製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

実験水槽の近況とレッドチューリップ♪



先日に今年2回目となる水換え(15%)を行いました。

実際のところ、これで正常な水質が保たれているとは到底思っていませんが、何故かサンゴは色付き

成長してくれています。

これには添加剤の存在が必要不可欠なのは言うまでも無く、私の場合はべっぴん珊瑚を立ち上げ直後

からおよそ1年以上使用し続けております。



照明に関しましてはいつも申し上げてる通りコロコロと変えております。

照明にはそれぞれの特徴があり、照度や波長なども様々ですがその照明に合った水質を作っていく事が

ちょっとした技と言いましょうかコツのように思います。


照明自体も単純に明るさだけを変化させるのではなく、プログラムを駆使して朝焼けや白昼、夕暮れなどを

再現し一日の中に変化をつけるとなかなか面白い結果が出てきたり、何かきっかけを掴んだような感じで

サンゴが急成長してくれる時があります。

こう言った点が他の照明には真似出来ないシステムLEDならではの醍醐味だと思います。


たとえ青白だけのLEDであったとしても、コントロール出来るのであれば白や青だけの時間帯を設けて日中

の変化をつけることがサンゴとうまく付き合っていく上でのポイントになると思います。



20151009081919f47.jpg




ほとんど手入れ出来ていませんのでご覧の有様ですが、サンゴを一つずつ見ていくとその成長が伺えます。

水換えをサボっているので栄養塩はある程度残ったまま蓄積されていってると思いますが硝酸塩濃度は

0.1前後をキープしています。

せめて月イチ程度は最低でも行うべきでしょうね。 (私はしませんが…)

私の場合、どちらかと言うと観賞目的ではなくサンゴの個体毎の色や成長を見れれば良いわけでありまして、

その頭があるもんですからついつい手を抜いてしまいます。(と、言い訳してみた)



20151009081845c1b.jpg




褐色化した茶イシのボキ折りフラグもご覧のように成長し続けています。

褐色部分はほとんど無くなり先端はパープルになり綺麗な緑のポリプを咲かせています。

ここまで来るのにおよそ1年近くかかったと思いますがその分とても丈夫です。




201510090819323f.jpg




ストロベリーショートケーキをフラグにした時の残った親株でレッドチューリップを目指し試行錯誤を繰り返して

いますがなかなか思うようにはいきません。

シアンはしっかりのっているのですが、ポリプの咲きがイマイチで赤くなってくれません。

もうしばらくいろいろ試してみたいと思っています。



そのほかのサンゴは順調に色付き成長しています。



201510090819587bb.jpg

201510090820100a1.jpg

20151009082024dc7.jpg




皆様のように決して綺麗と言えるには程遠い状態ですが、照明や添加剤の性能を実践でテストしている水槽

としてはまずまずの結果をこの1年で残してきたのではないかと思っています。


魚の方はアップ出来るような管理が出来ていませんのでお見せ出来ないのが残念ですがそのうちキレイに

メンテしてアップさせて頂きます。

飛び出し事故以外ではまだ1匹も落としておりません。

500円玉強ぐらいだったフレンチは現在金メダルぐらいの大きさに成長しています。(分り難い…)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-10-09 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: