製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

サンゴ&フィッシュフード!

べっぴん珊瑚logo透過


べっぴん珊瑚フード



本家のラインブログでもご紹介されていますがサンゴとトロピカルフィッシュ向けに新たなフードを研究開発中

である『べっぴん珊瑚フード』が本日届きました。



20160411001.jpg



インパクトある容器はまるで富士山のようです。

おそらくこれは日本一を目指す心意気なのでしょう♪(笑)

出来れば世界一を目指して欲しいところですが、海外ならこのボトルは見ただけで売れるような気がします。

世界戦略を念頭においた心憎い演出ですね~w

でも底広でスペース的に場所をとりそうなので日本のショップさんには嫌われそうです(爆)



さて、このべっぴん珊瑚フードですが見てのとおり液体の中に小さな粒々が入っています。

液体は基本的にアミノ酸と言うことなのでべっぴん珊瑚オレンジがベースになっているのでしょう。

ですからオレンジとの併用は厳禁らしいです。


中の粒々はかなり小さめですので幼魚やハナダイ向けに良さそうな感じですがかなり食いつきが良いよう

なので購入直後の餌付けに良いかも知れませんね。

うちのマダラハナダイやクイーン、フレンチなどのヤッコにも試しましたがフツーによく食べました。

既に粒餌に慣れているので全く問題はなさそうです。

ミドリイシが食べてるかどうかはあまりよく分りませんでしたw


ミニミニさんもまだいろいろとテスト中らしいですので販売などについては何も決まってません。

それと、デスロックやライブロックの接着剤として重宝しそうなサンゴセメントなどもテスト中と言うことです。

これから益々目が離せない注目のアイテムになりそうですね!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-04-11 : べっぴん珊瑚 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Ni@スッピン 新発売!

べっぴん珊瑚logo透過


炭素源にニッケル?



バクテリアの働きを活性化させ偏性を抑制する水素供与体(炭素源)『スッピン』にNi(ニッケル)を新配合

した『Ni@スッピン』が新発売となりました。



20151212002.jpg





サンゴ飼育(特にSPS)にはある程度栄養塩を低く保つ必要があります。

栄養塩とは海水中に溶けた珪酸塩・燐酸塩・硝酸塩・亜硝酸塩などを総称して栄養塩と呼んでいます。

いわゆるミドリイシなどにはあまり好ましくない物質で、これらが増え過ぎると成長を阻害し褐色化に進む

傾向にあります。


栄養塩を低く保つには小まめな水換えやデトリタスの除去などメンテナンスは欠かせません。

特に厄介なのがリン酸塩と硝酸塩です。

吸着剤などで除去する方法もありますが合理的な手法で軽減させるシステムを構築させる場合に必要不可

欠なのがこの水素供与体という事になります。


リン酸塩を軽減させるには鉄分を補いリン酸化鉄に変換させ沈殿させる方法や、炭素源をポリ燐酸に食べさ

せてスキマーで除去する方法などがあります。

完全には除けませんがある一定の効果は期待できます。


硝酸塩は溜まっていく一方なので嫌気バクテリアを利用し窒素にして海水中から放出する方法があります。

これには嫌気層(無酸素状態の層)を作る必要があり、ここに定着する嫌気バクテリアが硝酸塩を窒素に

変えて水槽外へ放出させる仕組みです。

底砂を厚く敷く方法などもありますが、これだと時間の経過と共に硫化水素をも生成してしまいサンゴや

サカナが中毒を起こし死滅させる危険があります。

適度な水の循環により硫化水素の発生を抑止させる必要があり、これらの問題を解決し長期飼育を可能に

したのが『ZENI-NAIYOシステム』になります。



zeni_naiyo_system.jpg




このシステムを利用した場合に効果的なのが土壌バクテリアとスッピン(炭素源)を併用させることでスピー

ディーに立ち上がり、かつ機能的に維持させる役目があります。


スッピンはバクテリアのエサみたいなものですから常にバクテリアを活性させるためにも炭素源は定期的な

投与が必要となります。


今回新発売となった『Ni@スッピン』は炭素源にニッケルを加えたもので特に相乗効果やバクテリアに対する

効能があるわけではありませんので基本的にはスッピンとは別物としてお考えください。


ニッケルにはサンゴの成長を促進させる効果があり、このニッケルを含む炭素源の『Ni@スッピン』は通常の

炭素源(スッピン)のように定期的に添加するものではなく、たま~~にサンゴの調子を見ながら加える

ような添加剤の一種だと捉えて頂ければと思います。

何でもそうですが、入れ過ぎると弊害もあるようなのでご注意を!


つまりは上級者向けの製品というわけでですが、置く場所もないほど成長してる場合には不要ですね(笑)

詳しくはミニミニさんのブログをご参照ください。 (もうすぐ終わるらしいですが…)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-12-12 : べっぴん珊瑚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

頑固な茶イシもこの通り…



どのメーカーさんも製品の特徴などは一所懸命アピールするけど実際の効果や結果についてはほとんど

調査もせず公表していないことにいつも疑問を感じています。


それと、新製品が出る度に「良い製品でましたね! 店で一度使って見ようと思います」と言って価格だけ

を聞き出して後は知らん顔する某ショップ様。 (いつもこのパターン)

誰に頼まれたのかは知りませんがスパイ行為のような真似は謹んでほしいと思う今日この頃です。(笑)




べっぴん珊瑚logo透過



OG-1 使用から1ヶ月が経過


べっぴん珊瑚の赤レンジャー『OG-1』を使い出してからおよそ1ヶ月が経過しました。

率直な感想としまして申し上げますと、最初は全体的にパッと明るくなった感じがしました。

その後しばらくの間あまり変化は見られなかったのですが、ここ最近になって歴然とした効果が現れてきて

ちょっと目を疑うような光景となってきました。



先ず最初に1年以上もの間、何をしても褐色化が取れなかった茶イシですが遂にこの時がやってきました!



20151028001.jpg
白化とちゃうよ(笑)




褐色化したミドリイシは復活が非常に困難と言われてきましたがご覧の通りに・・・。


まぁ、実際はそんな大げさな事ではないんですが私にとっては念願の脱褐色化が実現出来たということで

非常に満足しております。

しかし問題はここからなんですよね~。

このまま進んでしまうと褐虫藻が抜けて白化する可能性があるわけですが、アミノ酸や鉄分・ヨウ素などを

強化し、絶妙のコントロールでブルー~パープルっぽく色揚げしていこうと思ってます。



20151028003.jpg




こちらの方も褐色化していた部分がかなり薄くなってきております。

この部分は比較的色揚げしやすく、ほんのりパープルがのっています。

先端は成長が早いので最初から褐色化はしていませんのでこの部分は比較的色揚がりしやすいですね。

UV系の波長が強いとブルーに偏りますが、赤波長とシアンを加える事で綺麗なパープルになります。



20151028007.jpg




この個体は一番成長がよく、ぐんぐん伸びており、既に5倍近くは大きくなったと思います。

茶イシマニアの私にとっては何よりも一番嬉しいことなのです(笑)


全て同じサンゴからのボキ折りをフラグにしたもので当時はこんな感じでした。



20141130 089
2014年12月1日撮影




この画像を見てて、今思えば誰もが捨てそうな茶イシの小枝の寄せ集めでした。

ミドリイシとして、言い方悪いですが安い雑種のような名前も判らない個体ですが飼い込めばそれなりに

綺麗になっていくものだと新ためて感じました。


華やかで高価なオージーも良いですが、私はこれからもブレることなく茶イシマニアの第一人者として皆様

に発信し続けていこうと思っております。


その一方でレッドチューリップも目指しているわけでありまして、決してさぼっているわけではありません。

ストロベリーショートケーキのフラグを作った後の親株で色揚がりを目指して挑戦しているんですけど、時々は

近況報告しないと心無い方から「白化疑惑」が浮上するようです(爆)



20151028005.jpg
本日撮影(2015年10月28日)




ようやくこちらも爆成長モードに突入したようで、ニョキニョキと頭角を現してきました。

実はこの個体の写真はあまり見せたくないんですよね~。 (記録の画像は撮り続けています)

何故なら同じくレッドチューリップを目指しているミニミニさんにプレッシャーを与えてしまうからです(爆)



の様に褐色化でお悩みの方は是非一度『OG-1』をお試しください。

それと、よく褐色傾向になる場合には配置換えや照明の見直しが必要なのかも知れませんね。

あまりポリプが咲いていないサンゴに色揚げしようとUV系が多い照明などを強く当ててしまうと余計に

褐虫藻が増えて褐色に傾きます。


また、色ボケしてきたサンゴはしばらく冬眠してると思って温かく見守ってあげてください。

ここで慌てて水質改善や極端な事(リセットなど)をしてしまうと取り返しがつかないことになります。


やがて冬眠から目覚めたサンゴは一気に息を吹き返したかのような成長を見せてくれると思います。

何が要因でいつスイッチが入ったのかは分りませんけどね。


慌てず焦らずのんびりと・・・。



何事もほどほどが大切です!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-10-28 : べっぴん珊瑚 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

金属ミネラル強化剤『赤レンジャー(通称)』いよいよ発売開始!

べっぴん珊瑚logo透過


海外テスターも太鼓判!



蛍光シアンの色揚げ剤として多種の金属ミネラルを配合した通称『赤レンジャー』がいよいよ発売となります。

海外を含む多くのべっぴんユーザーさんらがテスターとして実験してきました。

私自身も開発当初から実験に参加させていただいており、その有効性を実感しています。


赤レンジャーに関する過去記事はこちら 金属ミネラル強化剤が強烈過ぎる件



20150818001b.jpg





なお、こちらの商品につきましては原材料の確保が一定量に決まっており生産量が限られております。

これまでの商品のように常時在庫品ではありませんので品切れの際は悪しからずご了承ください。



価格は300ml瓶入りで2,000円(税別)です。




追伸です。

赤レンジャーこと『W-Co-Cr-Mo』の製品名が変わっていました(汗;



20151011190345530.jpg

20151011190330a41.jpg





          その名も  


 『OG-1』   です。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-10-11 : べっぴん珊瑚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

金属ミネラル強化剤が強烈過ぎる件

べっぴん珊瑚logo透過


天才とはこういう人の事を言うんだと思う!



べっぴん珊瑚から新たに開発された金属ミネラル強化剤とやらを実験中ですが、その効果が凄まじい勢いで

ストロベリーフラグを変化させております。


1週間放置したせいで瞬く間に色落ちしてしまったストロベリーフラグですが、その後に金属ミネラル強化剤を

規定量のおよそ3倍ぐらいを投与しKHプラスで4→5.5ppmまでブーストさせ更にアクアナノ・コーラルプラス

のシャワーを浴びせ掛けた結果5日間でこんな感じになりました。



20150824013.jpg




言っときますが画像加工は一切しておりません。

まぁLEDの明かりですから色彩的には多少綺麗に見えますけどね。


自分で言うのも何なのですが「私って天才?」って勘違いしてしまうほど劇的な色揚がり効果は本当に

自分でも信じられないほど意図も簡単に結果が出てしまいました。



最初に販売したストロベリーの親株はちょっとドギツイまでの蛍光シアンがべったりのってしまいましたので

ここはこのままでポリプの赤色を強化してレッドチューリップを目指そうかと思ったりしています(笑)



20150824014.jpg

20150824015.jpg




ちなみにこの画像はUV系だけ点けた神秘画像じゃありません。

列記とした日中でLEDがMAXになっている時に上から撮りました。

UV系だけなら光量不足で画像が粗くなってしまいこんな感じになります。



20150824002.jpg




それにしてもこれだけドンピシャな添加剤を開発するとはミニミニさんって本当に末恐ろしい方ですね。

たぶんですが、この金属ミネラル強化剤は間もなく発売開始になると思います。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ






テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

2015-08-24 : べっぴん珊瑚 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: