製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

一零細企業社長の独り言

lumini_07.png
pixie_logo7.png




最近はピクシーの話題だけで申し訳ございませんがもうしばらくお付き合いください。

私はこの製品の全てに満足しているわけではありませんが、現状ではほぼ完璧な製品だと思います。

その要因を一番に挙げるとすれば性能と価格のバランスです。

数多く発売されているアクア用照明の中でこれほどコスパに優れた製品は他に無いと思っています。




pixie_002.png





現状の製品を見ていくと細かな改善すべき点は確かにあります。

それはマウントキットであったりパッケージなどの本質から少し離れた部分の話しになります。

どんな製品でもその本質とは機能と性能、そして品質だと思っています。

実際に製品を見て試したうえで、この部分に関しましてはほぼ文句なしの合格点を与えられるものと

確信しており本当にオススメしたい製品の一つです。


一般的な家電製品のように数十万個というレベルで売れるようなものはアクア製品にはありません。

この手の商品は日本で大ヒットしてもせいぜい数千個程度だと思います。

それほど今の日本市場におけるアクア業界はたいへん貧迫していると感じており、その原因は日本の

経済情勢であったり度重なる自然災害なども大きく影響していることは間違いないと思います。


日本経済は世界を見渡してもトップレベルであるにも関わらず、どうしてアクア業界だけは低迷している

のかと言うことを考えると、ズバリ言って魅力がないからだと思います。

水族館ブームで多少は盛り返しの兆しはあるものの、これは見る人の癒しであって、決して飼育する側の

癒しではありませんので直接的な効果はあまり期待できません。


では、何が妨げになっているのかと言いますと趣味の世界では専門的な知識をしっかりと持っている

方々が販売に携わらならなくてはいけないと言うことです。

失礼な言い方になりますが、少しアクアを経験したからと言ってその知識が全てであるかのようなレベル

の人が販売員として成り立っている事が今日のアクアを低迷させた原因の一つかも知れません。

つまりはプロショップではないお店が増えたことで、初心者ユーザーを食い散らかして来たことが私には

とても残念でなりません。

いくら商売だからと言っても最初はアクアリウムの事をしっかり伝えてから水槽なりを販売すべきだと思い

ます。 せっかくアクアに入門してきた方々にその醍醐味と魅力を伝える前に嫌気がさして辞めてしまうこと

は業界繁栄の妨げ以外何ものでもありません。


もし上手くいかないときでもプロとしてのアドバイスを親身になってお客様へ的確に伝える事が出来れば

良いのですが、生半可な知識で応対すればお客様は離れていきます。


間違った知識で応対する悪い例

「水槽買ってもすぐに生体は入れないでください」 → 10日ほどは空回ししてください。

アク抜きでも必要と思っているのでしょうか? さっと洗い流すだけでOKですよ。

生体入れなきゃ窒素循環始まりませんからね(笑)


「魚が死んだ」 →「水がまだ出来ていない」 → 意味不明のバクテリアを薦める

水が出来ていないという回答をする人を信用してはダメです。 

水を張った時点で受け入れ準備はOKなのです。 魚が死ぬと言うことは何がしか原因があるはずです。

安易に意味不明のバクテリアを薦め、それを入れれば定着するとでも思っているのでしょうか?

市販のバクテリアなるものを入れれば亜硝酸の製造工場になって悪循環になるだけです。

要は窒素循環する環境(システム)になっていない事が原因なのですからそこを考えないと・・・。


言い出せばキリがありませんが、プロショップでは絶対にそんな事を言う人はいないはずです。

ホームセンターなどでアクアショップを展開しているのはおそらく日本ぐらいでしょう。

ハッキリ言ってそんな甘い世界ではありませんので今すぐ止めることを願っています。

消耗品などの小物類程度にすべきだと思いますし、現にホムセンのアクアコーナーが賑わってるところ

なんて見たことがありません。


先般のダイコー(ペットランドゴリラなどを展開)さんの破綻(民事再生を申請)についても、申し訳けありま

せんがなるべくしてなった事だと思っています。

私自身もこちらの会社へは何度も営業させて頂いたこともあり、人ごとではない気持ちを持っていますので

出来ることであれば立ち直って頂きたいと思っています。

でも、本当に再建したいのなら規模を縮小しプロショップとしてやり直すべきだと思います。

これまでのような売りっ放しのスタイルから脱却し常連客を掴むノウハウをもう少し考えるべきでしょう。

私ならどの店も同じスタイルでやっていくようなことはせず、店ごとの特徴を活かせるよう専門店にして、

販売員を徹底的に教育することがお店の信頼を得られる早道だと思います。

単に規模を縮小するだけで同じ事をやっていたら二の舞になるだけですからね。

こういった店舗展開するショップさんがしっかりやってくれないとアクア人口は増えませんよ!



この業界でこんな事を表に出して平気で話しするのは私ぐらいでしょう。

でもそれはおそらくどのメーカーさんも心の中では思っているはずで出せないだけだと思います。

何故出せないのか・・・?

商売に影響するからです。

これが堕落の始まりで、今回の破綻で損したのは自業自得でしょう。

もっとポリシー持って仕事せーよ!って言いたくなりますw



あー、また敵増やしてもーたわ(笑)



でも私は私、Going My Way! 自分の道を信じて進むだけ・・・。




頑張れダイコー! 負けるなダイコー!



私は心からダイコーを応援しています。




20160524 004






おしまい・・・。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-05-29 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: