製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

LEDで目指せナチュラルカラー!パート4



およそ半年振りとなった『LEDで目指せ~』シリーズです。

このシリーズはLEDライトでサンゴを綺麗に維持・育成するための実録をリアルタイムで配信しています。




思い起こせば昨年7月に自社の主力製品であるLEDライトの検証実験を行うために立ち上げた実験水槽も

早いもので1年が経過しました。



20140802-2 005
立ち上げ当初の実験水槽 2014年8月





その間に使用したLEDライトは9機種17種類ほど、長いもので2ヶ月ぐらい早ければ2~3週間のサイクルで

変更していましたからサンゴにとってはかなり過酷な環境だったかも知れませんね。

照明によっては緑色~青色に変わったり、赤色も濃いグリーンが出てきたりなど同じ環境下でも照明に

よって様々に変化する事を知る事が出来ました。



々な理由から白化する個体はありましたが茶褐色に減退したミドリイシはほぼ皆無でした。

これは偏にZENI-NAIYOシステムとべっぴん珊瑚の恩恵をもろに受けているからに過ぎませんが、こうした

安定環境の中で照明だけを変えその変化を観察できた事は私にとってたいへん貴重な経験になりました。


この経験は製品の特徴や性質を実践的に見極め知る事でお客様へも的確なアドバイスをさせて頂く事が

出来ますので製品を販売するうえで非常に重要なことであり、昨今のLEDライトを含む照明市場において

メーカー情報だけを受け売りするのではなく、こうした実践的な経験を積むことがお客様から信頼を頂ける

第一歩だと新ためて実感しました。



私は製造メーカーの情報を信用していないわけではありませんがメーカーから発信される情報や画像だけ

では伝わらない何かがあると思っています。

ましてやオリジナルにカスタムメイドした製品であればなおさらで、照度や波長の実測は販売者なら当然

しなければならない事であり、その特性も検証すべきだと思います。

そうでなければ安易にオリジナルを作って販売すべきではなく、また机上の空論と言われても仕方ない

無謀な行為だと思います。

それだけ照明はアクアリウムにとって重要な役割を担っていると私は考えまています。


弊社では今後もこのスタイルを変えることなくより快適なアクアリウム空間を創造できるよう進み続けたい

と思います。



現在使用している照明はillumagic X-60SPをメインにアクアナノ・コーラルプラスとAtlantik 12SPを

ストロベリーの色揚げ用として強化中です。

本来であれば今頃は最新モデルのAqua SunRise Plusをレビューしているはずだったんですが

予定が遅れていますのでその間のつなぎとしてX-60SPに再び頑張ってもらってます。



20150903001.jpg




ストロベリーフラグは今のところじか置きですがJNSのアクリル製マグネット式フラグラックが到着したら

壁面へ移動させる予定です。



20150903007.jpg




今回バディングしたストロベリー親株の切断面は徐々に共肉が巻きポリプが咲き始めました。

これを見ていると非常に強い生命力を感じさせてくれます。


先週にプチリセットを敢行したところなのでまだ以前のような絶好調とまではいかないもののサンゴの

調子はまずまずです。



20150903002.jpg




エメラルドグリーンのキッカサンゴはプチリセット後によく膨らむようになりポリプをなびかせています。

とても丈夫で育て易いハードコーラルですね。

照度とかも特に気にする必要がなく蛍光タンパクモリモリですからUV~ブルーLEDで輝いて見えます。

まだ試していませんがUV~420バイオレット辺りを強化すればグリーンから濃いブルーへ変わりそうです。

こう言った色の変化が楽しめるのもLEDならではと思います。



20150903006.jpg




このオトメミドリイシも照明によって淡いグリーンになったりブルーになったりと七変化を繰り返しています。

現在はご覧のようなブルーへと傾いてきましたが、これはLEDによる色の反射だけではなく根本的な発色

が異なってきています。


浅い水槽なので伸びるとすぐ水面ギリギリになってきますが海外とかで時々見かける水面突破でどこまで

育成可能なのか見てみたい気もします。



20150903010.jpg




転がっていたミドリイシの欠片も知らぬ間に成長しています。

どなたかがよく言われているように放置プレイが一番大事なのかも・・・。



20150903005.jpg




ポリプが茶色くなってあまり見栄えしないハナヤサイですが下地はかろうじてピンク色を維持しています。

おそらく成長モードに入ったらポリプは透明になり綺麗なピンク色に復活すると思います。


1つ上の欠片の画像を見て頂くと判り易いのですが、成長している部分はパープルでポリプは透明です。

一方で褐色化している部分のポリプはグリーンです。

同じ1本のサンゴなのにこうした違いがあるのはホント不思議ですよね。


環境の違いによって様々に変化するサンゴって本当に面白くて楽しくて癒されますね~♪





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ






テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-09-03 : サンゴ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

クーポン

今月のクーポン
10%OFF

※11月30日まで
■クーポンコード
【5LPs8R】

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: