製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

GENIOのカルシウムリアクター

genio_logo.png



DC制御の目的とは?



プロティンスキマーに引き続き今回はカルシウムリアクターをご紹介させて頂きます。

カルシウムリアクターはSPS飼育に欠かせないアイテムの一つで主に水槽内のKHとpHをコントロール

する事が目的の製品です。

ですからマニアの方は魚類だけの水槽でも高pHを維持するために用いられている方も少なくありません。


GENIOのカルシウムリアクター「Ca MASTER」は小型のDCポンプが内蔵されたコンパクトでかつ高効率

を実現したインサンプ型の製品です。



20150516024.jpg
DC-1200搭載のCa MASTER 120




以前に弊社ではTMS社(台湾)のカルシウムリアクターを取り扱った経験があります。

製品自体はとてもシンプルで見た目は良かったのですが付属のポンプが非力であったため十分にその

役割を果たすことが出来ませんでした。

ポンプが非力だと言うことは余程の精密な作りで無い限り内圧を掛けることが難しく吸水能力が低いと言う

結果になります。

基本はリアクター内を循環させるだけですから考え方としては小型ポンプでも十分だと思われがちですが

ある程度はトルクフルでなければなりません。

そう言った意味でもパワーコントロールが可能なDCポンプは必要最小限に微調整できますのでカルシウム

リアクターには非常に有効だと思います。



genio_ca1002.jpg




Ca MASTERには突出した機能や性能は正直言ってありません。

強いて言うならばシンプルでコンパクトであるということでしょうね。

DC制御ですから扱いやすさは言うまでもありませんが、インサンプ型と言う事でGENIOオリジナルの

フィルターボックスにきっちり収まる見栄えの良さに仕上がっていると思います。

ともあれDC制御でここまでコンパクトですから使い勝手は非常に良さそうな製品です。

コンパクトでもメディアの量はしっかりと入りますので一番小さなCa MASTER DC100でも90cmO/F水槽

ぐらいは余裕でカバーしてくれます。



20150516022.jpg



循環する吸水は上部から中央のパイプを通って来ますのでいわゆる吹き上げ式となっています。

吹き上げ式の利点は二酸化炭素を効率よく循環させ目詰まりし難い仕組みですので長期にわたって

メンテナンスフリーになると言うことです。

おそらくメディアの減り具合を見て追加する時などに限られてくるんじゃないでしょうか。

ごちゃごちゃ弄ると調子を崩すSPS水槽には有り難いですね。


こちらの商品もスキマー同様に現在急ピッチで出荷準備を進めております。

今週末にはいよいよフィルターボックスも入荷してきます。

ラインナップも充実してきますので今後ますます目が離せないGENIO製品にどうぞご期待ください。



本日のストロベリー



20150516033.jpg




※このストロベリーショートケーキは正規のルートで輸入しています。

 決して密輸や違法採取しているものではありません。

 
 それよりも九州方面で違法採取されたレンテンなどが大阪で出回っているとの情報をキャッチしました。

 また、ハワイ諸島においても違法採取によりシッパーが捕まったとか。

 ペパーミントエンゼルやブラックバンドなどが入手困難になりそうな気配です。

 これらは独自ルートの情報ですので予めご理解ください。

 



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ






テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-05-18 : その他 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おや?
大丈夫ですか?
ストロベリーの記事楽しみに見てますので、
攻撃はほどほどに。
しかし、違法はどっちなんでしょうね?笑
2015-05-18 17:57 : 松 URL : 編集
松さん

こんにちは。
仰る通りです。
殺傷能力持ってますからあまり刺激すると返り討ちに合いそうですね(笑)
2015-05-18 18:25 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

クーポン

今月のクーポン
5%OFF

※3月31日まで
■クーポンコード
【Vd2ihQkHR4ZFgYJf】

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: