製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

性能を検証 CORONAが凄いかも!


rapid_led.png
corona3.png


アメリカで実績のある実装メーカーRapidLEDの最新型システムLED「CORONA」が到着しました。

RapidLED社の本業はスター基板などに実装したりドライバーやヒートシンク、レンズなどを販売している

会社ですからLEDのことを知り尽くした信頼あるメーカーであると言えます。

20170211001.png



その実装メーカーが手掛けた最新型システムLEDが「CORONA」です。

実装メーカーに外注しているアクア用LEDメーカーとは一味違うと思いますので当然ながら期待度は

それなりに大きいものがあります。


CORONAをコントロールするのはFishbitという専用のアプリをダウンロードすることから始まります。

とにかくこれまで使ってきた他メーカーのアプリとは次元が違います!

先ずはこちらの動画をご覧ください。








一番大きな違いはスマホなどネットワークに繋いだ状態で使えるところです。

いちいちWi-Fi接続をしなくても最初に設定すればFishbitのアプリを起動させるだけでOKです。


それと、プリインストールされているプログラムは6種類あります。

1. Kua Bay, Hawai
2. Apo Island, Philippines
3. Komodo, Indonesia
4. Buccoo Reef, Tobago
5. Great Barrier Reef, Australia
6. Taveuni, Fiji


う~~~ん、素晴らしい♪

マニュアルセッティングはムーンライトを含む6チャンネル方式です。


各チャンネルの波長などを測ってみましたが、1つ1つのLEDがズバ抜けて明るく、全点灯では横から

でも直視不能になりそうなぐらい眩しい輝きです。

レンズは80度レンズを採用されてるようですが中央60度角ぐらいが特に強そうです。

光のブレンド性はPixieのようなマルチチップには敵いませんがそれなりに満足出来るものになっています。

異色の赤と緑が1台に付き2個ずつですからさほど気にならない程度です。


アプリ操作はiosとAndroidの両方で試しましたがどちらも同じで問題なく使えました。


その他にもいろいろな使い方が出来そうなアプリですがそれはまた後日にゆっくり試しながらご報告

させて頂きます。


それでは各チャンネル毎のスペクトルと照度をご紹介させて頂きます。


計測地点の離隔は光源より30cmのセンターにて行っております。




Ch-1 ムーンライトチャンネル(CREE 450nm ロイヤルブルー×2)


20170211133737ef7.jpg

20170211133516c9b.jpg

corona moon




文字通りムーンライトとして使うチャンネルですがプログラムで設定する場合は他のチャンネルとON/OFF

が逆になっています。

他のチャンネルが点灯している時間帯には点かず、OFFタイムになってから点灯するようなプログラムが

初期に組み込まれています。

もちろん設定次第でオンタイムでもお使い頂けます。





Ch-2 ブルーチャンネル(CREE 435nm ディープブルー×8 CREE 465nmブルー×8)


201702111337271c4.jpg

201702111335273b.jpg

corona blue




2種類のブルーが混在しておりグラフを見ると410~500nmまでワイドな波長が出ています。

これはLPS/SPS問わずサンゴ育成に最も適している波長域なのでこのチャンネルがメインで活躍して

くれそうな感じがします。

次にご紹介するホワイトのピーク波長が450nmなので、2種類のブルーはこの波長を挟み込むように考え

られているのでロイヤルブルー(450nm)はわざと外したのでしょう。流石です!





Ch-3 ホワイトチャンネル(CREE XP-G2×10)


201702111337171dc.jpg

2017021113353882w.jpg

corona white




このホワイトLEDはお馴染みのCREE XP-G2が使われています。

一般的な白LEDに比べ500nm付近の凹みが少なく、ホワイト10発で3万Lux近くまで叩き出すスグレモノ

です。

平均演色評価数はRa81と平凡ですが、まぁ普通はこんなもんでしょう。

他のチャンネルにR・G・Bが含まれていますので演色性に関してはここで拘る必要がありませんね。





Ch-4 UVチャンネル(Semi Violet UV×4 Semi Hyper Violet×4)


20170211133705bf7.jpg

2017021113354810uv.jpg

corona UV




一応UVチャンネルとなっていますが420nmバイオレットがメインになっています。

このバイオレットの波長はオージーサンゴなどにとても効果的で400UVより重宝されているようです。

波長は400~460付近まで広域に出ているようで、これはおおそらくHyper Violetの効果だと思います。

RapidLEDはサンゴに必要な波長をよく研究されていると思いますのでPixieの時のようにオリジナルは

必要無さそうです。





Ch-5 レッドチャンネル(CREE XP-E Photo Red×2)


20170211133651f5d.jpg

20170211133628fbr.jpg

corona Red




出ました! 光合成第二必要波長である660nmがきっちりと出ています。

使われている素子はCREE Photo Redというタイプで写真を撮る時などに自然な赤みを映し出すために

作られたLEDです。

一般的な赤は630nmで少し朱色掛かった赤色ですがこのPhoto Redは真っ赤です。

これは水草なんかにも非常に効果的じゃないかと思います。

日の出・日没の夕焼けとかの演出にも綺麗に出そうな感じですね♪

たった2個ですが強烈な発光をしています。





Ch-6 グリーンチャンネル(CREE 520nm Green×2)


201702111336191b6.jpg

201702111336079fgr.jpg

corona green





最後はグリーンです。

CREEのグリーンがこんなにも広帯域だとは気付きませんでした。

460~610nm付近まで出ていますね。

出来ればここだけはLimeかCyanの方がベストだったかも知れませんね。

これに関してはまたLapidLEDと協議していきたいと思ってます。





Ch-All オールチャンネル(全点灯100%)


2017021113374791a.jpg

2017021113350403w.jpg

corona All




露光時間6ms

言っときますけど不正してませんよ(笑)

離隔30㎝で何度計ってもこれしか出ません。


ちなみに離隔45㎝がこちら ↓



corona All45




どこぞのお偉い方が何か指摘されていたようですが、強烈な光の下では離しても6msでしか測れません。

それにしましても離隔45㎝で3万Lux超えとは驚きです。

Pixieとは正反対にパシッとした強烈な光を放っております。

これが良いのか悪いのかは実際サンゴに聞いてみないと分りません。

まぁ、それは別として非常に優れたスペクトルになっていますので現時点ではトップクラスに君臨する

ことは間違いないと思います。


ちなみにメーカー発表のPAR値はこちら ↓



PAR_graph_24.jpg




このグラフは離隔60㎝のものです。

フツーはそこまで離しませので実際にはもっと強烈なPAR値になると思います。

そして、このような高性能にも関わらず温度感知式クーリングファンの音は非常に静かです。

Pixieのサイレントファンよりも静かだと思います。

常に比較するのは同クラスのPixieですが、CORONAやはり期待以上のものがありそうです。


ところで困った事が一つだけあります。

どの箱を開けても電源のコンセントケーブルが見つかりません。

これは日本仕様のコンセントケーブルを自分で見つけろって事でしょうか?(笑)




IMG_5268_rev1.png







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-11 : RapidLED : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

CORONA 最新情報!


rapid_led.png
corona2.png




PCトラブルで暫く更新できていませんでした。スミマセン


初の試みとして販売させて頂いた「2017年福袋」はお蔭様をもちまして昨日に完売となりました。

いつも本当に有難うございます。

お届けは2月中旬頃となりますのでどうぞ楽しみにお待ちくださいませ。


この期間中に日本初上陸となるRapidLED CORONAについてたくさんの質問とご要望を頂きました。

残念ながらまだサンプルが届いておりませんので波長やPAR値などの詳しい実測は出来ていません。


メーカー発表によるPAR値は次の通りです。




PAR_graph_CORONA.jpg
CORONA 離隔60㎝のPAR値 (メーカーサイトより転載)





もしもこのグラフがリアルであるならば相当ヤバイかも知れませんよw

Pixie G2 PROやAtlantik V3+を軽く凌ぐ値となっており、某メーカーG4も軽々と超えています。

ちなみに出力は190W(120W駆動/Max)です。


少しググれば海外の情報がいくつかヒットします。

その中でも水中で測定したPAR値が載っているサイトがありました。




20160626_133118 re markings

rapidled corona par
Reef Central 「Just got my Rapid LED Corona lights!」より転載





これを見る限りではかなりイイ線行ってるんじゃないでしょうか?

何が良いかと言いますと、センターは別として両サイドの離れた地点でもPAR値はあまり下がっていません。

言い換えれば中央だけに集中せずかなり広角ワイドでありながら十分なPAR値があるので、水槽を全面に

利用出来る可能性が高いという事になります。

水中計測なので水の透明度によっては多少異なるかも知れませんが・・・。




20160626_130747.jpg





この水槽は1200×450×600㎜ですが2台でまかなえる程のパワーがありそうですね♪

波長とかは搭載されてる素子から想像するとほぼフルスペクトルになっていますので、6つのチャンネル

を調整することで浅場~深場&LPSまで幅広くお使い頂けると思います。

それよりもこれだけのPAR値があれば波長なんてあまり気にする事なくSPSにチャレンジ出来ますね!



今回の福袋用と一緒にあと何台かは一緒に入ってくる予定ですので興味ある方はお問い合せください。

もしかすると○秘価格でご提供できるかも知れませんよ(笑)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-01-13 : RapidLED : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新型システムLEDライト『CORONA』間もなく上陸!


rapid_led.png
corona2.png




間もなくカリフォルニアのRapidLEDから届く予定のNano Boxですが、実はもう一つ別の製品サンプル

も届きます。


それがこのCORONAという120WタイプのシステムLEDライトです。

ようやく日本での販売権を頂きましたのでご紹介出来るようになりましたw




13620169_1758729377728341_9090866856050338199_n.jpg




サイズ的にはPixie G2 PROとほぼ同じでWi-Fi受信器内臓のワイヤレスコントロール仕様となっており、

CREE & SemiLEDsが搭載された上位モデルです。

5チャンネル方式+ムーンライトで細かい色(波長)の設定が可能となっています。




rapidled-corona-aquarium-light-1.jpg

rapidled-corona-aquarium-light-2.jpg
画像はreef buildersより





発売は12月10日の予定で、詳しい内容につきましてはサンプルが届き次第にご紹介させて頂きます。


一先ずはこちらのPVでお楽しみください♪




※音楽が流れますのでご注意ください!






つづく・・・。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-11-20 : RapidLED : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

お洒落に遊ぼう! Nano Box

rapid_led.png

nanobox_logo1.png



昨日に記事アップしたPapidLED社のNano Boxについてもう少し詳しくご紹介させて頂きます。



nano-box-reef-led-spectrum.jpg




1ユニットあたり7種類の3WタイプLEDが13個並んでおり出力は30Wになります。

Wi-Fiによるワイヤレスコントロールで4チャンネル24時間プログラム制御が可能です。


nanobox11.png





LEDのタイプとしては1種類だけですが淡水・水草~海水・サンゴまでお使いいただけます。


28088582963_324c035c18_z.jpg





軽量コンパクトなボディーは127 x 76 x 32㎜で自由に曲げられるグースネックホルダーが標準装備です。

オプションでワイヤー吊り下げ用のハンギングキットなどもあります。


nanobox4.jpg





照射範囲は45キューブぐらいまでが標準で、このあとご紹介するDuoなら60ワイド、Quadで90~120ワイド

となっています。

ただ、最初は一番小さい『Tide』というタイプのみでスタートする予定で、その他のDuo/Quad/Wide

につきましてはオーダー制となります。


nanoboxduo1.jpg

nanoboxquad1.jpg

nanoboxwide1.jpg





機能と性能だけを見れば目新しいとは感じませんが、私が気に入ったのはコンパクトであることとボディー

やトップカバーのカラーが自由に変えられるところです。


nanobox5.jpg

nanobox6.jpg





Vividカラーのスケルトンやナチュラルウッドタイプもあります。


nanobox7.jpg





どこまでストックできるか分りませんが「組み合わせ自由!」を売りにしたいと思っています。

これまでとは一味違った遊び心満載なLEDライトになりそうですね♪




29565490520_9024b73e9c_z.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-11-13 : RapidLED : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: