FC2ブログ
製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

New HRシリーズ(卓越した機能美)


atledtis_logo.png




照明システムを考える上で欠かせないのがマウントアーチなどのライティングスタンド。

ワイヤー吊下げのカッコイイ照明もダサいゴツゴツした重厚感あるスタンドでは雰囲気が台無しです。


ATLEDTiSはライティングのバランスを考えたトータルコーディネイトに着目し、美しい照明に相応しい

マウントアーチの開発にも余念なく取り組んでいます。




hr019.jpg

pro1_001.jpg

39274462_2209702412598276_6649624975059714048_n.jpg


35151439_2143804169188101_5700185728013565952_n.jpg





この度、一新されたATLEDTiS HRシリーズはステンレス(一部アルミ)の美しさだけではなく吊り下げ方にも

拘った機能が備えられた最高級な照明システムとなっています。




hr014.jpg

hr015.jpg





基本的にPRO-Ⅰ用として開発されたハンギングシステムですが、大きさが異なる他社製品のライトでも

最適な位置に固定できる可動式となっています。(HR-601/901)

また、微妙なサイズ違いの水槽にもアジャストするよう支柱部分も可動式となっています。


本製品を利用する際の注意点として、ワイヤーキットはPRO-Ⅰに標準装備されていますが他メーカーの

照明で使用される場合はハンギングキット(税別1,800円)を別途にお買い求めください。






hr005.jpg

hr006.jpg





水槽固定部はサビに強いアルミ製で15㎜厚までに対応しています。

ユニークな形状の半円形には理由があり、水垂れを引き起こし難い構造になっています。

細部にわたって非常によく考えて作られていることが判りますね。





hr016.jpg

hr017.jpg




アーム部分にはATLEDTiSのロゴが刻印されています。

HR-601/901はアルミ製の丸型でスライド式、HR-1201はステンレス製の角型で固定式となります。


各種類のサイズ等は次のとおりです。




hr018.jpg





ステンレス製の支柱の高さは一定で変えることは出来ませんが、一応オーダーも出来るようです。

詳しくお知りになりたい方は弊社までお問い合せください。





hr012.jpg

hr013.jpg

hr011.jpg






ただいまJUNオンラインショップではPRO-Ⅰを特別価格にてご奉仕中です。

このステキなマウンティングシステムと一緒に水草水槽のコーディネイトを是非お楽しみください。



コーディネイトはこーでぃねいと・・・(笑)






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ








(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-08-31 : ATLEDTiS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

MICMOL AQUA CCの解説とか

aquacc-logo1.png




MICMOLからニューリリースされたAQUA CCは発売からちょうど1ヶ月が経過いたしました。

ほぼ全てのご購入者様からご満足とお喜びの反響がとても大きかったので再び取り上げさせて頂きます。




aqua-cc-008.jpg
スッキリとしたハングオンスタイルのAQUA CC





これまで有りそうで無かった小型水槽向けのシステムLEDライト。 もちろん複数並べれば大型水槽にも

対応することが可能です。

AQUA CCの特徴はとにかく薄くてシンプルでスタイリッシュ。 しかも小型水槽用にありがちな「明かり」

ではなく波長も明るさもしっかり兼ね備え、3つのチャンネル毎に色合いや明るさなどを自由自在に24時間

自動制御してくれるシステムLEDライトなのであります。


詳細は以前にご紹介させて頂きましたが水草のプロ目線でGRASSY AQUAさんが特集記事をアップ

して頂いてるようなので、こちらをご紹介させて頂きます。






grassy aqua top
GRASSY AQUA TOPページより





なお、AQUA CCなど弊社取扱製品の一部(現在は淡水・水草用のみ)はGRASSY AQUAさんの販売サイト

GRASSY SIDEからもご購入頂けます。


海水・サンゴ用は引き続きJUNオンラインショップよりどうぞ♪







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-08-30 : MICMOL : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

水草フェア開催中!


atledtis_logo.png





蛍光灯からLEDライトに変えて「何だかがっかり・・・」「水草がさっぱり映えない」などお嘆きされている方は

意外に多いんじゃないでしょうか?


そもそもLEDの素子には波長的に限界がありますので何種類かのLEDを組み合わせたりして足りない

波長を補って演色性を高めたりしています。

効率的に演色性を高めるにはRGB(グリーン・レッド・ブルー)を用いる手法が一般的ですが、ATLEDTiS

ではRGBの他にホワイトを加えたRGB-Wで超高演色のLEDライトを実現しています。



cree2.jpg






より多くの水草ファンに知ってもらいたいという思いで現在JUNオンラインショップでは水草フェアとして

ATLEDTiS製品を特別価格にて販売中です。

在庫の方が残り僅かとなっていますので今すぐ手にしたい方はお急ぎくださ~い。






pro1_001.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-08-28 : ATLEDTiS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

完売御礼! そして…

aquacc-logo1.png





昨日正午より開催のAQUA CC発売記念特別セールは先ほど完売となり終了させて頂きました。

ブログ上からですが新ためまして心より厚く御礼申し上げます。




DSC03861.jpg
新発売のMICMOL AQUA CC





そしてこの後は、恒例の割引きクーポンを明日正午より発行させて頂きます。

JUNオンラインショップの全商品が対象で期間は7月23~31日までとなります。

この機会をぜひお見逃しなく~♪





DSC03860.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-07-22 : MICMOL : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

続報2 AQUA CC Marine(海水・サンゴ編)

aquacc-logo1.png




Plantedタイプ(淡水・水草用)に引き続き、今回はMarineタイプのご紹介です。

外観等は前回記事にアップさせて頂きましたのでMarineタイプは性能のみとなります。




aqua-cc-019.jpg





こちらの方はwhiteチャンネル・Blueチャンネル・UV+RGBの3チャンネルで構成されています。

欲を言えばUVだけのチャンネルが有ればサンゴの種類に合わせて細かく設定できるのですが、これ

ばかりは仕様に限界がありますので止むを得ないところです。

まぁ、そこまで拘る方はもっと高級なシステムLEDをチョイスされると思いますのでミドルクラスとしては

これぐらいの機能があれば十分ですし、価格相応だと思います。


各チャンネルの配列構成、色合い、スペクトルは次のとおりです。

※測定方法は離隔30㎝にて計測しています。





① Ch white クールホワイト

DSC03846.jpg






撮り忘れました(汗;






CC_Marine_ch-1.jpg






② Ch Blue ロイヤルブルー

DSC03847.jpg
DSC03848.jpg
CC_Marine_ch-2.jpg







③ Ch Special スペシャル (UV+RGB-W)

DSC03850.jpg
DSC03849.jpg
CC_Marine_ch-3.jpg







Ch ALL 全チャンネル(100%)

DSC03844.jpg
DSC03843.jpg
CC_Marine_ch-all.jpg






Marineタイプに使用されているホワイトLEDはPlantedタイプとは異なり高ケルビンの青白い光になって

います。

メーカー公称値は12000k~16000kとなっていますが計測結果では19000kオーバーでした。


また、スペシャルチャンネルに使用されているDeep Red(660~665nm)は計測から630nmであることが

判明しました。

特に大きな問題ではありませんが、これにつきましては一度メーカーへ問い合わせてみます。


あともう一点、メーカーから発表されている本体サイズの記載につきまして誤りがありました。

記載されている本体サイズは295×80×10㎜とありますが、正しくは250×80×10㎜です。

したがいまし適用範囲も250~600㎜水槽に変更させて頂きました。


Marineタイプの総合評価は、LEDの配列と構成が改良されている分New Aqua Airより若干ですが

良くなっています。




Aqua cc 比較2





スペクトルグラフで比較すると判り易いですね。

スペシャルチャンネルで新たにViolet(410~415nm)が追加されUV帯域が強化されています。

全体的に照度もアップされていますのでAqua Airよりワンランク上の性能だと言えるでしょう。


先行予約分につきましては既にお届け済みですが、AQUA CCの発売を記念して




先着12名様に限り特別価格




                                                  をご用意させて頂きました。

ただし、Marineタイプのみとさせて頂きます。(お届けは今月末頃になります)

本日正午~予定数に達した時点で終了とさせて頂きますので予めご了承ください。








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


(C)2014-2018 JUN Corporation All rights reserved.

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2018-07-21 : MICMOL : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: