製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

Plant (淡水・水草)LED 祭り!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




今年からは淡水・水草用の製品に力を入れていくと断言しておりまして、先ずはPixie/ASTAのPlant

モデルを本日から特別価格でのご提供を開始させて頂きました。




14344695_1688775758050046_3548080029373638473_n.jpg





Pixie/ASTAのPlantモデルには淡水・水草専用に開発されたCOB LEDチップが搭載されており、3種類の

ホワイトLED+RGBの組み合わせで構成されています。


各チャンネル毎の色合いや波長につきましては過去記事の方でご確認ください。


過去記事 ピクシー淡水・水草モデルを検証!




なお、別売のPixie専用ルーバーですが、製造が思っていた以上に遅れており多くの皆様にご迷惑を

お掛けいたしており真に申し訳けございません。

まもなく出来上がってくるとの連絡を受けておりますので恐れ入りますがもう暫くお待ちください。


それと、ATLEDTiSの新型LED「PRO-Ⅰ」は本日に到着予定で、集荷時間までに間に合えば本日発送

させて頂きます。

発送完了後は個別に発送のご案内をお送りさせて頂きます。





20170117003.jpg

20170117002.jpg

20170117001.jpg






海外ではASTA-120 Plantがかなりメジャーになってきているようです。

水草用として開発された3種類のホワイト+RGBのCOB LEDチップは非常に理に適った光合成理論に

基づいたものであり、観賞的にもすごく美しく包み込むような暖かみがあります。


COBチップならではのブレンド性は直進性が強いLEDの概念を払拭し、メタハラのような輝きを放つ

唯一のLEDライトではないかと思います。

そう考えると水草でも調光できるT5はアリかな・・・w





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-01-19 : Lumini : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixie G2 PRO Masterとか

lumini_07.png
pixie_logo7.png




Pixie/ASTAシリーズは別売のMaster Controllerを常時稼動させていなければプログラムコントロールで

稼動させることが出来ません。

また、他の2.4G機器などによる影響を受ける可能性もあります。

そこで考えたのはMaster Controllerを無くし本体ユニットに直接アクセス出来るよう2.4Gを組み込んだ

マスターユニットを開発しようという事で現在メーカーと最終調整を行っているところであります。


実はこの件に関しましては130R3を発売する時からビルトイン方式に出来ないのかという質問を投げて

おりまして、当時メーカーからの回答はコストが掛かり過ぎるという理由で却下されていました。

それに取引を始めたばかりで何の実績も無く強く言うことが出来ませんでした。

ただ、量販していく中で2.4Gを使ったMaster Controllerの方式には限界があることが判明し、根本的な

見直しが迫られる中においてメーカーもようやく重い腰を上げる決断が出来たように思えます。


Wi-Fiを本体ユニットにビルトインさせるに当ってはヒートシンクの形状や制御基板も作り変える必要が

ありますのでそう簡単な話しではありません。

また、これら開発にかかる費用を弊社に負担するよう求められたりするなど色々な障壁がありますので

話はなかなかすんなりとは進みませんが何とか実現に向けて動いております。


まぁ、早い話が既にこれらを実現させているのがPapidLEDのCORONAなんですけどね~w

だけど今のところやっぱりオリジナルLEDを搭載したPixie G2 PROが波長を操作する上で一番使い易くて

便利だと思います。


現在、実験水槽で使ってるPixieのプログラムはこんな感じです ↓



20170114174717df9.png





ハッキリ言って見た目的には明るくありませんが、このプログラムにしてからサンゴの調子が一気に

上がってきて日々色濃くなっているのが実感できています。

詳細は、CH-1 73% / CH-2 70% / CH-3 40% / CH-4 47%

全体の総出力は57%で以前に比べて約15%ほどダウンさせています。

これまでの設定が相当強かったのかも知れませんね。


このLEDを生かすためにも何とかPixie本体の機能を今後も考え続けて行きたいと思います。





14202501_1761337427440757_6433197391941441951_n.png





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-01-14 : Lumini : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

ユーザーレビュー!サンゴの成長と色揚がり

13876428_320351788297213_4685890388103649073_n.jpg





昨年末に開催させて頂きましたLuminiクリスマスセールのイベントでASTA-120(オリジナルLED)を

ご購入頂きましたユーザー様から有り難いレビューを頂きましたのでご紹介させて頂きます。


こちらのユーザー様は以前にMICMOL New Aqua Airをご購入頂いており、45㎝のサンゴ水槽でスポット

LEDと併用してお使い頂いておりましたが維持は出来るものの成長と色揚がりがもう一つという事でご相談

頂いておりました。




image20161210.jpg
New Aqua Air + スポットLEDの全景(福岡県 K様)





ちょうどその時にお買い得なクリスマスイベント期間中でしたのでASTA-120をご購入頂きました。

私からのアドバイスとしては、強い照明に変わるので水面から30㎝以上離すことと最初の1週間は最大

でも50%以下(ホワイトは30%以下)からスタートして頂くことをお勧めさせて頂きました。


商品をお届けしてから2週間が過ぎたぐらいでしょうか、K様より突然メールを頂きました。

また何かトラブル発生か?w と恐る恐るメールを開くと「真っ白に…」という文字が飛び込んできました!


内容はこのような感じです。(K様談)


件名:お礼 asta120の件

ご教示いただいたとおり、最初は出力を抑えて徐々に強めたところ、一番大きいミドリイシの先端全てが

成長点で真っ白になりました!照明を変えただけでここまで変わるとは感動です。

しばらくこの状態を維持して様子を見たいと思います。良い買い物ができ、ありがとうございました。





こちらこそ、どうもありがとうございました。


よく読み返すと「成長点で真っ白」という事が判り一安心♪

アドバイス通りに弱目からスタートして頂いたので照明の切り替えがうまく行ったのでしょうね。

「SPSには強い光」という過去の神話で最初からガンガンやってたら今頃は・・・w



成長点で真っ白になったというサンゴがこちら ↓



IMG_20170107001.jpg

IMG_20170107002.jpg





成長点からもしっかりとポリプが出ているのがよく判ります。

照明の効果が多少有ったのかも知れませんが、水質が良くなければポリプは出ません。

また、光が強すぎてもダメですので照明と添加剤は控えめがちょうど良い感じだと思います。

このようにポリプを出しながら成長が見られるようになれば本当に少しずつ(2~3%程度)出力を上げて

行くと更に色揚がりしていくと思います。


水槽環境や水質、あるいはサンゴの調子などによって最適な照明の強さなどは様々ですが、とにかく弱め

からスタートして頂くと間違いないでしょう。

最新のLEDライトはとにかくハイパワーですので見た目の明るさに惑わされる事なく慎重な扱いが重要。

特にPixie/ASTAのオリジナルLED仕様は各チャンネル毎の役割が明確ですから波長の持つ意味をしっか

りと理解しながら調整してみてください。



迷った時は過去記事の「最強のLEDライトが誕生します!」を参照してみてください。




実験水槽の方はまだリセット出来ておりませんがスギノキの方は茶褐色の褐虫藻が抜けてきて徐々に

青味が増して来ました♪





20161226005.jpg
2016年12月26日撮影


↓    ↓    ↓



20170108005.jpg
2017年1月8日現在





多少はチャンネルの調光加減の影響はありますが、肉眼でハッキリと違いを確認しています。

また、グリーンもさらに色濃くなって来たようです。




20170108002.jpg





強制的な色揚げ目的で意図的に褐虫藻を飛ばしたので今は全くポリプが咲かない・・・


でも元気!(笑)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-01-08 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixieの問題に関する回答

lumini_07.png
pixie_logo7.png



G2 PROにてほぼ改善された不具合ですが、一部の方にはまだ何らかの不具合があるようなことを

コメントにて頂きましたのでここにまとめて回答させて頂きます。


先ず始めに現状を申し上げますと、不具合による修理等の申し出は現在のところ0件で、問題等がある

場合は出来る限り即時全てお答えし改善されない場合には部品の交換などを実施させて頂いております。

もし未だお済でない方がおられましたらどんな事でもご質問ください。


問題となっている不具合の一番多い例で申し上げますと、急に明るくなったり暗くなったりするという現象

が起きることです。

HISEAのようにLED自体が不点灯になるといった問題は現在のところ1件のみです。


は何故このような問題が発生するのかと申しますと、Pixieは全てMaster Controllerからワイヤレス

制御(2.4Gによる周波数でWi-Fi)にて電波を飛ばし本体に伝えています。

ただ昨今の家電等にも同周波数のワイヤレス機器が多数存在していますので、その影響受けて誤作動

のような症状が発生するというものです。

ですから、出来るだけ影響を受けないようにMaster Controllerの位置などを変えていただくが、逆に他の

ワイヤレス製品の位置を変えて頂くを事をお願いしておりますが、それでも数日に一度はその影響を受け

て誤作動するようです。


日もあるユーザー様から同様の不具合を頂いておりまして、制御基板の交換などもさせて頂きました

が改善せず色々とアドバイスなどをさせて頂いた結果、近くにある電話機を疑い位置を変更して頂いたところ

不具合が解消された例もございます。


その他にもMaster Controllerの位置などを近づけたり遠避けたりして解消する場合もございます。

実際には本体やMaster Controllerなど製品の不具合ではなく、環境などによる影響がほとんどです。

稀に制御基盤に不具合が発生することもありましたが、現在はそれも改善されています。



んな事はあまり表に出して言いたくない事ですが一応一つの例として申し上げますと、出力が全く

上がらなくなったと言ったクレームがございました。

アプリで出力を上げてもすぐにダウンしてしまうという症状です。

Pixieにはクーリングファンと連動して異常がある場合には自動的に出力を抑制する安全機能が装備

されております。

ファンの不具合は目視出来にくいので、高温のまま点灯し続けるとLEDチップや制御基板に支障をきたす

原因となりますので15%以上は上がらない設計になっています。


今回の場合、片方のファンが何故か油っぽくホコリが付き易くなっていたため、そのホコリのカタマリで

始動出来ず止まっていたのが原因でした。

弊社に戻され綿棒で軽くクリーニングしたところ正常に回りだし、出力もダウンすることなく点灯しました。



しかしながら、このような事でも全て対応するのが販売者としての責任だと思いますが、往復の送料だけ

でも2~3回繰り返せば利益は吹っ飛びます。

だからこそ初期対応の場合におきましても先ずはご確認と推奨される改善方法をお伝えさせて頂いてます。

それでも改善されない場合は送り返して頂く事になるのですが、先にも述べさせて頂いたとおり他の機器に

よる影響の場合は、弊社で不具合が発生しませんので直しようがないといったところが本音です。

それでも少しは改善されるかと思い制御基板を新しいものに交換させて頂いてます。


弊社の実験水槽に使っている2台のPixieは全てそのような不具合が改善されないとして交換させて頂いた

製品を使用していますが、ここではその不具合もほとんど出ません。

「ほとんど」と言うのは全くと言うことではなく、1~2回ありました。


ここにも2.4G製品を多数使用していますので、時々ですがその影響が現れるのだと思います。

ワイヤレス製品は便利な反面、こうした混線などのトラブルを起こしやすいのもデメリットとしてございますが、

設置場所などを少し考慮して頂く事によりたいへんスムーズになることもあります。


根本から改善しようと思えば2.4G方式を変更することが一番だと思うのですが、これもまたコスト面に跳ね

返って来ますのでそう簡単な話しではありません。



ともあれ何らかの不具合がございました時はいつでもお気軽にお問い合せください。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-27 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

光のサプリメント!

lumini_07.png
pixie_logo7.png




実験水槽はリセット後から2ヶ月ほど経過しており、スキマー汚泥のぶちまけなど色々ございましたが

ようやく水質が「並み」になってきましたw

SPSにとってはまだまだ良い環境じゃないかもしれませんが一先ず山を乗り越えたような感じです。


少しずつ石灰藻もちらほらと見られるようになってきました。

でもコケは一旦全撤去しないとどうにもなりませんので近日中にプチリセットしようと思ってます。

いまはちょこちょこ取り除く事もやめ、塊にして一気に廃棄する予定です。

その為、少々お見苦しい画像となっております・・・(汗;





20161226006.jpg





何とか残ったサンゴは順調に色を取り戻しつつあります。

水質がある程度「並み」位までになればサンゴは一気に変化していきます。


元々茶系だったスギノキのようなサンゴは日を追うごとに茶褐色が抜け、ブルーに向かっているようです。




20161226005.jpg





PixieオリジナルLEDの調整は毎日少しずつ変えたり、時には大きく変えたりと手探り状態のような感じで

試しておりましたが、水質さえある程度の状態になればさほど神経質になる必要も無い事がわかりました。


蛍光色を揚げるにはUV系のCh-3を、赤~ピンクを揚げるにはCh-1のシアン系を強めにすればすぐに

反応してくれます。

ほんの3日もあればその変化に気付くはずです。


でも水質がダメだと何をしても無駄と言うことが言えると思います。

極端に言えば水が出来てない時には添加剤も効果なし・・・と言ったところでしょうねw



現在の設定はこんな感じです。




201612261643261b4.png





Ch-3のUV・バイオレットをかなり高めにして青と緑を揚げに行ってます。

褐虫藻を少し飛ばす目的もあり、そうすることによって全体が明るい色合いに変わっていきます。


成長モードに入ればCh-4のホワイトも少しずつ上げていきます。


こんな感じに操れるのはPixieのオリジナルLEDならではだと思います。

チャンネル毎に目的を明確することが出来ますで日々の変化がとても楽しいですよ♪


これぞ 光のサプリメント! ですね~w







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-26 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: