製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

モニターレビュー第1弾は水草水槽!

pro-1002.jpg



CORONAやPRO-Ⅰなどをモニターして頂いてる方々から早速第1弾のレビューが届きました。

最初のうちは設置状況や製品に対する所見などの感想がほどんどだと思いますが「見てくれ」も製品に

とっては重要なポイントですからユーザー様がどのような判断・評価をされるのかとても興味深いです。



モニターレビュー第1弾を飾って頂くのはソーラーⅠからPRO-Ⅰにご変更された埼玉県・M様です。

水槽サイズは1200×450×600㎜と高さのある大型水槽に2台を設置して頂きました。


先ずは変更前の水景からビフォーアフターで♪



DSCF15571.jpg


↓  ↓  ↓


DSCF15711.jpg




PRO-Ⅰにはレンズがないと言うことで危惧されていた60㎝の深さでしたが全く問題なく、それどころか

メタハラ2灯時よりも明るく透明感が増したような感じですね。


画像とともに頂きましたご感想がこちら


本日、やっと設置できました。遅くなりました。
ACアダプターを無事に天井に設置できました。
機器自身はT5の様かとおもってましたが厚さは薄く奥行きもソーラー1と変わりないイメージです。すっきりです。
点灯してみるとかなり明るいです。水草の色が濃くなった様に感じます。緑も赤も。
10,000kのバルブを使ってましたがより透明感があり今までが黄色っぽい感じです。
見た感じがシャープに見えます、疲れるように思いますが慣れると思います。
点灯して30分して底面全体から気泡が上がってきたのが確認できました。明るさ問題ないですね。
コケがどうなるか心配ですが。状況をみて明るさの調整をして いきたいです。

ソファーに座ってると眩し過ぎます、シェードが必要です、対策品お願いします。




DSCF1574.jpg

DSCF1575.jpg

DSCF1578.jpg

DSCF1579.jpg

DSCF1573.jpg

DSCF1580.jpg




設置直後の様子ですが概ねご満足頂けたようで安心しました。

明るさの調整は付属のリモコンで簡単に行えます。

プログラムタイマーなどの機能はありませんので市販のタイマーなどをご利用ください。


今後は水草がどのように育ち色付いて行くのか、次回は性能面についてご紹介出来ると思います。

なお、ご要望頂きましたシェードにつきましてはメーカーへ依頼させて頂きます。


M様、どうもありがとうございました。

引き続きどうぞ宜しくお願いします。



DSCF1565.jpg

DSCF1556.jpg

DSCF1572.jpg






あと、こちらはモニターをして頂いてる方ではございませんがASTA-120 プラントタイプのユーザー様

から頂きましたレビューをご紹介させて頂きます。



asta-120.jpg
愛知県・U様の水草水槽(サイズ:900×450×450㎜)



ご本人談です。

さっそく今までみられなかった光合成が盛んにみられるようになっています。
ソーラー1よりもいいかもです。ゆらぎも満足です。




大変ご満足頂けたようで有り難いお言葉を頂きました。

こちらのユーザー様もソーラーⅠから変更されておられます。

ASTA-120の場合はレンズが付いておりますのでPRO-Ⅰより照度は高くなりますが水槽全体に行渡る

のは面光源的な発光であるPRO-Ⅰの方に軍配は上がると思いますが、ASTA-120はシステムLEDライト

ですので4チャンネル方式プログラム制御などがアプリ操作でワイヤレスコントロールすることが出来ます。

あとは外観的なデザインの好みや設置方法の違いでお選び頂いてるようです。


この後も他のモニターをして頂いてる方からレビューが届きましたらご紹介させて頂きたいと思います。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-16 : ATLEDTiS : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

いよいよモニター開始!

pro-1002.jpg




1月にデビューした淡水・水草用高演色LEDライト「ATLEDiS PRO-Ⅰ」ですが、早くも2回目となる

入荷となりました。


今回は先日に募集させて頂きましたモニター分も含まれております。

私が特に注目しているのは埼玉県・M氏による1200×450×600㎜の水草水槽で、メタハラ(ソーラーⅠ)

からのお乗換えとなります。


水槽が深いと言うこともあり最後までCORONAと比較検討されてお決め頂きました。

PRO-Ⅰにはレンズが付いておりませんので水深600㎜で前景草などが間延びせずしっかりランを出して

絨毯が作れるのか?などの心配がありレンズの付いたタイプの方が有利ではないかと思われたからです。


レンズが付いてると言えば現在ご使用中のPixie150 G2 PROがサンゴ水槽で順調だということで、これの

Plantモデルの方もリストにあったそうですが同室で異なるプログラムが使えないので断念。

同じようなサイズのCORONAのLED素子構成はどちらかと言えば海水向けとなっており、メーカーに確認

したところ淡水・水草でも全く問題なく使えるとのことでしたが、やはりここはRGB+Wの高演色LEDである

PRO-Ⅰの方が断然綺麗に見えるのは間違いありませんので最終的にこちらをお奨めさせて頂きました。




pro-1_spctra.jpg
PRO-Ⅰスペクトルグラフ(離隔30cmにて測定)





レンズは付いていないものの、計測結果ではメタハラを凌ぐ照度が出ていますので2台を並列すれば

十分な光量が得られると思います。

しかし、こればかりは実際に試さないと何とも分りませんので、そう言った意味においてたいへん興味深く

注目させて頂こうと思っています。


このモニタリングにつきましてはご報告を頂き次第に順次アップさせて頂く予定です。

その他、CORONAの方も新規立ち上げのサンゴ水槽にて3連装のモニターをして頂ける方などなど、

大注目のモニタリングが目白押しです。

どのような結果が表れるのか今から非常に楽しみです♪




IMG_5263.png





つづく・・・。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-07 : ATLEDTiS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

PRO-Ⅰ日本初上陸&検証!

pro-1002.jpg




小型水槽用LEDライトのラインナップが中心だったATLEDTiSから待望の高出力LEDライトが発売となり、

昨日無事に到着し全品検査を終え本日にご予約頂いておりましたお客様の元へ出荷させて頂きました。


E6+やCookie+を見てきたので私的にはさほど驚きはありませんでしたが、それにしても完璧な出来栄えと

クオリティーの高さはMade in China(メーカーおよびデザインは香港)とは思えないほどの重厚な質感が

ありニトリじゃないけど「お値段以上」のものを感じました。




20170120001.jpg




外箱には日本語の他に英語・ドイツ語・フランス語など数十ヶ国語の表記が並んでいて、ワールドワイド

に販売ネットワークが網羅されている事がよく解ります。

逆に日本語が入っていなかったら・・・、と思わず胸を撫で下ろした瞬間でもありましたw

一応、これでも弊社はATLEDTiSから正式に認められている販売代理店なのです。


Distributor https://www.atledtis.com/e




15873582_1238565189552398_1073702643671141309_n.jpg





パッケージはCookieなどと同様にシンプルなデザインです。

シンプル・イズ・ベストという考え方なのでしょうか?  とにかくATLEDTiSは製品以外にお金を一切

掛けないメーカーさんのようです。

まぁその分、コスパが良ければ良いんでしょうが…。




20170120004.jpg





箱の中身はこんな感じです。

細長い箱の中に電源やケーブル、ハンギングキットなどの付属品が納められています。

説明書もシンプルで、保証書は弊社発行の印刷物が一緒に入っています。





20170120010.jpg





付属されているリモコンです。

25%・50%・75%・100%の4段階が雲や晴れのマークで記されており、-と+で段階的に調光できるよう

になっています。

チャンネルなどは無く、単に明るさを調光するだけです。




20170120014.jpg




早速ですが点灯させてみました。

明るすぎてオートモードではピントが合いませんので先ずは25%です。

淡水・水草用は白LEDが基調なのでとにかく明るく眩しすぎて私の目もピントが合いません(笑)


100%にした模様がこちら ↓



20170120016.jpg





もはや何のことか分りませんw

どうしたらこの照度が伝わるのか試行錯誤しながらの悪戦苦闘です。

海水・サンゴ用は青やUVが入ってるので光源はオートフォーカスでそれなりに撮れますが、この眩しさは

ちょっと尋常ではありません。 しばらく見ていたら目が潰れそうです。


ようやくピントを合わして撮れた奇跡の1枚がコレ ↓




20170120019.jpg





AstaやPixieとか一点の光源ではないので照度は別として、見た目にはかなりの破壊力があります。

きっと長い水槽にはこのような直線に並んだ光源が多少なりとも明るく見えるのだと思います。

あくまで見え方の感想だけで、実際には点光源の方が強い放射があります。





20170120012.jpg




一先ずリモコンで照度を最小に落とし、光源を撮影しました。

これでも実際にはなかなかピントが合わず苦労しました。

面光源だと思っていたら実際には2列のRGB+Whiteだったんですね~♪


で、すかさずスペクトルメーターで計測したのがこちらになります。 ↓



pro-1_spctra.jpg
光源から離隔30㎝中央にて計測





海水・サンゴ用ほどスペクトルは重要ではありませんがしっかりとRGB+Whiteの波長が出ています。

+Whiteの効果はRGBだけのLEDライトに比べれば一目瞭然です。




ソーラーRGB
某メーカーのRGB型LEDライトのスペクトル





水草とはいえ、やはりこの波長ではさすがに長期飼育は厳しいんじゃないかと私は思います。

ましてや以前も言いましたがRa66の演色性はあり得ないかとw

見た目の錯覚に捉われず、ググれば色んな解説が出てきますのでユーザー自身も少しは光合成理論の

知識を持って頂ければと願っています。




15823527_1238565446219039_8364908398516031003_n.jpg





本体に繋ぐ電源コネクターはこのようにマグネット式になっていて差込みが緩んだりピンコードのように

接触不良が起きない設計になっています。

このコードを上から吊るしておくと、万が一本体が落下した場合でもマグネットが外れて通電していない

状態となりますので故障や火災の原因から守る手段としても効果的だと思います。

地震が多い日本では有り難い設計ですね!




15826710_1238565372885713_773865440711583491_n.jpg





とりあえず今回は先行オーダー分しか届いておりませんが、もう間もなく一般発売が出来そうですので

今後はショップさんなどで水草水槽においてテストして頂きデーターをまとめて行きたいと思います。


てゆーか、コレと同じ波長で小型版のCookieとかで既に答えは出ていますけどね(笑)





20170120006.jpg





つづく…。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-01-20 : ATLEDTiS : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

高演色RGB-W 『PRO-Ⅰ』PVが到着!


atledtis_logo.png



年の瀬の慌しい時期ですが、たいへんお買い得となるプレ販売企画は明日が最終日です。

そしてメーカーからは『PRO-Ⅰ』のプロモーションビデオが到着しました。









フルフラットなボディーはコーティングされた一際輝くオールアルミ製でとてもスタイリッシュで、Cookie+を

ご存知の方はお解かり頂けると思いますが、非常に高級感あふれるクオリティーが自慢です。


淡水・水草の頂点を極める高演色型RGB-W LEDライトはまもなく日本上陸です!






pro-1_001.jpg








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-30 : ATLEDTiS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

水草専用LED「PRO-Ⅰ」あと3日で終了!


atledtis_logo.png



本場ドイツでもその実力が認められたRGB-W搭載のLED「Cookie/E6シリーズ」に新型となるPRO-Ⅰは、

現在プレ販売を受付中であと3日で終了となります。


年末の慌しい時期なので見込んでいた数には至っておりませんが、それでも現在まで40台ほどをエントリー

頂いております。

最終的には100台ほどをオーダーする予定ですので先行予約分は1月中旬頃にお届けを、そして一般発売

は約1ヶ月遅れの2月中旬~末頃に発売を予定しています。




atledtis_3.png





ATLEDTiSに関する過去記事はこちら




プレ販売分は据え置き価格+8%引きになっていますが、一般発売分からは新価格(63,000円+税)

となりますので予めご了承ください。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-28 : ATLEDTiS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: