製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

AtlantikスポットLED『スーパーブルー』を試す!

12039261_1484682631827344_8922742929591216157_o.png



意外にもLPSに人気急上昇!



Atlantik V3にも搭載されている新型デュアルチップ『スーパーブルー』だけを1つにまとめたスポットLED

『Atlantik12 Super Blue』をHISEA A1と併用で試してみました。



orphek-NR-12B-super-blue_1.jpg
Orphek Atlantik12 Super Blue





14.4Wの出力でスポットタイプとしては並レベルですがUV域だけですのでメイン灯具の補助としては十分

過ぎるほどのパワーがあります。

でも可視光ギリギリの波長ですから見た目はまったく明るくは見えません。

HISEA A1のもとではその明るさにかき消されてしまいますので演出性は極めて低いかと思われます。



20151126011.jpg




では何が目的なのかと言いますと、サンゴが持つ蛍光タンパクを励起させ色揚がりを促進させることが

最大の目的で、その他では褐虫藻を活発化させる効果があります。


上の画像のような場合ですと水槽だけ見ているとほとんど分りません。

でもHISEA A1を消すとこの様になります。



20151126015.jpg




サンゴが蛍光反応し、くっきりと浮かび上がって幻想的な雰囲気を醸し出します。

周りが暗い夜の部屋だとより一層この傾向が強くなります。

これが蛍光タンパクを励起させる波長なのですが、HISEA A1にもこれらの波長はしっかり入っています。

ただ明るいので見分けがつかないだけです。


スーパーブルー+HISEA A1 SPSモデル

20151126013.jpg



Atlantik12 スーパーブルーのみ

20151126017.jpg





アップで見るとしっかり仕事していることがお解かり頂けるかと思います。

蛍光タンパクを持つサンゴはSPSよりもどちらかと言うとLPSの方が多いと思いますので青色だけのLEDを

使われている方には色揚げ用として是非お勧めしたい製品です。

最近はLPSユーザーさんに赤丸急上昇中です!




色落ち激安ゲットしたサンゴの方もそれぞれの特徴ある色に少しずつですが変化してきました。



20151126002.jpg

20151126003.jpg





未だほんの少しですが上のサンゴはモスグリーンっぽく、下のサンゴはパープルに傾いてきてるようです。

あともう1個のサンゴは残念ながら根元が白化して来ましたのですぐに出しました。

ミニミニさんがモンモリは深場NGとか言っておられたので、もしかするとそうだったのかも知れませんね。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-12-02 : Orphek : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: