FC2ブログ
製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

OR Bar Lightをアップしました!

atv3+_img3.png





JUNオンラインショップからのお知らせです。

アップが遅れておりましたOrphekの新製品OR Bar Lightは本日より発売を開始いたしました。



Aquarium-LED-lighting-Orphek-OR-120cmjpg-1600x1060.jpg





この商品は種類とサイズが多いのでメーカーでは量産せず全てオーダー制となっておりますので

お届けは通常でご注文後約2週間ほど掛かります。

また、オーダーメイドですからLEDの組み合わせも自由自在です。

Atlantik V4 GEN2に搭載のピンクやオレンジ、IR(赤外)などもご指定頂けます!

少しだけ割増価格になってしまいますがお客様のニーズに合わせたオリジナルのBar Lightも

随時承らせて頂きます。


そして、もう一つの新製品がこちら↓



Orphek-aquarium-lighting-Mounting-Kits_2128-1-1600x1060.jpg

Orphek Universal Mounting Arm kit






  X'masセール 好評開催中(12月25日まで)
            ↓
         
xmas_2015_title.jpg にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ








(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-12-19 : Orphek : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Orphekの新製品(続報)

atv3+_img3.png





前回記事にてご紹介させて頂きました『OR Bar Light』は明日10月10日より販売を開始いたします。

販売価格は次のとおりです。


OR 60 各種  16,800円

OR 90 各種  18,900円

OR 120 各種  21,800円

ワイヤー吊下用ハンギングキット  2,380円(共通)

※表示価格は消費税・送料込み


42631171_10215035951586802_5339856023626711040_n.jpg
OR Bar Light Blue SkyとUV/Vioretの使用例





そして予告しておりましたもう一つの新製品『Amazonas320』のご紹介です。



Orphek-Amazonas-320-public-reef-Aquarium-LED-Lighting-6-1600x1060.jpg





商品名のとおり320WタイプのLEDライトで、80WのNew Matrix LEDチップ(Orphekオリジナル)を

4個搭載した大型水槽向けの製品で、水族館などの巨大水槽向けの照明として開発され、一般用としては

水深が1Mを超える水槽に適していると思います。


こちらも用途に応じてチョイスできる7種類のLEDがラインナップされています。


マルチカラーLED

1 XP 80 リーフデーライト - SPS / LPS用

Amazonas-80w-white-xp-leds-ratio-map-1.jpg





2 XP 80 Blue/Violet/UV - SPS / LPS用

Amazonas-80w-blue-xp-leds-ratio-map-1.jpg





3 XP 80 淡水・水草育成用

Amazonas-80w-planted-xp-leds-ratio-map.jpg






その他 単色LED

4 18000Kホワイト - マリン用
5 14000Kホワイト - マリン用
6 ブルー460 - マリン用
7 7000Kホワイト - 淡水


これらは組み合わせ自由で後から乗せ換えることも可能です。

基本的にはリフレクター+光学レンズで照射角は決定されますが、かなりの高照度となりますので一般

向けの場合はレンズを使用せずリフレクターのみをお薦めします。

ちなみにレンズを使用した場合、離隔1Mでも120㎝水槽の端は30000Luxを超えます。




frashwater-LED-light-amazonas-320-.jpg
オーストラリア/ジャルディーニ 淡水高級魚水槽の使用例 (Orphek公式サイトより抜粋)





この製品はLEDチップの種類により価格が異なります。

さらに詳しい内容につきましては弊社までお問い合せください。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ








(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-10-09 : Orphek : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

Orphekから最新情報!

atv3+_img3.png





以前にご紹介しておりましたSlim Lineの後継モデルとしてOR Bar Lightが新発売になります。

Slim Lineはとても魅力的でしたが価格面がネックとなり日本では未発売のお蔵入りとなってしまいました。

OR Bar Lightは調光やタイマー制御機能などを省き、たいへんリーズナブルな価格設定を実現しました。




Aquarium-LED-lighting-Orphek-OR-120cmjpg-1600x1060.jpg






OR Bar Lightは60/90/120㎝の3サイズに水草用のPlantedタイプと海水用の各種4タイプがあります。

海水用はReef Day Light/Blue sky/UV/Violet/Refugium & Grow Lightと用途別に選べる種類が

豊富に揃っています。

LEDはあのATLANTIK V4と同じデュアルチップが採用されています。



先ずは淡水・水草用のPlantedタイプから順にご紹介させて頂きます。



■淡水・水草用/Planted

OR120-90-60-Freshwater-Planted-led-layout-and-spectrum.jpg
Orphek-OR-120-Freshwater-Planted.jpg





■海水・サンゴ用/Reef Day Light

OR120-90-60-Reef-Day-Light-led-layout-and-spectrum.jpg
Orphek-_OR-120_LED_Bar-1600x900.jpg
Reef Day Light+Blue sky





■海水・サンゴ用/Blue sky

OR120-90-60-Blue-sky-led-layout-and-spectrum.jpg
Orphek-Bar-Aquarium-LED-lighting-1413x1060.jpg
kessil AP700 + Orphek OR 120 Blue Sky





■海水・サンゴ用/UV/Violet

OR120-90-60-UV-Violet-led-layout-and-spectrum.jpg
actinic-reef-bar-1600x976.jpg






■海水・海藻用(レフジウム) & 淡水・水草育成用/Refugium & Grow Light

OR120-90-60-Refugium-Grow-Light-led-layout-and-spectrum.jpg
LED-light-Refugium.jpg





販売価格は未だ決定していませんが一番長い120㎝サイズで2万円前後になる見込みです。


そしてもう一つ・・・、



Orphek-Amazonas-320-public-reef-Aquarium-LED-Lighting-5.jpg





320Wの超モンスター級アクアリウム用LEDライトです。


こちらは次回にご紹介させて頂きます。 


お楽しみに~♪





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ








(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-09-29 : Orphek : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

カウントダウンクーポン 本日より!

12039261_1484682631827344_8922742929591216157_o.png




ブログの更新も久々ですがOrphekの話題も約1年振りとなります・・・(汗;

既に出揃った感のあるシステムLEDライトにおいてAtlantikもV4を機にほぼ完成の域に達したのでは

ないかと思います。

Atlantik V4はIoTを駆使した最先端の技術で世界中のどこからでもアクセス可能な通信システムを

備えており、これを制御するのがGate-Wayと呼ばれるルーターのような役割を果たす通信システムが

必要となっています。

このシステムもLED技術に負けず劣らずの日進月歩で新しい技術が開発されており、Orphekでは新型

となるGate-Way2が発売されることになりました。




Orphek-Gateway-2.jpg




これに伴い現在販売中のGate-Wayは廃盤となります。

製造ラインナップの切替に少し時間が掛かっているようですが間もなく到着するものと思われます。


Gate-Way2の特徴は、接続がこれまでより早く設定も簡易になってるようです。

本体からの離隔にも余裕があり途中で通信ダウンすることもほとんどありません。











あと、これも久々となりますが本日より全商品がたいへんお買い得となるクーポンを発行いたしました。

今回は6月(JUN)なので特別にカウントダウン方式の割引率となっています。

例えば今日なら6月30日まで残り23日ですので23%OFF、明日なら残り22日なので22%OFFという感じに。

1日でも早くご注文を頂いた方が絶対にお得です!

我ながら、なかなか面白い企画だと思ってます~(^-^)






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-06-07 : Orphek : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

これが新型Atlantik Compact V4!

atv3+_img3.png




Orphekの最新モデルとなるAtlantik Compact V4が到着いたしました!

とは言っても肝心のMaster Gatewayが欧米の大量オーダーによって生産が遅れており、制御基板

だけを以前のWi-Fi用に変更してお届けしております。




20170807002.jpg

20170807001.jpg




これ全てがドイツの販売代理店へ送られたそうです。

この後、USAの代理店分60台ほどが出荷されれば一先ずは落ち着くとのこと・・・。


今回はその合間を縫って、特別にCompact V4を数台送って頂きました。




20170730103753b56.jpg

20170730103731a83.jpg




通常のAtlantik V4に至ってはかれこれ半年近くお待ち頂いてる方もいらっしゃいますのでお受け取りに

なられた方は非常にラッキーだったと思います。

でも正規のV4バージョンではないのが少し残念なところです。


間もなくGatewayの生産もあがって来る頃だと思いますのでお届けも間近・・・かと思われます。


V4はLEDの構成が大幅に変更された機種ですからこれまでのモデルとはかなり異なり、一言で言えば

まったく別の製品になったと言っても過言ではありません。

とりあえず最新バージョンとなったCompact V4の測定結果をご紹介させて頂きます。


各チャンネルのLED構成は次のとおりです。 

基本的にAtlantik V4とほぼ同じ構成ですが数が違うのでの比率は若干異なっています。




AT-V4 Compact
Atlantik Compact V4のLED構成表





続いてはチャンネル毎に測定したスペクトルです。

※ 測定方法は離隔30㎝の中央で計測しています





Ch-1 ホワイトチャンネル with シアン

201708031457148e1.jpg
Atlantik Compact V4 Ch1





2種類のホワイトがベースでグリーンとシアンのパンチが効いてますので見た目が照度以上にかなり明るく

感じるようになっています。

照度の必要なミドリイシにはMaxで使いたいチャンネルで、赤~ピンク系サンゴの色揚げやSPS全般の

成長に大きな効果をもたらすチャンネルです。


このチャンネルを100%のピークに設定した場合、Ch-3のUVは少し抑えないとコケってしまいそうですね。

ピークタイムは3時間ほどを目安にし、その前後にUV~ブルーチャンネルをピークにすると変化に富んだ

ライティングで楽しむことが出来ます。








Ch-2 ブルーチャンネル with バイオレット

201708031457046ba.jpg
Atlantik Compact V4 Ch2





430~470nmまで4種類のブルーで構成されたチャンネルとなっています。

こちらは先ほどのホワイトチャンネルとは真逆でソフトコーラル~LPSに効果的な波長が揃っています。

ブルー系なので照度は高く出ませんが使用されているLEDの数的に考えて、見た目以上に強くなっています

ので若干注意が必要です。

照明のベースカラーなので出力次第でお好みの「青」を再現することが出来ます。

これほどまで丁寧に青色を揃えた照明は他に無いのではないでしょうか?







Ch-3 UVチャンネル

20170803145654847.jpg
Atlantik Compact V4 Ch3





デュアルチップの代表格なのがこのスーパーブルーと呼ばれるUV系LEDです。

これまでの410&420nmに加えてV4から新たに380nmUVAが搭載されています。

この380nmUVAがサンゴにどれほどまでの効果をもたらすのかはまだ未知数ですがOrphek独自のテスト

結果からはかなり効果的だという報告がされています。

2個だけなのでさほど強く出ているとは思いませんがアクリル水槽に用いるには少し勇気が要りそうです。


各チャンネル毎の色分けがしっかり出来ており、サンゴの種類に応じたプログラムを自在に操ることが

出来るので非常に扱い易いチャンネル構成になっていると思います。







Ch-4 UVチャンネル

20170803145643ebc.jpg
Atlantik Compact V4 Ch4





このチャンネルは超浅場SPSのためにあるのでしょうか?

朝焼けや夕焼けなどを再現するのにピッタリの波長が揃っており、ブルーが入っているのはおそらく赤味を

少し和らげるためだと思います。

ピンクや赤系のトゲやショウガ、ハナヤサイサンゴなどに効果的ではないかと思います。


両サイドにある2つの850nmIR(赤外)は不可視光のため肉眼で見ることは出来ません。

間違っても点灯不良ではありませんので・・・悪しからず。


Compact V4にはピンクLEDではなく従来のWide Redが使用されているようです。

クロロフィルβなど光合成に必要な第二吸収波長域が復活していますね。







Ch-ALL 全チャンネル 100%

20170803145633864.jpg
Atlantik Compact V4 Ch-all





ホワイトチャンネルで突出していた500~530nm付近のシアン・グリーンは影を潜めUV域~470nm辺りの

ブルー系が強く出ているスペクトルです。

サンゴ用としては文句なしですが、少しブルーを絞るとシアン辺りが出てきますので用途に応じて調整

するとかなり幅広い使い方が出来そうです。


Max照度は26264Luxで、やや物足りなさを感じてしまいますが白系LEDの量から考えるとかなりイイ線

行ってるんじゃないでしょうか。

余談ですが照度だけならV2が一番高かったと記憶しています。

照度だけで良いなら白とグリーンをふんだんに使えば簡単に10万Luxは超えますけど、おそらくサンゴは

ぶっ飛ぶでしょうね(笑)



最後にAtlantik V4と比較したスペクトルグラフをご覧ください。



V4 hikaku




当たり前ですがほとんど同じような感じでLEDの比率の差が若干出たようになっています。

ピーク波長も照度もほぼ同じで異なるのは照射範囲ぐらいかと思います。





20170803145725fb4.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-08-17 : Orphek : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: