製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

【THE暴露】 アクア業界にみるLEDライトの実態とか

禁煙しようかと止めたものの、2日と持たずに吸い始める意志の弱いJ.タナカです。
やっぱ禁煙外来行くべきかなぁ・・・。


暴露的な話し

どの業界、どの世界にも精通していると「ここだけの話」ってのが見えてくるもんです。
誰にも言えない裏話が山ほどあるのですが、実はこの私もブログを通じて「暴露」しちゃえ!って思うような事は多々あり、下書きとして残している記事がもうかなりたまってきました。

私が死んだら自動的に発信されるような仕組みを今から構築しようか、なんて思ったりしていますが「予約投稿」というシステムを使ってやれば簡単に出来てしまうことに気付きました。
生きていたらその期日を先延ばしで更新すればいいだけの事です。
死んだ時はその更新がされないので自動的にアップされるという仕組みです。
でも、この更新を忘れていたら大変なことになるし、今のところはまだ死にそうにもないので「下書き」にとどめています。



オープンに出来るここだけの話し第2弾は・・・

アクア業界に見るLEDライトの実態

アクア業界に携わることで言えば、特に何の規制や資格も必要ないので安易に参入しやすい反面、露骨にバッシングを受けたり潰しに掛かられたりもします。
まぁ言うところの「趣味の世界の狭い業界」ですから仕方ない部分はあります。
アクア業界自体もあまり景気のいい話は聞きませんし、どの会社も必死に鎬を削っています。

私共もそうですが、近年特に急成長しているのがLED関連の商品です。
ですから今では有名どころのメーカーさんは殆どLED照明機器を商品化されています。

ジュン・コーポレーションとして初めてLEDライトを発売したのが7年前です。
その頃はまだ2~3社ぐらいしか出してなかったと思います。(自慢したいわけじゃありませんので…。)
ようやくここに来て出揃った感はありますが、一言にLEDライトと言っても性能や機能、価格帯なども多種多様です。

しかし明らかなのは、基準というものがないのでユーザーはメーカーの受け売りを信じるしかないと言うことであります。
「水草用」とか「サンゴ用」と書かれていればまだしも「育成用」と書いてあると、育成できなければ返金してくれるの? 保証してくれるの?と言う事になりますが、アクア業界でよく使われている魔法の言葉で「水質により」とか「環境の違いで」などといくらでも言い訳できるので、そう言った受け答えをするメーカーには注意が必要です。

(※私だったら、先ず対象の生体や水槽環境、そしてLEDライトの波長と照度、日照時間から最適であったかどうかを見極めます。 100%正確ではないにしろ、ユーザーさんがほぼ納得できる回答をした後に今後の改善策やアドバイスを提案します。 また私達も販売側として、今後の製品開発のヒントとして役立てたいと思います。)




製造元(中国など)のスペックを書き写し?

ではどうやって見分けるのかというと、LEDの一つの明るさの基準が全光束(ルーメン:lm)です。
例えば電球ですと810lm以上のもを60W相当とか、1520lm以上のものが100W相当という基準に定められています。(日本電球工業会)
しかしながら、アクアメーカーが公表している各製品の全光束は「LED単体での最大値」を記しているに過ぎません。
酷いメーカーになると、ろくに測定もせず製造元(おそらく中国)の仕様をそのまま鵜呑みにして製品化しているところもあります。
ですのでパッケージ等に書かれた全光束の数値には何の根拠も裏付けも無いと言って良いでしょう。
まあ目安というくらいにはなるかも知れませんが…。
もちろんちゃんとした裏付けがあって表記されているごく一部のメーカーもある事だけは付け加えておきます。

明るさだけで全てが解決できるほど単純な話ではありませんが、ここでもよく話題にしている波長もアクア照明にとってはとても重要です。
中にはある程度照度があれば、波長なんてあまり関係ないよ的な発言をされる方もいらっしゃいますが、ある程度オールマイティに波長が出ている蛍光灯やメタハラであれば数を増やせばほぼ賄えるんですが、LEDに限っては出ていない波長は数増やしても出ませんので同じものを多灯しても無意味です。
種類豊富なスポット系は、そういった意味では有効であると言えるでしょうね。
でも多灯すると過剰な照度はコケの原因にもなりかねませんのでご注意を…。


あぁ~~~~~、またこんな記事出したら大手から睨まれるんだろうな~~(´;ω;`)



ブログランキング・にほんブログ村へ 
 

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2014-01-29 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: