製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

SANRISE Aqua SunRiseを検証!

top5.png

先ずはPlant(淡水・水草用)から


SANRISEのフラグシップモデルAqua SunRiseがようやく到着しました。

機能や性能などについて詳しく検証してみましたが、今回はPlant用として販売するチップを組み合わせた

タイプになります。 Marineタイプは次回の続報でお伝えします。


Aqua SunRiseの前回記事はこちら
Aqua SunRise11

過去記事にも書いておりますが、このAqua SunRiseはLEDチップが交換式になっていますので、基本は

Plant用とMarine用の2種類の販売ですが後から自由に変更が可能です。

オプションパーツは10種類の交換用LEDチップと90度レンズ(標準は120度)をご用意しています。


先ずはPlantタイプの配列から。

上が60(60~90cm)180W  下が90(90~120cm)240W


!cid__Foxmail_4.png



!cid__Foxmail_5.jpg



搭載のLEDチップは全6(7)種類。( )内は90タイプ


CREE X-Lamp XT-E Cool White 8000k 5W 20pcs(28pcs)

CREE X-Lamp XT-E Neutral White 3700k 5W 4pcs(6pcs)

CREE X-Lamp XT-E Royal Blue 450nm 5W 6pcs

CREE X-lamp XP-G Blue 475nm 3W 0pcs(2pcs)

CREE X-lamp XP-G Green 535nm 3W 2pcs

EPILEDS Ultra Violet 3W 400nm 2pcs

EPILEDS Red 670nm 3W 2pcs


TOTAL LEDs 36pcs (48pcs)



3つのチャンネル(専用リモコンの場合は4チャンネル)を使って調光することが出来ますが、MAXでは

およそ10000kぐらいで非常に明るく透明感のある水景になります。




各チャンネル(今回はWi-Fiバージョン)のスペクトルは以下の通りです。

※REDについては630nmのLEDで測定しています。
※スペクトルは離隔45cm 中央付近で測定した結果です。



チャンネル1 

20140912_1 003

20140912 003




チャンネル2

20140912_1 005

20140912 004




チャンネル3

20140912_1 007

20140912 005




ALLチャンネル

20140912_1 002

20140912 002




とまぁこんな感じなんですが、実際に水槽へ設置しなければ雰囲気というか製品の本質がなかなか伝わ

りませんよね…。

という訳でPlantタイプですがサンゴの実験に使ってる水槽へ設置してみることにしました。


雰囲気だけでもお伝えできればと思ってますので細かいことは抜きで早速その模様を動画でご覧下さい。







明るさなどは伝わりにくいと思いますが、BaliluxXのおよそ倍ぐらいの明るさがあります。 これはBaliluxX

が60cmタイプという事とUVやバイオレットなど見た目が明るくない波長を多く含んでいる為で、更に今回

のAqua SunRiseが白色多めのPlantタイプで90cm用すから見た目が凄く明るいという訳です。

でも動画ではその明るさもなかなかお伝えできません。


設定などは全てスマホやタブレットをWi-Fiでコントロールしますが非常にシンプルで使い易いものになって

います。 もちろんi-phoneにも対応しています。



21140914_1 005

21140914_1 007

21140914_1 008

21140914_1 010

21140914_1 011




上から2枚目の画像で明るさが分かりますね。 50%でこの明るさです。

たぶんこのままこのPlantタイプを使い続けたら、間違いなく強光障害に見舞われそうです。

私ならMAX50%以上で使う勇気はありません。 でもMarineタイプは超浅場~深場のサンゴまで思う存分

お使い頂けると思います。 LPS+魚類なら高く吊って180cm水槽ぐらいまでなら90で十分行けそうです。

ちなみに60cmタイプで180W、90cmで240Wを叩き出している訳ですから明るいはずです。


でも単に明るいという事ではなく色のブレンド感も非常にGoodです。 おそらく120度レンズを標準で採用し

ているからだと思います。 光の幅はT5にも負けないぐらいだと感じました。


BaliluxX、BaliluxX HYBRID、そしてこのAqua SunRiseとそれぞれ特徴を持った3つのモデルが

勢ぞろいしたわけですが、どの機種もかなりレベルの高いスペクトルを持っています。

どれがオススメとかは一概に言えませんが、個々のシステムや用途に応じてチョイスして頂ければと思い

ます。 迷ったらご相談下さい。 きっとご満足頂ける答えが見つかるはずです。




本日の実験水槽(41日目) 日中(MAX)の様子 Day lLght

SANRISE BaliluxX: Blue ch=99% / White ch=99% / Violet ch=99% / UV ch=99%   Total=120W / 100%

20140914079.jpg


20140914001.jpg

20140914004.jpg

20140914005.jpg

20140914007.jpg

20140914008.jpg

20140914009.jpg

フラグにしたサンゴも元気にすくすく育っています。

20140914015.jpg

20140914018.jpg

20140914023.jpg

20140914024.jpg

20140914029.jpg

20140914031.jpg

濃いフルグリーンになってきました。

20140914033.jpg

20140914036.jpg

20140914037.jpg

20140914043.jpg

20140914044.jpg

20140914047.jpg

20140914048.jpg

20140914051.jpg

20140914052.jpg

白化したサンゴを折って残った部分。 白化が止まり徐々に上向きになってきました。 

シッタカが引っ付いたまま離れません…。

20140914053.jpg

20140914055.jpg

一番最初に入れたチャイロイシ。 ポリプは全開ですがなかなか色が揚がりません。 しぶとい!

20140914056.jpg

一部が白化したものの、持ち直して来ました。 これも最初から入れた個体。

20140914061.jpg

白化しながら残ってる部分だけが少しずつパープルっぽくなってきました。 さてこの先どうなる?

20140914062.jpg

20140914063.jpg

20140914065.jpg

ほぼ全てが白化して爪の先ほど残っていたものをフラグにしました。 いい感じに復活気味です。

20140914069.jpg

20140914071.jpg

20140914073.jpg

20140914075.jpg

20140914078.jpg

造波ポンプ付けてみました。

20140914082.jpg

試作の擬岩はまだこのまま。 水質などに変化は無し。

20140914083.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2014-09-15 : その他 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: