製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

ドロップオフ水槽とか



最近海外でよく見かける異型タイプの『ドロップオフ水槽』が人気のようです。

おそらくそのほとんどは部屋のレイアウトに合わしたカスタマイズオーダーだと思われます。

日本でもいくつかのアクリル水槽を手掛けている会社がありますのでオーダーすればどんな形や大きさの

ものでも作って頂けると思います。



Drop-Off-Tank-2x.jpg

引用元:Aqua Blue




ドロップオフ水槽は高低差を利用してSPS~LPSまで理想的な照射配分にすることが出来ますが、何と言っ

てもオシャレで遊び心も満載ですから工夫次第でいろんなレイアウトが楽しめますね!


一番低いところは海底を思わせるような雰囲気があり、四角い水槽よりも海らしく雄大な感じがします。

ここに魚を入れるとどんな泳ぎ方を見せてくれるのか? 考えただけでもワクワクしてきます。




281.jpg

引用元:Reef central.com




しかし実際にこのタンクを手に入れようと思えばやはりオーダーするしかなく、経済的に余裕ある方でないと

なかなか難しいのが現状です。

日本で異型水槽は一部の方にはウケルと思いますがオーソドックではないためどこの会社も量販品として

作ってるところはありません。


これは海外のメーカーが量産品として手掛けているものです。



12299328_558525180966930_2774621469317252435_n_zps6ioysdpt.jpg

12308226_558525314300250_1569173232427262818_n_zpsfdqyp1ob.jpg

12301699_558525254300256_5982712621287696842_n_zpsv5dccswx (1)

引用元:Reef2Reef




サイズなどは不明ですが量産品としてはしっかりした作りになっています。

下の空きスペースはサンプ槽になればさらにGoodですね。


このように”Drop off tank”で検索すればいくらでもヒットします。

もちろんそのほとんどは海外ですけどね(笑)


面白いものではカメなどの爬虫類などにもこのアイデアが使われていました。



eb3bb56002c68d0693ad92f98c366aea.jpg

引用元:Architecturendesign.net






さらに、先ほど言っていた空きスペースをサンプ槽に仕立てたタイプがこちら



11350413_879833168730195_5516629653930080919_n.jpg

12237078_1680452678896459_1387820464_n.jpg

引用元:Reef Builders




これなら本格的にSPSやLPSなどサンゴ中心の水槽に出来そうです。

レイアウトも凝っていて凄くダイナミックですね!

こういうの見るからつい真似したくなるんですよね~♪



さて、このドロップオフ水槽は果たして日本でも流行するのかどうか・・・? 

私も秘かに動いておりますが、こちらもレプリカライブロックと同じで輸送費次第って感じですかね。

それとも日本で量産出来るところを探すかな(笑)





alexander-upgrades-to-orphek-v2-1-for-his-office-tanks_2.jpg





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2015-12-05 : その他 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
FBでも言ってましたが
かっこいいですね~~
深い部分の止水域が気になりますが。。
ただ 小さい水槽で 安易に飼育したい傾向にある日本では どうでしょうかね?
マニア向け?レストラン等に貸し出し向けですかね?
2015-12-05 16:14 : musashi URL : 編集
musashiさん

こんにちは。
本日のブログ記事のお題提供ありがとうございました(笑)

深い部分の止水域にはZENI-NAIYOシステムが最適ですね!
増波ポンプなどで工夫すれば問題ないかもです。
この水槽についてはmusashiさん以外にも私に尋ねられた方いらっしゃるので、気になってる方って案外多いのかも知れませんね。
2015-12-05 17:12 : J.タナカ URL : 編集
期待してます
日本でもあの様な水槽が新車の軽の価格程度で購入出来るなら私なら購入します
外食産業等やアミューズメント産業を考慮すれば需要があると思います


2015-12-06 05:48 : コンゴウフグ URL : 編集
Re:期待してます
コンゴウフグさん

お早うございます。
コメントをありがとうございます。
軽の新車のご予算あれば大きさにもよりますが、フルオーダー出来るんじゃないでしょうか?

私が既製品的に考えているタイプはもっとお手頃な感じになると思います。
ニーズが多ければ大量生産によるコストダウンも図れそうですが果たしてどこまで行けるのか?ってところです。
2015-12-06 09:58 : J.タナカ URL : 編集
ドロップオフの底面にエイを泳がし、サンゴ礁部分にサメを泳がせます(笑)
2000水槽をオーダーする時にドロップオフ水槽も考えました^^;
予算的に厳しそうだったので、普通の長方形に^^;
日本家屋的に60から90センチ水槽ぐらいのドロップオフ水槽があると、買う人はいると思いますが、水槽台も高くなりそうですよね^^;
2015-12-06 22:22 : リーフスティングレイ URL : 編集
リーフスティングレイさん

こんばんは。
そうなんですか、やっぱりドロップオフとか考えておられた時期もあったんですね。
2000でオーダーしたら高級車並みの価格になりますよね~。
市販品で生産するなら900ぐらいが限界でしょう。
もちろん水槽台もセットで考えないといけませんね。
2015-12-06 23:02 : J.タナカ URL : 編集
No title
今更ですがドロップオフタンク、楽しそうですね。

ただ値段がね…。海外通販サイトを見てましたが、45cm×76cm×50cmの水槽で日本円で80万円と出ました。
安い軽自動車なら買えますね。

作るなら国内でオーダーメイドのほうが安く出来る気さえします…。

もうじき海水水槽にチャレンジしようと思っていたのですが、流石にオーソドックスな120cm水槽のほうが良さそうです。
2016-03-08 13:15 : 石井 URL : 編集
石井さん

こんばんは。
コメントをありがとうございます。

60までのサイズならそこまで高くはなかったような気がします。
でもドロップオフならある程度の大きさがなければ迫力に欠けますよね。

120でも凝ったサンプとかでしたら同じぐらいの値段になってしまいます。
どこで妥協するか…、それとも少しずつバージョンアップしていくか悩みどころですね(笑)

2016-03-08 22:40 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: