製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

高演色型LEDライトについて


atledtis_logo.png





久しぶりに淡水・水草用LEDライトのご紹介です。

ATLEDTiSから発売されているLEDライトは汎用のLEDライトとは違い、平均演色評価数がRa94という

高演色タイプになっております。

※ 画像はSascha Hoyer Aquascapingより転載




20841015_1189962271148343_6567732389291590858_n.jpg
ATLEDTiS PRO-Ⅰ





高演色LEDは自然で綺麗に見えるだけではなく、光合成に必要な吸収波長が全て揃っていますので

赤色はより赤く、緑も濃い色合いへと変化していきます。

緑色っぽいLED光を点けると最初は色鮮やかで濃い感じに見えて綺麗なのですが、やがて次第に減退し

ていくものもあります。

これはクロロフィルの働きによるもので吸収されない波長の光は外へ放出されていきますので徐々に黄色

身を帯びて枯れていくという事になります。




20954102_1189682927842944_2419225648889200788_n.jpg
ATLEDTiS E6+





植物は水と光、そして二酸化炭素を吸収して光合成していきますので水質と同様に光の質もたいへん重要

な役割があります。

光の質を極めるなら是非ともこのRGB-W搭載の高演色型LEDライトをお勧めさせて頂きます。




20915561_1807451385936168_3020180732632188711_n.jpg
ATLEDTiS Cookie+







hp-coupon-5.png にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-08-21 : ATLEDTiS : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

海外事情!

atledtis_logo.png




ユーザー様より修理を依頼された場合、弊社はメーカーからの指示に基づいて対応しています。

間違った方法や手順で行うと取り返しのつかないケースもありますので独自の解釈で修理を行う事は

しておりません。

したがいましてメーカー毎に対応方法も当然ながら異なりますが、一貫して言えることは、海外メーカーで

私の知る限りでは故障した部品を交換修理するのが普通で、日本メーカーのように新品交換などしてくれ

るような対応はまずありません。

ですから、たとえ初期不良であっても交換などしてくれませんので弊社が新しく購入しお客様にお届け

することになります。

正直言ってこの負担は製品代金のみならず、海外および国内の輸送費だけでも数万円以上は掛かり

ますので不良率が高い製品だと、まったく商売どころの話しではなくなります。


「最初から壊れているのに交換もしてくれない」


日本では考えられない事ですが海外ではこれが常識なのです。

こんなメーカーを相手に商売しているのですからホントたまったものではありません(笑)



んな中、今回は高演色LEDライトでおなじみ香港のATLEDTiSがあまりも素晴らしい対応をして

くれましたので少しそのお話をさせて頂きます。


発売から間もないPRO-Ⅰですが、突然点かなくなったという問題が発生しました。

修理依頼品が届き早速見てみると電源のパイロットランプは通電を示す緑のランプが点灯。

リモコンも赤外線が出ていましたのでこちらも正常。

となると、問題が発生しているのは本体という事になり、すぐさまメーカーへ問い合わせすると、リモコン

のペアリング状態を調べろとの事。




Pairing.jpg

UnPairing.jpg
PRO-Ⅰに付属のリモコン 上がペアリング/下がアンペアリング





画像付きで対応方法を示し、その他にもピンプラグの状態やソケットの画像を送って見て頂きました。

返ってきた答えは「すぐに新品と交換します」と言うことなのです。

私は少し目を疑いましたが翻訳が正しければそのようなことを言っているのは間違い無さそうです。


そしてその1時間後には交換品を出荷したという連絡が入りました。



20170628001.jpg




と言うことでしょう・・・

翌日の今日、既に日本に到着しているではありませんか!

こんな神対応を受けるのは初めてです。

新品交換もそうですが、トラブルシュートが早すぎるぐらい早くて本当に素晴らしい対応にただただ感激

するばかりです。


してまだおまけがあります。

不良品を調査するので送り返して欲しいと・・・(ココまでは普通)

さらに国際送料までみてくれると言うのですからもうこれ以上ない対応だと思います。


何度も言いますが、日本では当たり前かも知れませんが当たり前でないのが海外事情なのです。

そんな中にあって今回のATLEDTiSの対応は弊社のみならずユーザー様にも安心してお使い頂ける

ことを裏付けた出来事でしたので取り上げさせて頂きました。


他メーカーもこれぐらい対応が良ければ良いのですが、一筋縄ではいかないのが現状でしょうか・・・。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-06-28 : ATLEDTiS : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

本日よりクーポンがご利用頂けます!


本日より5月31日までご利用頂ける10%OFFのクーポンを発行させて頂きました。

なお、一部の特価商品につきましてはご利用頂けない場合がございます。


クーポンコード:T99V4SNH


【クーポンの使い方】

ご購入後にカートからレジへ進み最後に「クーポンコード」をご記入ください。

合計金額より10%のお値引きが自動的に計算されます。

※送料はクーポン対象外です。






atledtis_logo.png




Ra94を誇る淡水・水草専用 高演色LEDライト PRO-Ⅰのご紹介です。




18491517_1945195729048947_7654903837392096586_o.jpg





近年、淡水・水草用のLEDライトが他メーカーさんから多く発売されている中にあって、これほどまで

鮮やかな色彩を忠実に再現できるLEDライトはほかに無いのではないでしょうか?

それもそのはず、RGB-Wを採用した高演色LEDと呼ばれるのは今のところアクア用ではATLEDTiS

が開発した小型水槽用のE6+とCookie、それとこのPRO-Ⅰだけだと思います。




PRO-1 spec2





        ATLEDTiS PRO-Ⅰ               某メーカー RGB
pro-1_spctra1.jpg 某RBG




PRO-Ⅰの特徴は何と言いましても演色性の高さを抜きにしては語れないRGB-Wの技術力ですが、

製品のクオリティーがとても高く、オールアルミの美しい薄型ボディーも見逃せないところです。





18491762_1945195732382280_5977564479072180355_o.jpg





ハンギングキットは標準装備ですのでの本体ボディーと同色同素材のマウンティングキット(別売)を

組み合わせることでインテリア性も非常に高くなります。


付属のリモコンで照度調節が可能になっているほか、市販のタイマーも問題なくご使用頂けます。

PRO-Ⅰは本物志向の方ならきっとご満足頂ける最高級のライティングシステムです。












にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-05-20 : ATLEDTiS : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

水草専門の照明メーカーが手掛ける本格派LEDライト!


atledtis_logo.png




淡水・水草専門のLED照明メーカーが手掛ける製品にはあるこだわりがあります。

「より美しく」を目指す究極の光に相応しい高演色(平均演色評価数Ra94)LEDを採用し、見た目の美しさ

だけではなくそのフォルムにも磨きをかけた品質こそがATLEDTiSのクオリティーです。





13692512_1789085644659957_2106074012126854754_n.jpg
ATLEDTiS Cookie+





システムLEDライトのような調光やタイマー機能などはありませんが、それがかえって故障などのリスク

を回避させたシンプル・イズ・ベストな仕上がりになっています。


※市販のタイマーにつなげてお使い頂けます。




17156270_1907065572861963_5180568880287787693_n.jpg





Cookieは普通のLEDライトとは違い高演色を実現させたハイクオリティーな製品ですので少し値は張り

ますが長くお使い頂ける製品だと思います。

LED部はダクトレールの脱着式ですから寿命が来れば交換して頂くことも可能です。









私的には非常に素晴らしい商品だと思うのですが価格がネックなのかショップ受けがイマイチで初回

ロット分が完売になってから販売を見合わせていました。

ユーザーさんからのリピートや新規の販売要望が増えてきましたので近日中に販売を再開する予定です。

実機をご覧になりたい方は大阪だけですがエキゾチックアフリカさんにてE6+と一緒に小型の水草水槽で

使って頂いておりますので是非ご覧になってください。


お近くのショップさんでもお取り寄せは可能となっております。




13939438_1801100380125150_2239943746252389645_n.jpg






大型水槽用には今年から新発売となりました「PRO-Ⅰ」をお勧めさせて頂きます。 ↓

こちらもCookie同様に高演色RGB-W を採用した水草専用のLEDライトです。




17457265_1916844588550728_8058436122204904492_n (1)





水草を自然に美しく魅せ、なおかつ色鮮やかに育てる(特に赤系草)本格派のLEDライト。

まだ使った事がない方は是非ともお試し頂きたい弊社イチオシの製品です。


ATLEDTiSは香港のアクア用LED専門メーカーです。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-03-29 : ATLEDTiS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

モニターレビュー第1弾は水草水槽!

pro-1002.jpg



CORONAやPRO-Ⅰなどをモニターして頂いてる方々から早速第1弾のレビューが届きました。

最初のうちは設置状況や製品に対する所見などの感想がほどんどだと思いますが「見てくれ」も製品に

とっては重要なポイントですからユーザー様がどのような判断・評価をされるのかとても興味深いです。



モニターレビュー第1弾を飾って頂くのはソーラーⅠからPRO-Ⅰにご変更された埼玉県・M様です。

水槽サイズは1200×450×600㎜と高さのある大型水槽に2台を設置して頂きました。


先ずは変更前の水景からビフォーアフターで♪



DSCF15571.jpg


↓  ↓  ↓


DSCF15711.jpg




PRO-Ⅰにはレンズがないと言うことで危惧されていた60㎝の深さでしたが全く問題なく、それどころか

メタハラ2灯時よりも明るく透明感が増したような感じですね。


画像とともに頂きましたご感想がこちら


本日、やっと設置できました。遅くなりました。
ACアダプターを無事に天井に設置できました。
機器自身はT5の様かとおもってましたが厚さは薄く奥行きもソーラー1と変わりないイメージです。すっきりです。
点灯してみるとかなり明るいです。水草の色が濃くなった様に感じます。緑も赤も。
10,000kのバルブを使ってましたがより透明感があり今までが黄色っぽい感じです。
見た感じがシャープに見えます、疲れるように思いますが慣れると思います。
点灯して30分して底面全体から気泡が上がってきたのが確認できました。明るさ問題ないですね。
コケがどうなるか心配ですが。状況をみて明るさの調整をして いきたいです。

ソファーに座ってると眩し過ぎます、シェードが必要です、対策品お願いします。




DSCF1574.jpg

DSCF1575.jpg

DSCF1578.jpg

DSCF1579.jpg

DSCF1573.jpg

DSCF1580.jpg




設置直後の様子ですが概ねご満足頂けたようで安心しました。

明るさの調整は付属のリモコンで簡単に行えます。

プログラムタイマーなどの機能はありませんので市販のタイマーなどをご利用ください。


今後は水草がどのように育ち色付いて行くのか、次回は性能面についてご紹介出来ると思います。

なお、ご要望頂きましたシェードにつきましてはメーカーへ依頼させて頂きます。


M様、どうもありがとうございました。

引き続きどうぞ宜しくお願いします。



DSCF1565.jpg

DSCF1556.jpg

DSCF1572.jpg






あと、こちらはモニターをして頂いてる方ではございませんがASTA-120 プラントタイプのユーザー様

から頂きましたレビューをご紹介させて頂きます。



asta-120.jpg
愛知県・U様の水草水槽(サイズ:900×450×450㎜)



ご本人談です。

さっそく今までみられなかった光合成が盛んにみられるようになっています。
ソーラー1よりもいいかもです。ゆらぎも満足です。




大変ご満足頂けたようで有り難いお言葉を頂きました。

こちらのユーザー様もソーラーⅠから変更されておられます。

ASTA-120の場合はレンズが付いておりますのでPRO-Ⅰより照度は高くなりますが水槽全体に行渡る

のは面光源的な発光であるPRO-Ⅰの方に軍配は上がると思いますが、ASTA-120はシステムLEDライト

ですので4チャンネル方式プログラム制御などがアプリ操作でワイヤレスコントロールすることが出来ます。

あとは外観的なデザインの好みや設置方法の違いでお選び頂いてるようです。


この後も他のモニターをして頂いてる方からレビューが届きましたらご紹介させて頂きたいと思います。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-16 : ATLEDTiS : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: