製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

BaliluxXがサンゴ育成に向くワケ

aqua sunrise213



独立したチャンネルで照度と波長を自由にコントロール


LEDライトでサンゴや水草を飼育し楽しまれている方は本当に多くなってきたと思います。

その理由として他の照明機器より省電力や排熱性に優れているという観点から、蛍光灯やメタハラから

チェンジされるものと思われます。 また昨今では価格的にも魅力的になってきたことも要因の1つです。


水草などの場合、一部の難しい種類や赤系を除けばある程度の照度が確保出来ればあまり波長に拘ら

なくても問題なく育成(光合成)は可能だと思います。 照度が足りなければライトを追加していくことで全

ての問題は解決される事でしょう。


しかしながらサンゴの育成にはこの方法だけでは解決することが出来ません。

何故ならば、サンゴが求めているものは通常のLEDライトには含まれていない波長域を要求しているから

です。 まぁ、ここまで言わずともお分かりの方は多くいらっしゃることだと思います。


では、その不足している波長を足せばイイじゃん!って事ですが、本当にそうでしょうか?

実はここに大きな落とし穴が待っていることをお気付きでしょうか?


波長にもバランスというものが重要で、単純に多けりゃ良い! 大は小を兼ねる的な発想は通用しないの

がサンゴの世界の難しさであり楽しいところでもあります。

なぜ通用しないのかと言いますと、例えばAのサンゴは400nm付近のピークを欲しがっているとします。

ではお聞きしますが、その400nmのUV波長は一体どれぐらいの量が必要なんですか?


答えは簡単です。     分かりません…。



そうなんです! 分からないから微調整(コントロール)出来る仕組みが必要なんですね。

特に400~500nm付近については



          調整できないと宝の持ち腐れ


                                                  になってしまいます。



サンゴにとって適正な波長と照度なんてそう簡単に図れるものではありませんので微調整しながら探って

いく必要があり、ピタッとハマれば1日で大きく変化(成長)することもあります。



「全体的に少し調子が悪そうだ」とか「ポリプがよく出るようになってきた」などサンゴ自体の調子も日々

変化しますので例えシステムLEDでも毎日同じプログラムの繰り返しではなく、時には変化させることで

サンゴに刺激を与えることも必要でしょう。 

もっとも照度や波長が調整できないライトではかなりハードルが上がってしまいますので多灯するぐらい

なら思い切ってこのBaliluxXのように照度と波長がコントロール出来るシステムLEDに替えてみては如何

でしょうか?



ここでLEDライトのワンポイントアドバイスです!




          多投で問題解決できるのは水草だけ


                                                 と覚えておいてください。




それと、LEDライトでSPSパステルカラーを目指す方へのアドバイスとして1つ。



            UVは必要最小限に!



褐虫藻がどんどん元気になってしまいます。 無しでは困りますが、色を抜く時は極力UV付近の出力を抑え

る方が良い結果が得られる傾向にあります。

ある程度パステル化してきたところで徐々にUV付近を上げていくと非常に綺麗な色彩に揚がって来ます。


このようにシステムLEDでもUVやバイオレットなど色揚がりのキーとなる波長を自由自在に操れるものを

お勧めします。 これが面倒な方は優れたデュアルチップ搭載のOrphek ATLANTIKで決まりですね!

詳細にコントロールもできますが、機械任せでほぼ完璧じゃないでしょうか?



これらの見解についてはこれまでの独自の実験や経験から述べたものに過ぎません。

誰の文献? 科学的な根拠は? とかのツッコミにはお答え出来かねます。悪しからず…。


まぁ、まだまだ謎の多い分野で解明出来ていないところも多くありますが、今後も実験などを通じてサンゴ

飼育に適した環境や製品を確立していこうと考えています。



20140822 018

20140822 017

20140822 003

20140822 006

20140822 008

20140822_1 003




ギリギリ夏に間に合ったヽ(´▽`)/




ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2014-08-23 : その他 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

LED
おはようございます
LEDも 難しいですよね~~
以前の水槽では 60×45で、Grassy Solare Reef×2とPlant×1で 維持は出来ましたが 色は茶色でした。(w)
いま 気付いたのですが・・
猫よけ珊瑚台 辞めたんですね(笑)
あれ 斬新で良かったのですが・・
私 あの猫よけを 切って Zeni-Naiのスポンジを止めてます

90でのZeni-Naiが 上手い事 色上がりが始まったら
60規格OFを LEDとZeni-Naiで やってみようかな?
2014-08-23 09:51 : むさし URL : 編集
Re:LED
むさしさん

おはようございます。
調光や波長をコントロール出来ないLEDでSPSは難しいでしょうね。
フルスペでも綺麗に維持できない典型じゃないでしょうか?
ましてや60度でガンガンやっちゃうとチャイロ一直線ですね!

猫よけレイアウトは使い易く、意外と好評だったんですが買ってきたフラグが小さ過ぎて敢え無く撤去。
代ってキッチン水切りレイアウト(By コーナン)になりました(笑)

私も次は60OFで師匠のような擬岩+ベアタンク仕様に挑戦します。
使用する照明はT5+LEDのハイブリッドになりますが…。
また同時期に立ち上げて意見を共有出来ればイイですね!
2014-08-23 10:53 : J.タナカ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: