製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

オート・トップ・オフ(自動給水装置)は正しく使いましょう♪


logo_pacific.png




実験水槽で大失敗をやらかしたのは新しく導入した自動補水器「Sentry ATO」用に設置した給水タンク

の高さが適切でなかったために起きた人為的ミスが原因でした。

正確に言いますと給水タンクの水位が給水チューブよりも上になっていたため、ATOのポンプが自動停止

したにも関わらず、サイフォンの原理で同水位になるまでどんどんと濾過槽へ流れ込みました。


これによりスキマーの外部水位が上昇したためオーバースキミングとなり、5日間ほど溜め込んでいた

超濃厚でヘドロのような汚泥が全て濾過槽へ流れ込んでしまい本水槽へ・・・。


適切な使い方を指導する立場にありながら自らやらかしてしまった失敗は販売者として失格です。

でも、この事を公表することで同じ過ちをユーザーが起こさないための見本を身を持って示せたのは

ある意味良かったと思っています。

便利アイテムも誤った使い方をすると悲惨な状況になると言うことをお判り頂けたのではないでしょうかw


Sentry ATOの説明書にも下記の図解を追加しました。




ATO図解1





Sentry ATOの光センサーはとても優秀なようで、1~2時間毎に作動しを確認しています。

給水時はバックランプが青→緑に変わりポンプの作動を知らせてくれます。

しかも作動時間は5秒前後ぐらいですので本当に少量ずつ蒸発した水を補っていますから塩分濃度は

ほぼ一定に保たれています。


よりも使用を間違えなければスキマーの外部水位が一定なのでスキミングが安定してくれるのは

本当に有り難いですし助かります。

これまでは外部水位の変動によりスキマーを毎日微調整していましたが、今は補水も調整も一切必要なく

私としましてはこの上ない便利さを感じています。

4層の3層目とかにスキマーを入れれば良いのでしょうが、そうでない場合には重宝しますよ。



地獄のような水景から3日目となる本日は、ようやく白化する個体も無く落ち着いてきたようです。

ともあれ全滅しなくて良かったですが、これからはコケとの戦いとなりそうです(笑)


サンゴの成長や色揚がりには時間が掛かりますが、崩壊は一瞬です。

皆様も十分ご注意なさってください。




20161206001.jpg
2016年12月6日現在の実験水槽








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-06 : PacificSun : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

続・やらかしてしまいました(涙;



昨日の凡ミスにより水槽内にたっぷりの栄養塩をぶちまけてしまうというお粗末な事件から一夜明けた

今日もサンゴの白化はまだ止まっていません。


インドネシアやトンガ産のサンゴは比較的大丈夫ですがオージー産のピンクレモネードやホソエダ系は

もろに影響を受け、ヤバそうな部分はすぐにカットしましたが進行は止まる気配がありません。


それよりも、元々コケが多かったのですが一夜にして大繁殖となりマジでリセットしようか悩んでいます。

このまま持ち堪えたとしても毎日コケと格闘する事を考えれば非常に憂鬱ですからね。

サンゴが弱った状態なので今直ぐは無理だと思いますが、折見てしようかと・・・。


現在、事務所内は磯の芳しい香りとは程遠い悪臭に包まれており長時間滞在は不可(笑)

一応現在の様子を記録に留めておきたいと思います。(汚くてスミマセン)





20161205001.jpg





照度を落とし青っぽいので全く見栄えしませんね・・・w


今はただひたすら我慢、ですね~!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-05 : 実験水槽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

やらかしてしまいました(汗;



今日は日曜いうこともありのんびりと昼から濾過槽を少しメンテしました。

サンゴは相変わらず絶好調をキープしています。


自動補水器のタンクの水が少なくなっていたので満タンにセットして外出。

今思えばこれが悪夢の始まりでした。


自動補水器は水槽水が蒸発した分を自動でセットした水位まで補水してくれます。

光センサーが水位を見張っているので水が減れば自動でDCポンプが作動し補水してくれる仕組みです。



しかーし、



貯水タンクを満タンにしたせいで、ポンプに繋がってる給水チューブより上になってしまっており、ポンプ

の作動が停止してもサイフォンの原理で貯水タンクの水はどんどん濾過槽へ流れ込んでしまいました。


その結果、スキマーの外部水位が5㎝も上がってしまい、スキミングしていた5日間分のヘドロのような

汚泥はオーバースキムして全て濾過槽へと流れ込み、そして本水槽へ栄養塩のカタマリが・・・w

リーフキーパーとして栄養塩を添加してしまうとは。。。



これに気付いたのは6時間後でして既に時遅し。

サンゴは次々に部分白化を起こし始めていました。


なんてシビアな生き物なんだろうかと新ためて感じている自分が情けなくて・・・(涙;


でも、気を取り直しヤバソウな部分は全部取り出してカットする事にしました。


そして現在の様子がこちら




20161204004.jpg





レイアウトを少し変えましたが何とも活気が無さそうな水景となってしまいました。

躍動感が無いと言ったほうがピッタリかも・・・。


またこれから出直しです。

Pixieの照度も更に下げて、現在はこのような設定になっています。




20161204203106a47.png





現在は暫くの間、療養中ですw

とにかくサンゴの調子が悪い時は照度を落とす事が先決ですね。


調子が上がっていただけに非常に残念ですが、こう言ったことも製品のマニュアルや注意書きに添える

事が出来ますので実際に使用されるユーザーさんにとっては価値ある結果かと割り切るしかありません。


これも実際に使用していて起きうる出来事なので、悲観はしていませんし、こういう事を自らの経験として

お伝えするのがJ Styleなのです。


製品の仕様を列記して販売するスタイルではなく、こういった使用感や失敗談も新たな情報源として今後も

発信し続けたいと思っています。







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-04 : 実験水槽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

メーカーだより



年の瀬となり日ごと慌しくなってくるこの時期ですが、各メーカーについての現状や入荷予定などを

お知らせさせて頂きます。



lumini_07.png
pixie_logo7.png



先ずは今年から取り扱いを始めたLuminiですが、今では弊社の看板となってきました。

初期には色々と通信上のトラブルがあり少し焦りましたが今ではそれもほぼゼロに限りなく近い状況

まで改善されてきました。


海水・サンゴ用ではJUNオリジナルLEDが完成し圧倒的なパフォーマンスを魅せてくれています。

淡水・水草タイプも出来上がり現状ではほぼ完成の域に達しました。

現在はライティングルーバーを量産中で、今月半ばには出来上がる見込みです。


今のところモデルチェンジや新機種などの導入予定はありません。

欠品中のパーツなども来週中には届く予定となっております。







micmol_logo8.png



ミドルクラスのシステムLEDとして生まれ変わったAqua Airも半年後にはUV入りのNew Aqua Airとして

9月にモデルチェンジを果たし、現在弊社の主力商品となっています。

とにかくコスパがもの凄いことになっているのですが実力もしっかりと兼ね備えた超オススメの製品です。


入荷すれば即完売してしまうほどの人気ぶりでまだまだ需要には追いついていないのが現状です。

週明けの月曜には16ケースが入荷、さらに週末には30ケース程が届く予定となっております。

でもこれは全てショップ様のご予約分ですから入荷してもオンラインショップの販売分はございません。

ショップ様もお客様からご予約を頂いてる分がほとんどだと聞いていますので在庫としては少ないかも

知れませんので年内にゲットしたいとお考えの方はご予約頂いた方が確実だと思います。

年内はあと2~3便ほど予定しております。







atv3+_img3.png



先月に3周年記念祭を無事終了したOrphekですが、大量オーダーの前にパンク寸前の足止めを食らって

しまいましてご予約頂きました多くの方々にたいへんご迷惑をお掛けしております。

そのAtlantik V3 Plusもようやく完成したとの連絡を受け、先日に現地出荷となっています。


つい先日にはV3 Plus専用のAndroid版アプリが完成しました。

あとはSlimLineのデザインパッケージが出来上がりましたら発売を開始させて頂く予定です。








logo_pacific.png



弊社が扱う唯一の欧州メーカーで先月より光センサー式デジタル自動補水器「Sentry ATO(セントリー・

オート・トップ・オフ)」を新発売させて頂きました。

私自身も使用中で、性能とクオリティーは抜群です!

海水では水が蒸発しても少しずつ自動で足してくれますので塩分濃度はほとんど変化が無く一定で、

サンゴに与えるストレスも緩和されているのではないかと感じています。

小型のDCポンプ付ですから買ったその日から何も買い足さずそのままお使いいただけます。


全自動と言えばこのドーサーシステム「Kore 5th PRO(コア・フィフス・プロ)」ですよね~♪

先日に自動攪拌装置「マグネティック・スティーラー」がもれなくプレゼントとなる販売キャンペーンを実施

させて頂きました。

こちらは来週に現地発送されますので20日前後ぐらいのお届けとなる見込みです。

どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。




20161203003.jpg
12月3日現在の実験水槽








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-03 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

PixieオリジナルLEDの設定について その2

lumini_07.png
pixie_logo7.png




大変長らくお待たせしておりますAtlantik V3 plusは昨日に全数とも現地出荷されました。

週明けには到着~全数チェック~発送となる見込みです。

間もなくお届け出来ますので今しばらくお待ちくださいませ。



日の続きとなりますが、PixieのオリジナルLEDの設定について少しだけ進展がありましたので

お伝えさせて頂きたいと思います。

Pixie G2 PROのPAR値は予想以上に高く出ているようで、少し暗いと思っても油断してはいけません。

特にチャンネル4のホワイトは激ヤバですから明るい水景がお好みの方は本体ユニットを水面より40㎝

ぐらいは離してください。

近づけて強くするとサンゴは強光阻害になり色ボケてきます。

へたすりゃ先端がぶっ飛びますので十分にご注意ください!



実験水槽の方もあれから更に出力を落としました。

あの強さじゃ~ぁポリプも出ないわw




201612021737213f3.png




出力を落としてからの方がサンゴの調子は良さそうで、一旦色落ちした個体も徐々に色付きはじめ、

1~2日で結果が出てきました。




20161202002.jpg





少し色濃くなってきたと言うかコントラストがハッキリしてきたように思います。

これまではかなり強い光だったんだなーとつくづく感じます。


他メーカーのLEDライトも数多く取り扱ってきており色々と使っていましたが、これほど忠実に結果が

反映されるのは初めてです。



しかも早い!!!



Pixieシリーズは130R3から始まり細々と改良を重ねてきましたので最終的にG2 PRO&オリジナルLED

の最強の組み合わせが実現できた事に大満足しています。

これも単に支え続けて頂きましたユーザー様のおかげだと深く感謝しております。

また、有能なメーカーに出会えたのもillumagicやHISEA,或いはSANRISEなど数々の失敗を乗り越えて

来たからこそ実現出来たものと思っています。


しかし、まだまだ始まったばかりです。

これからの経過が全てだと思っていますので、結論を出すには時期尚早ですが、間違ってもどこかのように

サンゴを入れ替えるような小細工は致しません!



ガチで勝負したい と思っています(笑)




20161202001.jpg





あっ! べっぴん珊瑚もね♪





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-02 : Lumini : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

PixieオリジナルLEDの設定について

lumini_07.png
pixie_logo7.png



弊社の実験水槽で今何を実験しているのかと言いますと、Pixie G2 PRO用に開発したオリジナルLED

についての有効性を確認しているところでありまして、理論的には完璧な波長とPAR値を実現しており

実践にて結果を出すことを目的としています。


リスタートしてから早や3ヶ月、サンゴを徐々に増やしながら様子を見ておりますが、オリジナルLEDに

変えてからは実質的にはまだ2週間ほどです。

先週末から2灯体制で臨んでおり、ようやくですがその糸口が見えてきました。


弊社の実験水槽は元々とあるショップさんのサンゴ販売専用に作られたO/F水槽でして、これを少し

リメイクして2年半ほど前に立ち上げています。




20140802-2 003

20140802-2 005





当初は何のシステムも使用しておらず、これを見兼ねたミニミニさんのアドバイスによりZENI-NAIYO

システムを導入させて頂きました。


水槽サイズは900×450×300㎜で両サイドにフロー管が付いていおり、750×450×450㎜の濾過槽を

入れると総水量は200Lを超えています。


メインポンプは以前取り扱っていたAqua Engine製のDCポンプで、かれこれ2年目になっています。

画像の照明は今は無きAqua SANRISEのBaliluxX60という120WタイプのシステムLEDです。

その後、BaliuxX Hi-bridやAqua SunRise 60、Pacific SunのPandora Hyperion、Diuna T5

などを経由しOrphek Atlantik V2.1からV3、そしてHISEA A1など取り扱うすべての機種を

この実験水槽で試しています。

途中、一時的にillumagic X-60 SPも訳ありで使っていましたw

そうそう、MICMOLの初代Aqua Airも使っていた時期もありましたね。


もちろん現在はLumini Pixie G2(PRO仕様+オリジナルLED)の2灯体制+ルーバー付きです。




JNS001.jpg
JNS Cone-S CO-1





キマーはJNSのCO-1で、これは当初から変わらず使っていますので2年半が過ぎました。

ポンプの故障なども無くスキミング能力なども全く変わっていません。

イタリア製のSicceポンプはやはり定評どおり耐久性にも非常に優れていると思います。

最近はSentry ATOのおかげで非常に安定したスキミングになっており、もっと早くに導入しておけば

良かったと思っています。




20161127006.jpg




実験水槽は現在こんな感じでやっとサンゴ水槽らしくなってきたと思います。

最初の方に入れたハリエダとストロベリーは残念ながら白化させてしまいましたがやっと水質も安定して

来ましたのでこれから調子は上向いていくでしょう♪


Pixieはサンゴの様子を見ながら少しずつ微調整を繰り返しながら試行錯誤しています。

2灯体制にしてからやや強過ぎたのか、ポリプの咲きが少し悪くなってしまいまして照明を少し上げ

(水面から35㎝)、出力はピーク時で75%(平均出力60%程度)まで絞っています。


いきなりのブースト作戦は撃沈しました・・・(涙;


もっとマジメにやれ~! と、灯具は何でも良い派のミニミニさんに怒られそうです(笑)





20161201051708ea8.png





特にチャンネル4のホワイト系は50%前後にし、調子が上がらないサンゴにとって不適切な明るさを

カットしています。

T5やメタハラは照度が命、LEDは波長が命と考えています。

とは言っても必要最低限のPAR値は確保しなければなりませんのでホワイトを落とした分だけ他の

チャンネルを少し強めにする必要があります。

システムLEDはチャンネル毎の出力を調整する事が出来ますので全てのチャンネルを同じ出力にして

しまうと折角の機能が台無しです。

ここは面倒がらずに細かく設定調整することをお勧めします。


現在はこのような設定で進めていますが、これはあくまでもサンゴの調子を上げていくための手段で

ベストな設定ではありません。

ホワイトを弱めた分、チャンネル1のブルー・シアンを強めて明るさを出します。


リプが咲き成長点が見られるようになれば徐々にホワイトを上げていきます。

それまでホワイトチャンネルは暫く弱めにキープすることがポイントです。

いきなりガンガンやってしまうと必ずと言って良いほど強光阻害などを引き起こし失敗する確率が上が

りますので十分な注意が必要です!

調子を上げるために照度を上げてしまうと逆効果だと言うことを知っておくべきでしょうね。

弱ったら落とす、元気なら上げる! これがシステムLEDマスターの心得です(笑)


局これは褐虫藻のコントロールと言うことになるのでしょうね。

このように必要な波長域を的確なコントロールによって操作できるチャンネル構成の重要性をオリジナル

LEDによって新ためて感じさせられた今日この頃です。


次回までには成長と色揚がりについての記事が書けるようにしておきたいものですw




20161201002.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-12-01 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ライティングルーバーとG2モデル特別販売のお知らせ♪

lumini_07.png
pixie_logo7.png



Pixie G2およびG2 PROに取り付けが可能なライティングルーバーの量産体制に入りましたがメーカー

では販売せず、弊社だけのオリジナルという事になりそうです。

このため生産ロットは1回限りとなりますので発売は数量限定となります。




20161122001.jpg





ただ、いつでも作ることができますので、需要が多ければすぐに再生産し、少なければ今回限りとなる

可能性が大です。


価格の方は1枚あたりが3,800円、前後の2枚セットが7,500円となります。(税別)

明日12月1日より予約の受付を開始させて頂き、お届けは約2週間後を予定しています。

ご予約頂きますと少しだけお得となっています♪  限定数は300枚です。




それと、G2はG2 PROへとバージョンアップになりましたので、特約店様の販売在庫を引き上げる事に

なりまして、明日からJUNオンラインショップにて少量ですが特別販売を行います。

少し費用は掛かりますが、淡水・水草タイプやG2 PROモデルに仕様変更することも可能です。

G2モデルの特別販売はこれが最後になると思いますのでユニットの追加などを検討されている方は

見逃せないチャンスかも知れませんね♪




20161121004.jpg






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-11-30 : Lumini : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

本日イベント最終日!


logo_pacific.png



11月最後の今日はPacific Sunのイベント最終日です。

高価な商品なのであまり期待しておりませんでしたが意外にも多くの方々からご予約を頂戴しました。

いつも本当に有難うございます。


メーカーストックの関係もありますのであと5台ほどで締め切らせて頂きます。

ご検討中の方はお早めにどうぞ・・・♪




12028844_526904190796466_6794469122835049411_o.jpg





ショップ様からAPEX Readyなどからのコントロールについてお問い合せを頂いておりますが、残念ながら

接続する事が出来ないとメーカーから回答があり、技術者によれば「独自に開発したコントローラーの方が

APEXよりも高度な制御が可能」との事です。


そもそもKore 5th PROは0.01ml単位で設定できますので言われてみれば納得の回答でした。









0.01mlというのは1/4滴だそうです。

精密なモーターは日本製だと聞いて安心する私が居ますw


価格が高いか安いかは使う人の価値観で異なると思いますが、かなり便利なコントローラーが使えます

のでハードとソフトの両面で考えると決して高い製品ではないと思います。


今ならマグネティック・スティーラー(19,440円相当)も無料で付いてきますので買うなら




「今でしょ!」  古い?w






以上、Pacific Sunイベント最終日のご案内でした~♪





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-11-30 : PacificSun : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

通算で1000台を突破!まだまだ止まらないMICMOL



micmol_logo8.png



先日エキゾチックアフリカさんへ納品に行った時、レジ前の展示水槽にNew Aqua Air-300 Plantが設置

されているのに気付き、思わずシャッターを切りました。




20161129181016478.jpg





淡水・水草タイプだけあってホワイトLEDが中心なので非常に明るく周囲でもかなり際立っていました。

たった24Wなのに45キューブを底まで明るく照らしており新ためてその実力を感じました。


おかげ様で9月の発売以来3ヶ月足らずにして早くも1000台を突破することが出来ました!

ミドルクラスのシステムLEDとして、幅広いご支持を頂いてる結果だと思っております。





2016112918104410e.jpg





New Aqua Airが明るすぎるので周囲が暗く感じてしまうほどです。

これならキューバパールなど前景草も綺麗な絨毯になるでしょうね~♪

淡水・水草用にもしっかりとUVが入ってますので光合成もバッチリです!




20161129181030afa.jpg





新しくなったAqua Airは本体ボディ~スーパーブラケット(マウント)まで全て真っ白なホワイトカラーに

なっており、旧タイプよりも更に薄くてシャープな印象です。

アーム部分も改良されており、たわみが出ないよう少し太めでしっかりした感じになっています。




20161129181100c36.jpg





3チャンネル方式の調光と24時間のタイマー機能は付属のコントローラーで簡単にプログラムが可能です。

日の出~日中~日没~ムーンライトなど思いのままの設定して頂けるシステムLEDライトです。


来月早々には年末年始に向けて大量オーダーをかけており、アフリカグループだけでも50台以上の

ご予約を頂いておりますので、メーカーも現在は急ピッチで生産に取り組んで頂いてます。




new aqua air002




中身は変わっていませんが、次回のロットよりNewパッケージでお届けさせて頂きます。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-11-29 : MICMOL : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

今年最後のキャンペーンが凄い事に・・・!



大阪・高槻のアクアスターさんにタイガーエンゼルが入荷したとか!

まだ価格とかはアップされてませんが凄い事になりそうですね・・・w

見に行くだけでも相当価値ありますよね~~ 見学料取れるんじゃないでしょうか?(笑)




tiger-Angel.jpg
大阪・高槻 AquaStarさんに入荷したTiger Angel





これもすべて美しすぎる奥様と二人三脚でここまで地道にコツコツとやって来られた成果ですよね!


実に素晴らしい!!!



今、日本で、いや、、、世界で最も注目されてるショップさんです♪


そのうちペパーミントエンゼルとか入ってそうで怖い(笑)







lumini_07.png
pixie_logo7.png




弊社も現状の商品を少しでもより良くベストに近づけるために日々努力しているつもりです。

「いつが買い時?」という質問が多々寄せられますが、私が思うにはそれは永遠のテーマだと思います。

形あるものは骨董品以外全て進化し続けるものですから「今ある物の中からベスト」だと思うモノを選ぶ

しか方法は無いように思います。

家電製品もクルマも携帯電話も全部同じなのです。


ーカーの対応が良いとサイクルも早くなってきます。

仕様変更するにはコストが掛かるのでマイナーチェンジ毎に少しずつ値段は上がります。

Pixie G2 PROも仕様変更に伴い当然ながら仕入原価は上がっておりまして、おまけに新型のLEDまで

オリジナルで作りましたので本来であれば価格変更したいところですが私の考えといたしましてはこの

G2 PROの完成こそがPixieのスタートラインだと思ったので据え置きとさせて頂きました。

ただ、旧タイプとなってしまったG2モデルをご購入頂きましたユーザー様には申し訳ない思いがあります

のでアップグレードに関してはほぼ原価に近い価格でご提供させて頂いております。


通常なら「買い替え」になりますがアップグレードという方法で最新モデルにすることが出来ますので

是非ご活用頂ければ幸いかと思います。


Pixieに関しましては一先ず現行モデルのG2 PROが完成形となりますので、今後の仕様変更は

今のところ何も考えておりません。


やっと手が離れましたのでこれからは他メーカーにも力を入れて行きたいと思っているところでありまして

その先駆けとしてRapid LEDのNano BoxとCORONAに着手していきます。




nanobox9.jpg
13620169_1758729377728341_9090866856050338199_n.jpg







が・・・、



その前に、先日発売となりましたデジタル自動補水器「Sentry ATO」に続き、ワイヤレスコントロールで

日常の添加を自動管理してくれるドーシングシステム「Kore 5th PRO」のキャンペーンを開催します。



logo_pacific.png




内容はいたってシンプルで、12月15日発売のKore 5th PROをご予約頂いた方全員にもれなくに

マグネティック・スティーラー(自動攪拌装置)をドドーン!とプレゼントさせて頂きます♪


期間は本日を含め3日間限りの11月30日までとなります。


二度とない太っ腹企画ですのでこのチャンスをどうぞお見逃しなく~~~♪




stirrer_2048x2048.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-11-28 : PacificSun : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: