製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

迷信!赤を濃くするのは強い光?

flat1_15.png




赤系水草はLEDでキレイに育つのか?



今やネットの情報って縦横無尽にあり検索すれば何でも出てくる便利な世の中になりました。

しかし私はその内容について常に信憑性を疑うことから始めるようにしています。

もちろんその多くは信頼できる情報だと信じていますが、中には迷信や風評など間違った情報が錯乱

していることも事実です。


何故こんな事を書いているのかと申しますと、アクアリウムの世界はあくまで趣味ですから研究機関に

よる正確な情報が少なく未知の部分が多く残されており、専門分野といえば経験豊富なショップさんや

農作物の研究を事例としたものを引用されているのが通例のようです。

大まかには間違いではないものの、そのため個々の見解に多少の差が有るように思えます。


私がアクアリウムを始めた頃はネットなどの通信網はなく、専門誌あるいはショップさんのアドバイスだけ

が頼りで見様見真似を繰り返し、気付けば30年以上も経っておりました(汗;

長くやってれば偉いのかという事ではなく、そのため全てが自分で試した経験値となって残っておりますの

で少なからずともネットの情報を鵜呑みにするような事はほとんどありません。

ここで私が書かせて頂いているのもネット情報の一つとして参考にして頂ければと思っています。



flat1_19.png





イトルにありました通り、赤系の水草をより濃くする方法としてネットで検索するとそのほとんどは

アントシアニンに由来するものであると記されている方が多数を占めています。

私もその意見を支持しています。

ではそのアントシアニンを生成する過程における光合成の役割として強い光が効果的であるといった

意見も多数あります。

これにつきましては大きな誤解があるように思えます。

アントシアニンの生成を促進するのは強い光ではなく有効な光(波長)であるということです。

有効な波長を含まない光源の場合、強くしてもあまり効果を得ることが出来ません。

また多少の有効な波長が含まれる光源であれば強くすることにより若干は効果的だと思いますが、それ

と同時にコケ類も促進してしまいますので賢いやり方ではありません。


単に申し上げますと、UVAを含む青と赤の光がアントシアニン生成に最も効果的だということです。

この光の波長が含まれるものは太陽光でありメタハラ(種類により多少誤差あり)であったりするわけで

ありますが、LEDライトに限っては製品によりかなり差が激しいので効果的なものを選ぶしかありません。

先にも述べさせて頂いたとおり、有効な波長があまり含まれていない製品ではいくら足して明るくしても

効果が得られないことになります。


そして最も効果的なのは適度なUVAが含まれる光であることが様々な実験結果から立証されています。

これにつきましては「アントシアニン 生成」などで検索して頂けますとたくさんヒットしますのであえてここに

文献などは掲載いたしません。


弊社でもこれにつきましては発売しているLED製品の性能を実際に使って検証なども行っています。

こちらはATLEDTiS Cookieを使ったテスト結果です。



cookie_001.jpg




初使用されていた照明より照度は低いにも関わらず赤色はより濃くなってきました。

理由はアントシアニンの生成に有効な波長が揃ったLEDライトだったからです。

有効でない波長の光はいくら強くても無駄であることがお解かり頂けると思います。

この事から私は「赤色には単に強い光が必要」という定説をきっぱりと否定させて頂きたいと思います。


ATLEDTiS Cookieは水草専用に特化した高演色LEDですから必要な波長がバランスよく配合されており

アントシアニン生成など光合成のメカニズムを科学的に研究された製品となっています。


また、ONFのFLAT ONEも同様にUV域~ディープレッドに至るまで広範囲なスペクトルを実現した製品です

から非常に理に適ったアクアリウム専用のLEDライトになっています。



いろんなメーカーさんからLEDライトが発売されています。

中には堂々と『水草用』あるいは『サンゴ用』と書かれているものもあるようですが、ネット情報なども含め

本質的な部分を見分ける力を養って頂けるところでご参考になれば幸いかと思います。




12823502_1131303696901656_8154125879857301078_o.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-04-18 : ONF : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

FLAT ONE ドイツデビュー!


flat1_15.png




最上級のマテリアルでお出迎え!



ONFのFLAT ONEは欧州へ進出しドイツでデビューを飾りしました。

新作のラインナップに加え吊り下げタイプも展示されています。



999510_1270110943006171_7488713328965788943_n.jpg




5月に開催されるInter zooを見越してのリハーサルでしょうか、シンプルな展示がいかにもONFっぽい

感じです。

アクアリウムというよりはインテリアのショールームみたいですね。


近日に発表される『Square+』も・・・。



984112_1270110963006169_9136542449463126452_n.jpg





日本でもこのようにスマートな感じの展示が出来れば良いですね。

現在、日本で展示していただいてるのは唯一アクア・テイラーズ本店さんです。

店内のお洒落な雰囲気がFLAT ONEを惹きたててくれています。


今のところ完全オーダー制になっていますがご注文を頂ければ3~5日ほどでお手元に届きます。

45と90㎝サイズも間もなく販売を開始する予定です。



1606475_1131303946901631_1078430632876797909_2.png




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-03-25 : ONF : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

FLAT ONE Debut 先ずは水草対決!


flat1_15.png




第1ラウンド アクアスカイ602



アクア界初となる面発光型システムLEDライト『FLAT ONE』がメジャーデビューを果たしました。

舞台となるのは関西屈指のアクアショップのひとつでもあるアクア・テイラーズさんです。



20151120019.jpg





FLAT ONEは淡水・水草~海水・サンゴまで1台でオールマイティーな役割を果たすスグレモノで照明として

だけではなくアプリによるフィッシュノート機能と連動して自分だけのオリジナル図鑑としても楽しむことが

出来る新しいスタイルを創造するマルチユニットとして注目されています。




1457136473-3408293169.jpg





淡水と海水のどちらにも使えるFLAT ONEですが、先ずは水草水槽に設置させて頂きました。

定期的に場所を変え、海水・サンゴ水槽への設置も予定しておりますのでお楽しみに♪


事なことなのでもう一度言いますが、淡水と海水のどちらにも使える贅沢な仕様となっています。

通常は青色のチャンネルを強めると海水で、白チャンネルを強めると淡水などの調光を行いますがこの製品

はどちらを強めても全て100%の出力が出せる仕組みになっています。

つまりは色合いなどを決定する調光機能と照度を決定するボリュームとが別になっていると言うことなのです。

100Wのタイプでも青白LEDが半々なら50Wずつという事になりますよね。

FLAT ONEは青だけでも70W、白だけでも70W、青白半々でも70Wのパワーを出すことが出来るのです。

何気に見過ごしそうですが、実はこれって本当にすごい仕組みだと思います。

こういったところが面発光技術の利点なのでしょうね。



flat1_9.jpg




水草水槽への設置にあたり、先に使われていたのがADAさんのアクアスカイ602(60Wタイプ)。

発売以来水草の世界では圧倒的な支持を集めている超人気機種ですが、ついででしたので交換する前に

画像を撮ってFLAT ONEと比較させて頂きました。




201603160015.jpg




さすが世界のADAさんです。 

きちんと測定はしませんでしたが見た目の明るさは圧倒的にアクアスカイ602に軍配が上がりました。

ちょっと明る過ぎるぐらいでこれは反則ですよADAさん(笑)

まぁ、どうせ比べるならショボイものより水草用LEDで世界一?を誇る製品と対決するぐらいのことをしないと

皆さん納得しませんよね~w


もご安心ください。

FLAT ONEの方も現在の白色カバーをクリアータイプに変えればかなり良い勝負が出来ると思います。

もし出来上がればもう一度チャレンジしてみたいと思ってます。


アクアスカイには海水用がありませんのであえて相手の土俵である水草水槽に挑んでみましたがこれは

ちょっと無謀でしたね。

ただ成長とか色揚がりなどといった本当の意味での性能は果たしてどうなのでしょうか?

見た目の明るさだけでは何も判断出来ないと思いますので今後の経過に注目していきたいと思います。



次回はマリンアクアで人気を誇る同クラスのあの機種と対決してみたいと思ってます。


乞うご期待を!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-03-18 : ONF : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

FLAT ONEを検証!上級編

FLATONE_03.png


onf_2.png




機能を探る!



数回にわたりご紹介させて頂きましたFLAT ONEですが、今回はスマホやタブレットでプログラムなどを設定

するワイヤレスコントロールについてお伝えしていきたいと思います。


ワイヤレスコントロールの方式には大きく分けて3つあります。

① テレビやエアコンなどでおなじみ赤外線通信のリモコン

② 最近多くのシステムLEDライトで使用されてる無線LANを使ったWi-Fi

③ スマホやゲーム機など多くのデジタル機器に使用されてる近距離無線のBluetooth



それぞれ一長一短ありますが、FLAT ONEは最後のBluetoothを利用した無線コントロールになります。


bluetooth.png




システムはAndroidとiosの両方に対応しています。

Androidの場合、メーカーが推奨しているのは4.4.4以降となっています。

でも私のスマホは4.3ですが普通に問題なく作動することを確認しています。

iosシステムはiPhoneやiPodで動作確認済みですがiPadを持っていませんので確認しておりません。



などとは言っておられませんよね!



販売する以上、全てをしっかり把握するのは当たり前ですし動作確認も必要です。

と言うわけで私はこれを機にタブレットをゲットいたしました。



201603120839161e0.jpg




Air 2です♪

これで利用可能な機種は全て揃いました。

ご購入後のアフターケアによるカスタマーサービスもさらに充実できると思います。


Orphekからまだ正式発表されてませんが、最新型のAtlantik V3 Plusもiosシステムを導入してますので

Air2の活躍が期待されるところです。

V3 Plusは未発表にも関わらず既に多くのお客様からご注文を頂いており、近日に大量入荷する予定と

なっています。

入荷後には皆様が あっ! と驚くサプライズがもしかすると起きるかも・・・です(笑)


これが実現すると世界中のアクアリストから大注目の脚光を浴びること間違いないでしょうね~♪


LED史上最高峰となる390W(約250W駆動)のウルトラパワーが間もなく炸裂します!




え~~っと話しはFLAT ONEに戻りまして、ワイヤレスコントロールで制御できる機能をご紹介します。

基本的にはチャンネル調光可能なタイマープログラムがメインの機能ですが、水槽や生体を画像で管理

できるフィッシュノートなどがあります。



2016031208403600d.png




先ずは製品付属の説明書にあるQRコードを読み取りFLAT ONEのアプリを入手します。

次に端末機器のBluetoothをONにしてからアプリを開くとすぐに接続することが出来ます。

この時にFLAT ONE本体の電源が入っていなければ読み取ることが出来ませんのでご注意ください。

この手によくあるパスワードの設定など面倒な作業は一切ありません。

アプリを開くことで自動認識しペアリングすることが出来ます。


だ、海外製品には接続や設定などに関する説明書的なものは一切ありませんので手探りで感を頼り

に進めなければなりません。

解らないことがあればすぐメーカー担当者とラインで問い合わせしながら一つ一つ解決していきます。

特に難しいことは無いので全てを把握するまでそんなに時間は掛かりませんが、これを販売するためには

詳しい内容の説明書を作成する必要があります。

単純にON/OFFだけの機能であればそこまで必要とはしませんが、HISEAやMICMOLなどプログラム

システムを搭載した製品は使い方が解らなければ点灯させることも出来ません。

これを作成する時間と労力は経験した人でないと分らないぐらい結構たいへんです(笑)


近では個人輸入も盛んで安くなると言った理由だけでこの手の製品を買ってしまうと使い方も解らず

痛い目に合うことがあります。

実際に時々ですがこういった方々から問い合わせを頂くこともあります。

ほとんどの代理店では国内正規品以外の客は相手にしないようですが、これは自社販売品を守るための

手段として当然の対応だと思います。

でも私はメーカーの代理店としての立場なわけですから例えそれが並行物であってもメーカー品には違い

ないので適時対応するようにしております。

だからと言って容認しているわけではなく、サービスの一環として考えています。

例えば日本語の説明書が欲しいと言われれば喜んでお送りさせて頂きますが無料で差し上げるようなこと

は出来ません。 

説明書といえどもそれなりの経費が掛かっていますので、あくまで対価をご請求させて頂いてます。


代理店とは販売することだけが目的ではなくメーカーの地域サービス的な役割も担っていますので、鼻から

門前払いするのではなくきちんとご説明しご納得いただく事が必要だと思っています。



2016031208411574a.png




タイマープログラムの設定にはこのように3種類のモードがあります。

① 任意の設定が可能なマニュアルモード

② 点灯と消灯の時間を決めるだけで自動制御可能なナチュラルモード

③ 複数の水槽を一元管理するグループモード


マニュアルモードはチャンネル調光や照度などを自由に設定したプログラムで稼動させることが出来ます。



12549100_1230459463637986_290903551059455038_n.jpg
マニュアルモードの一例




このマニュアルモードですが、青と白のチャンネルは比率で変更することが出来ます。

つまり照度を100%にすると比率だけが変わり常に100%で稼動させることが出来ます。

例えば青100%にすると必然的に白は0%になりますが出力は100%なのです。

一方、他メーカーの製品ですと青を100%、白を0%にすると出力は50%しか出ない計算になります。

100%の出力を保つには青も白も全てのチャンネルを100%にしないと出ないのです。


FLAT ONEの場合はこのような減退方式じゃなく比率方式ですから照度と調光が別々に制御出来るので

どんな色合いでも出力は100%をキープさせることが可能となっています。

少し解り難いと思いますが、これってある意味凄くないですか?

些細なことかも知れませんが私はとても画期的だと思いました。


ですので上の画像にあるグラフは出力表ではなく色合いを示す表になっています。

なお、この比率は5%刻みで設定できるようになっており、最大70Wの出力ですが調光によるロスなどもあり

ませんのでその性能は如何なく発揮されるものと思います。




12376392_1230459440304655_6532278531426552467_n.jpg
ナチュラルモードの一例





ナチュラルモードは調光の色合いを比率で決めてしまえばあとは点灯と消灯時間を設定すればAUTOと

表示され自動制御で稼動させることが出来ます。

設定は非常に簡単ですが同じ色彩で照度変化のみとなりますので青い水景が必要ない水草水槽などで

利用すると便利かも知れませんね。

システムLEDライトとしての醍醐味は少し薄れますが初心者向きで簡単ですからこれもありかと思います。


このようにマニュアルモードやナチュラルモードで設定した内容を個別に記憶させ一元管理する時に使う

のがグループモードとなります。

解りやすいように水槽画像を撮って表紙にし、素早く呼び出して現在の設定内容の確認や変更をすること

が出来る機能です。




20160313113427727.png
フィッシュリストの一例




飼育している生体を写真に撮り画像などで管理するフィッシュリストを実際に使ってみました。

これは携帯のギャラリー画像を使ってをリストアップしたものです。

その場で撮っても良いですし、このように以前に撮っておいた画像を使ったりすることも出来ます。

以前に撮ったものであれば、購入日などを変更するだけで飼育日数なども逆算し自動的に管理されます。


これらを集めて1冊の図鑑のように作ることが出来のがフィッシュノートです。



20160313113358975.jpg
フィッシュノートの一例




これは私が作ったものではなくONFのサイトからパクって頂いてきた画像となります。

基本的には全て英語表記ですが自分で名前を付けたり変更したりする部分についてはスマホなど端末

の語源がベースとなり日本語表記に変換されますのでご安心ください。



ざっくりとですがこのような感じとなります。

アプリのバージョンが変更になれば都度バージョンアップしてお使い頂けます。

追加情報などが入りましたらこのブログを通じてご案内させて頂きます。


今後はさらにFLAT ONEを使った実践編などをご紹介させて頂く予定です。

発売日につきましては価格なども含めまだ未定ですがGWまでには何とか発売できるよう進めていきたいと

思っております。


ある程度目処がつきましたら早めにご案内させて頂きますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。




20160312083956f6d.jpg




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-03-13 : ONF : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

FLAT ONEを検証! PartⅢ

FLATONE_03.png


onf_2.png




面発光の性能は?



PartⅢとなる今回の検証内容はFLAT ONEの真髄でもある性能についてお伝えしていきます。

面発光の利点は文字通り面で発光するため水槽全体が均一の明るさに保たれますので同じ照度を持つ

点光源のLEDより遥かに明るく照らすことが出来ます。

では面発光なぜ明るく照らすことが出来るのでしょうか? 

面発光は一方向の光ではないからです。

点光源であれば直下以外は前後左右全て陰になりますが、面だと影になり難いので必然的に照らされる

範囲が広くなり明るく見えるというわけです。

理屈は同じで蛍光灯などは照度はさほど強くないですが同様の理由で明るく見えるのです。


T5管でも1本より2本、2本より3本と数が増え密度を高くすることで照度を上げると共に面発光と同じように

全面を覆いつくし影になる部分を極力少なくすることでサンゴの根元まで光を届けることが出来ます。

これがT5ライト最大の長所であり広く受け入れらている理由の一つだと思います。

そして同一の発光色ですから色ムラと言うものがありませんので非常にナチュラルに感じられます。


その反面レンズを使用していませんので発光効率を上げることが出来ませんので水深ある大型水槽には

やや不向きであることは否めませんので適材適所に使用する必要があります。

大型水槽には是非ともOrphek Atlantik V3 Plusの大パワーをご検討くださいw


FLAT ONE(60㎝タイプ)の最大出力は70Wです。

レンズが無くてもほぼほぼ照度的には十分過ぎるぐらいのパワーがありますので水草やサンゴ育成に

関しては問題なくお使い頂ける仕様になっています。



onf-flat-led-light.jpg




FLAT ONEはタッチ式の調光ボタンが本体に内蔵されています。

こちらはON/OFFやモード切替と調光機能が備わっており操作はいたってシンプルです。

24時間制御のプログラム設定などはAndroidやiosなどスマホやタブレットで行いますが、この説明はまた

別の機会に詳しくお伝えさせて頂く予定です。


まずはこの内臓コントローラーを使って操作性や点灯具合などを確認しました。

タッチキーの感度は非常に良好で、本当に軽~いタッチでOKです。


その操作性をご覧ください。







このように簡単にモードの切替や調光を行うことができます。

システムLEDライトですから基本的にはプログラムで稼動させますが、急な来客や確認作業時にこうした

簡単に切り替えできる手動式の機能はとても便利だと思います。

多くのシステムLEDライトにはこうした機能はほとんど付いていませんよね~。



FLAT ONEの調光ですが、実はチャンネル方式ではなく比率方式となっています。

白と青の比率と出力を変更させることにより色合いなどを変えていきますので白~青の色彩はほぼ無段階

の調光が可能になっています。

これはスマホでのプログラム設定で使える話しで、内臓コントローラーでは青・白・青白の3色が5段階の

強弱により計15色のみ設定変更が可能となっています。



その代表的なものとして、今回は白・青白・青につてそれぞれ計測いたしました。



      白 100%

20160308011.jpg
flat_one 002





      青白 100%

20160308009.jpg
flat_one 004





      青 100%

20160308008.jpg
flat_one 003




計測結果はメーカーの公称通りでした。

白100%時のみ計測されているCRI(平均演色評価数)はRa89となっており一般の白色LED(Ra76~85)

に比べ高水準となっていました。

500nm付近のシアンがかなりよく出ているのが好印象ですね!

青白を見てもシアンの凹みはほとんどありません。


SPS専用モデルとかではありませんのでUVに関してはさほど強調する意味もなく、全体的に見て照度も

そこそこ確保されていますので全般的なアクアリウム用の照明としてはこれで十分でしょう。


それよりも面発光の利点を最大限に生かせるFLAT ONEはLEDの概念を大きく超えるものであり、LED照明

と言うよりはまた別のジャンルであるかのように思えます。


2020年に蛍光灯(水銀含有)の製造および輸入が全面禁止となりますが、この面発光方式であれば蛍光灯

の代用に十分対応できるものだと思います。

LEDはこれまで高出力でハイパワーなものを求め続けてきた感じではありますが、このFLAT ONEはいろん

なことを考えさせられた製品でした。

このように語っている私自身が「これって本当にLEDなの?」と今もなお思ったりしているわけですからご覧

頂いてる皆様方はもっと分らないことだらけだと思います。


ただ一つ言えることは、直進性を欠点とされてきたLED照明もここまで進歩してきたということですね。



つづく・・・。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-03-11 : ONF : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: