製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

LEDで目指せナチュラルカラー!

orphek logo2


実験水槽立ち上げから180日が経過


「LEDで目指せパステルカラー」改め目指すところをナチュラルカラーに変更しました。

とは言いましてもやっている事は同じです。

ただ色んな大人の事情がございまして、照明を次々に変えたりしてますのでなかなか安定しないというか

一定のリズムが作れません。

大まかには2ヶ月毎に変えているような状況でして、最近では頻繁に変更しています。



201501301828457ed1.jpg





水質自体はべっぴん珊瑚のおかげですこぶる好調をキープしております。

照明云々による違いはありますが、まずは水質を安定させる事が第一かと。


そんな中で多分これは私にしか解らないような事ですが、LEDにはある一定の法則が潜んでいます。

詳しいことはもう少し長く経過を見て結果を得ないと断言できませんが、良くも悪くも実験水槽を通じて

様々な種類のLED照明から学び経験したからこそ解ったような気がします。

他社メーカーのLED照明もおそらくこの法則に基づいて実験すれば長所と短所が一目瞭然で、LEDの種類

による波長構成や効率化だけでは語れないサンゴへの向き不向きなどが解明できると思います。

これを聞いて背中がゾォ~~~としている関係者が中には居るかも…。



心当たりのあるあなた! そうあなたですよ!(爆)



maxresdefault.jpg




ご本人は頭の良い方ですからこの事には既に気付かれていると思います。

このままではアレなので、もしかすると近々大幅なリニューアルかモデルチェンジがあるかも…。

もう隠しきれませんね(笑)



それで、実験水槽の経過はと言いますと、早いもので半年が過ぎました。

いつも経験していることですが、水質が安定するまでにはやはりこれぐらいの期間は必要なのかと再認識

いたしました。

安定しないからといって空で放置してはダメですね。

ある程度最初はリスクと思ってでも生体を入れ続けないと何も始まりません。

ベテランキーパーさんはきっと何度もこのような経験をされているものだと思います。

その中から自分なりの飼育スタイルが確立されているのでしょう。

同じように真似しても上手くいかないというカラクリはこの辺にありそうですね。



サンゴは最近追加していませんが白化する個体も無いようです。

強いて言えば相変わらず海藻がすごい勢いで成長しまくりです。

栄養塩は0ではありませんが限りなく0に近い状態を保っています。


最近になって更に色が濃くなってきたような感じがします。



201501301834442071.jpg

201501301832321261.jpg

201501301833079661.jpg




ポリプもよく咲くようになりました。

水換えは今年になって10%ほどを1回だけ。

ただ、ここは山奥なので夜間~早朝は部屋の中でも底冷えするのか毎日10Lほど蒸発します。

総水量からだとおよそ7~8%に相当します。

ですので蒸発分はR/O水を補充しています。

いわば毎日これぐらいの量は水換えしてることになるのかな~なんて思ったりも。

自動給水装置を付ければ「なんちゃって全自動水換えシステム」が完成しますね。

部屋には換気システムが備わっていますので湿度は多少高めですがあまり気になりません。

たぶんこれが蒸発を誘発しているんだと思いますけどね。


そのほかのサンゴ達も元気いっぱいです!



20150130183416b8a1.jpg

20150130183159d5a1.jpg

201501301831436971.jpg

20150130183125d551.jpg

201501311751464f51.jpg




フラグや放置しているサンゴの欠片も成長モードに…。



20150130183325d9f1.jpg

201501301833563f21.jpg

20150131175256a411.jpg




根元もグリーンに…。


201501301832179bb.jpg




さぁ、これからはAtlantik全開モードで行きますよ!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-02-01 : Orphek : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
何かカギを発見されたようですね
非常に興味があります!!

ホント、状態を崩すのは一瞬ですけど、回復するには非常に時間が掛かるので、自分が対策した事が正しかったのか、それとも間違っていたのかを判断するのが難しいですね。
すぐに結果が出ないと「間違っていた」と判断してしまい、間違った方向へ進んでしまう事がよくあります。
どこまで我慢して結果を待つ事ができるか?、またどこまで我慢しても良いのか?、を見極めるのが非常に難しくて、今だに上手くいかないです(笑)
2015-02-02 17:15 : 狩人 URL : 編集
狩人さん

こんにちは。
そんな大それたもんじゃ無いのですが、それを気付かせてくれたのはこのAtlantikでした。
公開されたスペクトルだけを見て「ただの青白」と言ってる時点でサンゴに対する知識不足を露呈しているようなものですから(笑)
それでいてサンゴ礁学会に顔出すなんて、呆れて言葉も見つかりませんね。
あっ! また言ってしまった(爆)

水槽を絶好調のまま維持するなんて神業と言うかなかなか出来るものじゃありませんよね。
でもそれに近い状態を長くキープするには日々の変化を見極める目と知識が必要なんだとつくづく思います。
私の座右の銘は「失敗は成功の基」です。
アクションを起こすから失敗にも早く気付きます。
何もしなければ何も起きませんし気付きませんもんね。
私はこれからもいっぱい失敗し続けると思います。
狩人さんもいっぱい失敗して下さい!w
2015-02-02 18:05 : J.タナカ URL : 編集
No title
>絶好調のまま維持するなんて神業と言うかなかなか

状態が良くなったときに、触らずに我慢することができれば
維持できる可能性も非常に高くなるんですが
それができないんですよね(笑)


>いっぱい失敗して下さい

言われなくてもしてますよ・・・・・(爆)
2015-02-02 19:13 : 狩人 URL : 編集
狩人さん

好調な時ほどよく見るので些細な事が気になるんですよね~。
分かりますそのお気持ち。
私はある意味ずぼらな性格なので放置が基本です。
ずぼらな人ほど高性能な器具に頼りがちですよね。
それが良い製品を生み出す根源だったりして・・・。

失敗を肥しに出来るて素晴らしいじゃないですか!
狩人さんのブログ見てるだけでいつもワクワクしますよ!
これからもワクワク期待してます。(笑)
2015-02-02 22:09 : J.タナカ URL : 編集
No title
公式サイトを見るに、Atlantikにはレンズが2種類あるようで。
公式通販にあるものはBが付いているので、広角レンズということかな?具体的な照射角が分かれば幸いです。
地方在住で展示店にも行けず、ここだけが頼りですのでその辺りの情報も載せて頂ければ嬉しいです。

というのもデザインがカッコいいので、これを使って水草水槽を立ち上げようと画策中です。

サンゴであれば水槽両端の光量はそこまで問題にならないのかもしれませんが、水草水槽では凸型レイアウト以外では両端の光量が非常に問題になったりします。高く釣り上げる手もありますが、全体的な照度が落ちて、赤系水草が赤くならない、とかトニナなどの南米系難種がまともに育たない、だと悲しいですので。

なかなか読めないところはありますが、2月いっぱいに出ないとなると他の選択肢を考えざるえないです。今月初旬に入荷予定になっているSunrise900Plantとか。アトランティック2.1B Plantの発売が待ち遠しいですが、Coral用が先に入るなら、そっちの青系チャンネルを抑えて使おうかな…とも。

いずれにせよ、新しい情報を楽しみにしています。
2015-02-03 13:15 : 梅田 URL : 編集
梅田様

初めまして、こんにちは。
コメント及びご質問ありがとうございます。

Atlantikには現在90度レンズが標準装着されています。
それ以外に発売されているレンズはございませんので1種類のみとなります。

水槽サイズの明記がありませんでしたので回答が難しいのですが、90cmワイドならAtlantikを少し高めであれば照度的にも問題なくお使い頂けます。
Atlantik Plantedモデルの全機種は既に発売になっておりますが、需要の関係でPlantedモデルのみ受注オーダー制にさせて頂いてます。
近日中にJUNオンラインショップの方にも掲載させていただく予定で進めております。

なお、納期はご注文後およそ10日前後でのお届けとなります。
SunRise900 Plantは今週末の入荷予定です。

その他ご不明な点やご質問などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2015-02-03 13:51 : J.タナカ URL : 編集
No title
早速の返答ありがとうございました。
水槽は90ワイドです。

これから出る情報も見ながら吟味していこうと思います。
2015-02-03 16:57 : 梅田 URL : 編集
梅田様

お早うございます。
90ワイドならアトランティックでも十分カバーすることは可能ですが、懸念されておられるように両端の照度は直下に比べればかなり落ちます。
サンゴ水槽のようにレイアウトを工夫し両端上部をあまり使わないような配置にすれば良いのですが、水草となればそうもいきませんね。
ただ、アトランティックにはそれをカバーするだけの十分なPAR値がありますのでPPFD(光合成有効光量子束密度)からすると全く問題ないと思います。
詳しくはOrphek公式サイトをご参照ください。
http://orphek.com/about/led-par-test/

どうしても気になるようでしたらAqua SunRise900 Plantもご検討してみて下さい。
両端の照度は上がると思いますが、全体のPPFDはアトランティックに比べやや劣ります。
それでも並み居る照明の中では抜群の照度とスペクトルを有してますのできっとご満足頂けるものと思います。

Atlantik V2.1B Plantedが全てにおいてズバ抜けていますので比較すること自体が酷かと思われます。(笑)
2015-02-04 05:06 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: