製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

新型スポットLED『Atlantik スーパーブルー』



apn.jpg




名古屋・愛知・岐阜で店舗展開されていますAPN(アクアプロショップ・ながなわ)さんでもHISEA A1の

販売が開始されました。


新発売!LED照明 HISEA A1 入荷!!


APNさんは水草からサンゴ・海水魚まで取り扱われており、水槽のリースなども幅広くプロデュースされて

いる本格派のプロショップです。


オージーサンゴなどを中心としたSPSの販売水槽にHISEA A1を設置されていますのでお近くの方はぜひ

お立ち寄り頂ければと思います。

HISEA A1の在庫も各種豊富に取り揃えて頂いてます。


また、近日中にあの『べっぴん珊瑚シリーズ』もお取扱いされる予定(中部・東海初!)・・・かも。






12039261_1484682631827344_8922742929591216157_o.png



明日到着です!



まだ未発売ですがMACNAで発表されたAtlantik V3やSlim Lineなどに搭載されているデュアルチップ

LEDライト『Atlantik 12 スーパーブルー』がいよいよ発売となります。


Orphekの公式サイトでもまだ何も発表されていませんが、これは世界に先駆けて日本にだけ入ってくる

超レアな商品であることは間違いないでしょう。

では、なぜ日本にだけ入ってくるかと言いますと、それは私が無理やりオーダーしたからです(嘘)


本来であれば来年1月以降にV3が発売になってからの話しでありまして、それまではいくつかのプロトタイプ

だけが生産され各方面でテストされているはずです。

しかしながら住宅事情などもあり小型水槽で楽しむユーザーが多い日本はどうやら世界的にみても珍しい

ぐらいスポットLEDが売れている市場だそうで、どうやらその辺りがターゲットになったような感じです。



AT-12SB.jpg





われてみれば海外のリーフタンクでスポットLEDが使われているのはほとんど見かけませんね。

というか30キューブとかで海水されていること事態が珍しいのかも知れません。

ほとんどが数百ガロンとかある巨大なものばかりが目立つように思えます。



れはさておき、今回の『Atlantik スーパーブルー』とはいったい何ぞや?とお思いの方も多いのでは。

私自身も実際にモノを見ておりませんので全く未知の世界です。

届いている情報と言えば全てのLEDはV3に搭載している5Wのデュアルチップであること。

410nmのウルトラバイオレット(UV)が12個と420nmバイオレットが2個の構成になっている。

15~20Wドライブであること。(残念ながら60W駆動ではありませんでした)


この3点の情報からすると、これはメイン灯具のような使い方ではなくアクアナノ・コーラルプラスのように

メイン灯具の補助灯(UV強化)として考案された商品のようです。


しかしながらUV神話が崩壊したのに今さらUVてんこ盛りは必要ないだろうて思うんですけど、これって

もしかして誰かの入れ知恵なのかなって勘繰ってしまいますね(笑)


現在発売中のAtlanti V2.1B以前のタイプですと確かにUV域はそんなに多くありませんのでこれを加えて

くださいね! っていうメッセージなのか・・・?


づれにせよUV強化を目的とした製品であることは間違い無さそうです。

明日に届いてからじっくり検証していきたいと思うのですが、頭の片隅からどうしても離れないのがデュアル

チップだと言う事です。


これまでOrphekでは410nmのホワイト(18000k)や420nmホワイト(6000k)などがありましたが、

今回のスーパーブルーは果たしてどんな波長になっているのか、検証が今からとても楽しみです♪



欠品していましたAtlantik 12SPは明日から販売を再開させて頂きます。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-10-25 : Orphek : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

クーポン

今月のクーポン
5%OFF

※3月31日まで
■クーポンコード
【Vd2ihQkHR4ZFgYJf】

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: