製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

いざ出陣!

hisea_91.png


大袈裟ではなく10万台を目指します!



HISEA A1は本日より一般発売を開始させて頂きました。

ホワイト専用のアームも届き、ようやくスタートラインに立ったような感じです。


HISEA A1は1台でおよそ60×60cmを隅々までカバーする事が出来るパワーと明るさがあります。



hisea_10.jpg




設置にはマウントアームやハンギングキットなどが全て標準で付属されていますので照明用のアーチとか

台なども必要ありません。


goose-neck-2.jpg



付属のマウントアームは自由自在に曲げる事ができ、高さの変更や奥行きに合った最適なポジショニング

を決める事が簡単に出来ます。

自由に曲がるとは言っても本体を支える強度はしっかりホールドしています。

本体重量は0.8kg程ですからシステムLEDライトとしては最軽量の部類に属します。


アーチとかが必要で無い開放感は景観だけではなく日常の水換えやメンテナンスも作業も楽に行えます。



調光やプログラムなどはスマートフォンを使って簡単にワイヤレスコントロールする事が出来ます。



20151116 001




4つのチャンネルを組み合わせるだけで朝日や夕日、白昼~ムーンライトまで自由自在です。

チャンネル毎に9つのタイミングで照度などを決定すれば、後は全自動で動き出します。


SPSモデルをチャンネル別に撮影した画像がこちら。



■チャンネル1 (ホワイトチャンネル 約12000k)

PH84_F_11_150509141611.jpg




LEDに詳しい人ならこの画像を見てすぐにお解かり頂けると思いますが、白だけでこの色彩です。

まるでT5照明(白管)のようにサンゴが発色しています。

他のシステムLEDをお持ちの方であれば一度白だけのチャンネルで見比べてください。

普通(7000k程度)なら真っ黄色な色合いになってしまいどう見てもマリンアクアには向いていない事が

ハッキリとお解かり頂けると思います。


実はこの白だけの時も好き♪と言われる方も多く、しっかりと12000~14000kの色合いで出ていますね。




■チャンネル2 (UV/ブルーチャンル:385~485nm)

PH84_F_11_150509141611_1.jpg




濃いブルーに見えますがサンゴはしっかりと蛍光反応がくっきりと出ています。

それもそのはず、この80Wを誇るマルチチップには395-400nm/405-410nm/420-425nm/

430-440nm/450-460nm/460-470nm/475-485nmの7種類24個のLEDがぎっしりと

詰まっています。


青色LEDファンの方なら泣いて喜ぶほどの美しさがあります。

SPSモデルのおよそ半分以上を占めているのがこのチャンネル2という事になります。



■チャンネル3 (レッド系カラーチャンネル)

PH84_F_11_150509141611_2.jpg




非常にドギツイ色合いですが、このチャンネルには赤色LEDと橙色LEDそれにシアンが各1個ずつの他に

450nmのロイヤルブルー3個の計6個で構成されています。

赤色は人の目に強く映るので強烈な印象がありますが、実際には藍色が50%を占めるので濃いピンクの

ような感じになります。(配列・配色はLPSモデルも同じです)


このチャンネルは朝焼けや夕焼けの雰囲気を作るときに活躍しますが、日中に他のチャンネル照度を上げて

いけばほとんど気にならない程度にまで霞んでしまいます。


全体からすればおよそ15%程度ですが照度アップやPAR値の底上げに威力を発揮します。




■チャンネル4 (ブルーチャンネル)

PH84_F_11_150509141611_3.jpg




画像なので仕方ありませんが、見た目だけならチャンネル2に似たような色合いになっています。

しかし蛍光反応をよく見ると全く違う事に気付かれると思います。

このチャンネル4は460-470nmのごく一般的な青色と呼ばれているLEDが使われています。

おおむねムーンライトなどに使用する目的ですね。

でも実際にはチャンネル2をムーンライトにした方が幻想的な雰囲気は楽しめそうです。



各チャンネルはざっとこの様な感じになります。

個々に見ていくと、どれもが一長一短あるように思えますがシステムLEDはそれぞれのチャンネル照度を

調光出来るという機能がありますのである程度はお好みで白っぽくしたり青くしてみたりも出来ますね!



■チャンネルALL (全チャンネル100%)

PH84_F_11_150516184518_3.jpg

PH84_F_11_150516184111.jpg




当たり前の事ですが青はより青く、赤はより赤く全てが美しく見えなければ意味がありません。

そして何よりもサンゴが健やかに成長し色付くことを目的としているのがHISEA A1です。

まやかしや言葉でいくら表現し伝えたところでも、最後は絶対に本物しか残らないと思っています。


価するのはショップさんではなくユーザーご自身ですからね!

HISEA A1は点けたその日から違いが分り、新たな可能性を導きます。

何故ならば、サンゴの表情を見れば全てがお解かり頂けると思います。



164453de5et7gn126u56c7.jpg

164502d8qrr0b32l8dn8k4.jpg





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-11-16 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: