製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

海外のアクアメーカー事情とMICMOL



micmol_logo1.png





先日にもお伝えいたしましたが、MICMOL製品の取り扱いを止める・・・つもりでしたが、その記事アップの

直後、約2ヶ月ぶりに連絡がありました。

詳しい内容は書けませんが、何でも長い旅に出ていたようです(爆)

私も大人ですからそこは突っ込みませんでしたがもう少し納得できる弁解をして欲しいものです。


愚痴ってても始まりませんのでとりあえずは猶予期間と言うことで、もう少しだけ様子をみる事にしました。

でも次は無いからね!


実際問題として、これまで販売してきた製品の不具合などに対処する事が出来ず多くのお客様にご迷惑を

かけてしまった事は事実です。

保証期間を過ぎた後でも販売責任と言うものがございますのでメーカーが対応出来ないからといって放置

する訳にもいかず、これら該当するお客様に対しましては代替案としてHISEA A1を無償交換させて頂き、

何とかご納得頂いております。


これはMICMOL製品に限ったわけではなく、例えば取り扱いを中止したillumagicやSANRISEあるいは

Pacific Sunなどの製品も同様です。

SANRISEにつきましては現在も修理対応等で部品供給も受けておりますので全く問題はありません。


ったメーカーで言えばillumagicです。

公に元販売店としてのカスタマーサービスを今年の7月までとお伝えしておりますが、実際には今でもご依頼

あれば喜んで引き受けさせて頂いております。 


それにも関わらず販売を中止してから2年以上が経過し、そのほぼ全てが保証期間外となっているために

修理につきましては有償扱いとなりますが、修理部品については「一般価格」で買えと言われております。


日本では販売者責任というものが10年間あると説明しても一切受け入れてもらえません。

この事については取り扱い中止直後にも説明したのですが、全く聞く耳を持っていないと言うかメーカーとして

有るまじき行為だと憤りを感じております。

日本市場の撤退を決めるのは勝手ですがこんなやり方は販売していた市場を放棄してるのと同じ事であり

これは弊社との関係云々ではなくユーザーを無視した行為ですので絶対許すことは出来ません!

ショップ様によってはまだ在庫有るのに一体何を考えてるんだか!!!

もう少しまともなメーカーだと思ってたのに非常に残念でなりません。


これ見てたらもう少し態度を改めてくださいね。





『Aqua Air』 続・続報です!




aquaair001.jpg




と言うわけで間もなく到着するであろうMICMOLの新型LEDライト「Aqua Air」の続・続報をお届けします。



aquaair3@2x.jpg





製作にあたりタッチパネルのバグ等の不具合により本体から外部に変更されましたコントローラーは何度も

テストを繰り返しようやく完成いたしました。

販売側から言わせて頂きますとこの方が何か不具合があった時もコントローラーだけ交換すれば良いだけに

なりユーザー様のご負担も軽減されますので結果的にはこれで良かったのかも知れません。

まぁ、あってはならない事ですが万全を期すためにも正解だと思います。





aquaair52x.png




450~600㎜水槽にはAqua Air 20Wがジャストフィットします。

ただ、灯具本体がL=300㎜ですので主に飼育難易度の低い一般的な水草に適していると思います。

海水の場合でもサンゴ等はやや厳しいのでフィッシュがメインの水槽向けという事になります。

照度的にはインテリア水槽向けとしては十分な明るさがあり、強くない分コケの抑制にもなります。





aquaair6@2x.jpg

aquaair7@2x.jpg




お洒落なデザインとそのフォルムはMICMOLならではのこだわりを感じます。

ヘアライン加工されているオールアルミボディはワンランク上の上質な高級感があります。

このあたりは流石で「美しすぎるLED」を継承していますね♪


小さい方が20Wで大きい方が40Wとなります。

40Wタイプは900㎜水槽用で、画像はありませんが60Wタイプは1200㎜水槽用となります。





aquaair4@2x.jpg




設置方法は今のところ画像のようなアルミ製アームを水槽の両端に掛けて使う方法のみです。

このアームが伸縮可能になっており多少の規格外でもジャストフィットしてくれます。

もちろんアームも全て標準装備となっています。


※ワイヤー吊り下げ等はご使用頂けません。




aquaair1@2x.jpg




本体に設置予定だったタッチパネルの部分にはMICMOLのロゴマークが入ってます。

でも設置方法を考えるとロゴの向きは逆の方が良かった気がします(笑)


Aqua Airに採用されている素子は全てCREEのXT-Eで1ユニットあたり44個が使われています。

コントロールは2系統だけで赤・青・緑色を含む白チャンネルとロイヤルブルーの青チャンネルです。

プログラムは24時間方式で1分単位の0~100%調光が可能となっております。




aquaair18.jpg





次回は実際の明るさや質感、パッケージや価格など販売に向けた最新情報をお届けしたいと思います。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-12-08 : MICMOL : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
海外メーカーから見れば日本の販売業などは、強気に出れば何でもうなずくというイメージが強いんでしょうか?
政治家がイエスマンの集まりみたいなものだから、そういうイメージが強いんでしょうかね~
MICMOL復活オメデトウこざいます。
でいいんですよね?
やはり引き出しがたくさんあった方が買う方も楽しいので^^
2015-12-08 18:25 : わんこそば URL : 編集
わんこそばさん

こんばんは。
いつもコメントをありがとうございます。

仰るように日本を舐めてる節が多少なりとも見え隠れしますね。
人口の割りにアクアリウムのユーザーが他国より少ない事も原因ではあります。
現に、台湾より人口多いのに販売数が少ないと愚痴られた事もあります(汗;

MICMOLはこれまで実に良い対応をしてくれていたので長くお付き合いしたいと願っているメーカーの一つです。
ただ、急に連絡取れなくなったりすると致命傷になりますね。
何とか今の状況を維持してくれる事を祈るばかりです(笑)
2015-12-08 19:25 : J.タナカ URL : 編集
No title
そこは突っ込みましょう!
自分探しの旅でも行っとんたんか!
って…なんでやねん!
2015-12-08 22:08 : こきぬ URL : 編集
illumagic ComboRay
カギコメ(m○sa)さん

お早うございます。
ComboRayのUV専用のシリコンレンズはお買い求め頂いたお店で販売されています。
一度お確かめくださいませ。
2015-12-09 08:12 : J.タナカ URL : 編集
こきぬさん

お早うございます。

そうそう、根っからの大阪人ですからね(笑)
でも突っ込みどころが満載なので呆れるしかなく、開いた口が塞がらないとはこの事を言うんでしょうね!

あっ、「お土産は?」って聞くの忘れました(爆)
2015-12-09 08:21 : J.タナカ URL : 編集
No title
MICMOL再開とのこと良かったです。
プログラムがくるってしまう事象の修理はどうしたらいいのだろうと思ってたところでした。別途メールで修理のお願いをいたしますのでよろしくお願いします。
2015-12-09 12:50 : MICMOL使用者 URL : 編集
MICMOL使用者さま

こんにちは。
お問い合わせのコメントをありがとうございます。
ご心配をお掛けいたしましたが何とか再販出来るようになりました。

お問い合わせの事象はおそらく内臓されている電池の消耗が原因かと思われます。
詳しく見てみないと解らない部分もありますので下記アドレスへご連絡くださいます様お願い申し上げます。

info@jun-corporation.jp
2015-12-09 13:51 : J.タナカ URL : 編集
No title
こんばんは
返信ありがとうございます。
ただ、アフリカさんだと1個しかないようです。
6個欲しいのですが、ほかに在庫がありそうなところはありますでしょうか?
よろしくお願いします
2015-12-09 21:47 : masa URL : 編集
masaさん

お早うございます。

アフリカさんにも1個しかなかったのですか…。
それではたぶん他店にも在庫はされていないと思います。

通常のプラスチックレンズをUVに使い捨て(約3ヶ月ほど)で使う方法しかないかも知れません。
どうしてもと言う場合はillumagicへ直接ご連絡されて取り寄せされる方法があります。

service@illumagic.com.tw

日本語でもOKだそうですから一度お問い合わせしてみてください。
お役に立てず申しわけありません。
2015-12-10 09:33 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: