら先にピクシーの方でいろいろと試していきたいと思ってます。


エキゾチックアフリカさんでは先週からピクシーを導入して頂いております。



20160530004.jpg





120㎝水槽なので両サイドに補助灯が入っています。

SANRISEのBaliluxX(120W)からの変更ですがPixieの方が遥かに明るく広角でブレンド性も良くサンゴ

が輝いて見えます。

こうして見てみると、わずか2年ほどの間ですが確実にLEDの進化が手にとるように分りますね。

LPS水槽での使用ですので白色を少し絞り気味に設定されています。



20160530006.jpg




アップで見るとマメスナとかもキレイに開いており、程好くUVが効いているので蛍光色もよく出ていました。

ピクシーについては今後の結果やレビューが待ち遠しいところです。



つづく・・・。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-05-30 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: