製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

最新のLEDライトをテスト中!


縦にも横にも吊り下げだって自由自在!



最近は午前零時にブログを更新していましたが、たまにはこうしてフェイントする事もあります(笑)




はい、またまた性懲りもなく最新型のLEDライトを愉しんでいるJ.タナカです。

それにしても次から次へとよくまぁ~これだけ出てくるもんですね~(笑)

ただ、その度に思うのは、必ず何かが進歩してるっていう事ですね。


そして今回のも間違いなくこれまでの常識を打ち破った素晴らしい製品であることは間違いないでしょう。



20150323002-5.jpg

20150323017-5.jpg




誠に申し訳ないのですが、まだ正式に契約や販売などが決まっておりませんので現時点では明らかに

することが出来ません。m(_ _)m

でも、何となく雰囲気だけでもお分かり頂けると思います。



マウントされた専用のアーチにLEDライト本体を載せるのですが、アーチの長さや本体数は自由に変え

られるようになってますので30cm~3Mぐらいまではつなぎ合わせて使うことが出来ます。

例えば900の水槽だと最大で3台まで設置可能です。


そして奥行きのある水槽にはアーチを横にもう1本足してツインアーチなども可能なのです。

もちろん単体や2~3台並べたアーチ状でもワイヤー吊り下げが出来るんです。

水槽の大きさを変更した時でもアーチの長さを変えたり台数を増やしたりと自由自在ですね!



20150323018-1.jpg

20150323019-1.jpg




肝心のLEDライト本体ですが、1台あたり16個の単体LEDと4個のCOB(チップオンボード:複数のLED

が1つの基板上にある集合体)で計64個×2.35W=150Wの超ハイパワーが20cmほどのボディーに

納まっています。


ですので3連装の場合には、何と450Wと言うウルトラハイパワーになります。

5連装なら・・・ななひゃくごじゅう、、、 もういいって(笑)


ここまで来るともう波長云々など細かいことは申しません。 



     点ければ成長します!



          色揚げも添加剤でお好きにどーぞ!




まぁ、それぐらいスケールが違うってことを言いたいのですが、もちろんちゃんと波長もUV~IR域まで

全部揃ってますよ!

「ピンクのトゲにはデコライトを足してください。」 などと野暮なことは言いません!(笑)

ただ、この辺の内容につきましては多少変更するかもわかりませんので今は置いときますね。



今時の機種はどれもスマホからWi-Fiでコントロールするのが当たり前の時代となって来ました。

でも接続設定とか難しそうでイマイチ踏み出せない方も多いのではないでしょうか?


この製品は特別な装置をオプションで買う必要もなく、難しい設定も全くありません!

専用アプリをダウンロードすれば複数台でも自動認識でスイスイとワイヤレスコントロールが出来ます。

弊社ではこれまでにも数多くのシステムLEDライトの販売に携わっています。

だからこそ何が必要でどうすれば簡単に使えるのか? と言う事を一番よく知っています。

使いやすさと言うものもユーザー様側からすれば大切な決め手のポイントですよね。



そして、やっぱりスペクトルも重要な決め手の一つですから語らないわけにはいきません。

この製品の調光機能は5つのチャンネルで制御可能となっています。



①ブルーチャンネル

20150323008.jpg



②ホワイトチャンネル

20150323009.jpg



③UV+シアンチャンネル

20150323011.jpg



④バイオレットチャンネル

20150323010.jpg



⑤スペシャルカラーチャンネル

20150323012.jpg




これはあくまでも参考程度で見て頂きたいのですが、変更する可能性がありますので全点灯したオール

チャンネルのスペクトルは販売が決まりましたらアップさせて頂く予定です。

決して焦らしているわけではありませんが、最近はこのブログで紹介する新製品を見境なく力尽くで横取り

していく業者がいるようなので、今後は慎重に進めていきたいと思いますのでどうぞご理解ください。

我々も少し無防備だったのかも知れませんが、エージェント権を認めながら素知らぬ顔で他社に寝返り

する海外メーカーもこれまたいい加減なものだと思うのですが…如何なものなんでしょうね。



今回の製品は本体を含め全てのパーツを組み合わせてご購入頂くシステムとなりますので不必要な部品

がなく、その分少しでもお買い求め頂きやすいようになると思います。

ちなみにLED本体は1台のマスターがあれば後は何台でも自動的にシンクロされる仕組みになっています。


価格も販売が決定すれば公表させて頂きますが、最初に申し上げました通り




常識を打ち破った衝撃プライス!





                                       になることは間違いありません!




高価だったシステムLEDライトは性能も価格もここまで進化してきました。

これからもっともっと進化し続けると思いますが、現段階においてこの製品の右に出るものは無いのでは

ないでしょうか? 

あっ、、、Atlantikは別格ですから比較対象になりません。 悪しからず…。


比較検討する機種が多いってことは、それだけ購入される方にとっては喜ばしい事だと思います。

それぞれの製品が個性豊かですから後は用途やお好みで選ばれては如何でしょう。


でも迷われている方には是非ともお薦めしたい照明です。

何とか販売できるよう進めていきますので今後ともどうぞ宜しくお願いします。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-03-24 : その他 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

発売は?
発売されるとしたら何時ぐらいになるでしょうか?
すごく気になっています。可能なら教えて下さい。
宜しくお願いします。
2015-03-27 21:32 : さぶろう URL : 編集
さぶろうさん

こんばんは。
お問い合わせ頂きありがとうございます。
まだ正式な契約等が決まってませんので何とも言えないのですが、計画としては4月中に販売できるよう進めております。

ある程度目処が立ちましたらブログでご案内させて頂きますので宜しくお願いします。
2015-03-27 22:05 : J.タナカ URL : 編集
No title
タナカ様

早速の返信ありがとうございました。
ブログでの案内楽しみにしています!
2015-03-27 22:51 : さぶろう URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: