製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

実験水槽100日間の軌跡

top5.png

チャイロイシの変化


今年の夏頃から新規に取り扱いを開始したSANRISEのシステムLEDライト『BaliluxX』の性能を実証する

ために始めた実験水槽は立ち上げから早いもので100日が経過しました。


020.jpg
チャイロイシミドリイシ導入直後の様子


20140812 012
ZENI-NAIYOシステム導入直後の様子



当初は無謀にも立ち上げ直後にサンゴを導入しましたが、ご覧のように底砂には水槽立ち上げ当初に

見られる茶ゴケが出ています。 まだ水が全然出来ていない証拠ですね。

パイロット的な役割でしたのでこれはこれで良かったかと。


でもこの中には、今も元気に成長を続けているサンゴもいます。

これが当時のサンゴです。 ↓


024.jpg



今見ても見事にチャイロイシを代表するようなサンゴですね(笑)

この時点で一部は白化していますがギリギリ留まってくれています。

そしておよそ1ヶ月後にはこんな感じになってます。 ↓



20140819 017



撮影した時の照明モードが違うので色合いは異なりますがポリプが少し開くようになりました。

それと言うのも ↓ これに出会ったお陰かも知れません。
a8e18ce2.png

そして現在がこちら ↓


20141006 033

20141111_1 002



非常に頑固でしたがチャイロイシから脱却しパープルと薄いグリーンへと変わってきました。

薄いグリーンに見えるのはポリプがグリーンになったからです。

成長点もハッキリ判るようになりました。


20141111 029

20141111 032



あともう少しで白化部分に付いた海藻を覆いつくす勢いで成長しています。

パステルのように綺麗な個体ではありませんがあの茶色かった個体がここまで変化し始めています。

添加剤による効果はもちろんありますが、このようにBaliluxXの性能も十分にその役割を果たすことが

出来ていると改めて感じました。


で、現在はT5+LEDのハイブリッドモデル『BaliluxX HYBRID90』で実験を続けています。


20141111_2 001



酷かったコケ&海藻もプランクトンたっぷりの天然海水とコケ取りエビのお陰で徐々に減少中です。

そして昨日は外掛けフィルターで回してたゼオライトを変更しました。


20141011 001



今はもう販売していませんがTMSのBPリアクターを使ってろ過層で回しています。

水量調整が出来ないので規定量の半分ぐらいにして様子をみます。


照明をハイブリッドにしてからはサンゴの成長も早くなってきた感じです。


hybrid_003.png




ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2014-11-12 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: