製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

JNS Caリアクターが到着!


jnslogo1.jpg



予てよりオファーをかけていたJNSのカルシウムリアクターが本日到着しました。

画像で見ていたよりも実物の美しさに圧倒され、またその大きさも想像以上でした。



20160826001.jpg




こうして画像を撮ってみても大きさや作りの美しさはなかなかお伝えする事が出来ませんねw

サイズは本体直径が12㎝で高さ52㎝×横幅23×21㎝となっております。

メディアは約3kg近く入りますので1200水槽ぐらいまでなら余裕でカバーしてくれそうです。



20160826003.jpg




一般的な装備としてCO2バブルカウンターやpHコントローラー用のエレクトロードの差込み口なども

付いています。

凄いと思ったのは給水フィルターが付いているところ。

不純物などの混入による詰まりを防止するためのもので、私が見たのはこれが初めてです。

通常はダイレクトに給水しますのでこういった心配りは最新の製品ならではだと思います。




20160826006.jpg




給水コントローラーまで付いていますね♪

これを微調整しながらKH濃度を上げていきます。


KH濃度は給水量とCO2量のバランスにより内部のphを酸性にすることでメディアが溶け出して濃度が

高くなっていきます。

理想はCaリアクター内をpH6~6.5前後に保つことでCO2量を必要最小限に抑えることが出来ます。



ポンプのアタッチも非常に簡単で取替えなどもスムーズに行えそうです。

CO2ボンベやpHコントローラーなどを別に揃えなければいけませんが、これまで意外に敷居が高かった

イメージのあったCaリアクターですが、これからはもっと身近な製品として親しまれていく事を願ってます。



JNS Caリアクター T-1 29,800円



間もなくデビューです!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-26 : JNS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Atlantikのアップグレードとか


atv3+_img3.png



最近は新規販売よりもグレードアップの注文が多くなってる今日この頃です。

Orhek Atlantikは発売以来、V1 → V2 → V2.1 → V2.1B → V3 → V3 Plusとおよそ3年もの間に

6回もバージョンアップを重ねております。


その中にあって、先日発表されたV3 Plusは必殺のデュアルチップLED・スーパーブルーが新たに搭載

されて総出力も390W(235W駆動)というモンスターマシンへと変貌を遂げたものですから既存ユーザー

さんにとっては堪らなく涎が出そうなスペックに大変身しております。


普通なら買い替えを考えるしか手は無さそうですが、良心的な販売代理店はその手助けを行っており

まして、どこにも案内を出していないんですけど人伝にアップグレードをご希望されるユーザー様で溢れ

返っております(笑)


今日も2台のV2.1BとV2をV3 Plusにアップグレードすべく淡々とリフローを行いました。



これはV2をブルーだけ打ち換えした時の画像です。



20160824002.jpg




点灯確認するため度々こうして点けるのですが、あまりにも眩しいのでこれでも出力は5%です。

2年弱の使用期間とは言え白色が普通過ぎますw


横に置いてるLEDチップはこれから交換するものです。

そして、交換後はこんな感じになります。




20160824001.jpg




おそらく普通の人の目であればホワイトと薄いパープルに映ってると思います。

実はコレ、実際に見るとほとんど差が無く違いが判りません。


白っぽく映ってるのが420nmピークの6000kホワイトです。

薄いパープルの方は410nmピークの18000kホワイトです。


このようにAtlantikには汎用のホワイトなどは一切使われていません。

白色一つとってもメーカーのこだわりが感じられ、これがOrphek品質といえるのではないかと思います。

伊達に『最高級品』を謳っているわけではないのですw



このあと、このV2はディープレッド以外全て打ち換えを行い制御基板も交換して見事なまでにV3 Plus

へと変身していきました。


今月も既に20台近くをアップグレードさせて頂いておりますが、いつでも交換出来るわけではありません

ので事前にお問い合せの上、ご予約頂きますようお願い申し上げます。


その他にもLPSや深場SPS・超浅場SPS仕様などメーカーでは対応していない特別仕様なども承って

いますのでお気軽にお問い合せください。

もちろんV3 Plusの新品を特別仕様に仕立て上げることも可能です。



スポットタイプのAtlantik12スーパーブルーも実は弊社だけのオリジナル仕様としてOrphekにオーダー

した製品の一つです。

そのうちAtlantikにもJUNスペシャルバージョンなるものが登場する・・・? かも知れません(笑)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-24 : Orphek : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

大事なことを忘れてました!


micmol_logo8.png




メーカーは当初の予定では8月20日頃に完成予定というアナウンスがなされていました。

私は以前の事もありますのでまず遅れることは間違いないだろうと踏んでいましたので9月発売という

ことでご案内しておりましたところ、案の定遅れております(笑)


かと言って9月頭からスタート切れるかと聞かれれば、それも少し怪しいところです。

一つだけ確実にいえることは、早くなることは絶対にない! と言うことぐらいでしょうかw

まぁ、メーカーが頑張って作ったせっかくの商品ですから、ここは焦らず気長にいきましょう~♪




new_aquaair008.png





ところで私は大事なことを皆様にお伝えするのを忘れておりました。

新型アクアエアーについての件なのですが、何と今回からはコントローラーもバージョンアップしている

と言うことをすっかり忘れておりまして、昨日の記事にも「前タイプが引き継がれている」などと書いてしまい

大嘘をこいておりましたことをお詫びいたします。




new_aquaair009.jpg




このスペック表は以前から何度も登場していると思いますが、よく見て頂くと何か違和感を感じませんか?

まぁAquaAirユーザーさんでなければ全く分らないと思いますが、実は前モデルまではホワイトチャンネル

とブルーチャンネルの2種類しかなかったのです。

赤や緑のLEDはホワイトチャンネルに含まれており基本的には青白LEDの代表格でもあったのです。


しかーーーっし、今回のNewバージョンからはホワイトチャンネルとロイヤルブルーチャンネルに加えて

UV・赤・青・緑・ワームホワイト(電球色)がミックスされたSpecialチャンネルの計3チャンネル方式へと

変わっていたのでした。


これはAqua Proなどに採用されていたOSで、ようやくAir用のコントローラーにも搭載されたようです。

これにより更に波長などにこだわったプログラム設定が可能となったわけです。

出来ることならUVなど各色毎の調光ができればベストなんでしょうが、まぁ~このお値段ですから

チャンネルが1つ増えただけでもヨシとしてお許し願えれば幸いです。



naa取説




日本語によるマニュアルも出来上がり、後は到着を待つのみとなりました。

と言っても少し手直ししただけですが・・・w


前回は張り切って3000部作ったのですが、年内後半にまさかのモデルチェンジで半分ほど残ってしまい

ましたので勿体無いですが廃棄処分です。

今回は何部作ろうかと散々迷っていたのですが、淡水・水草タイプもありますので思い切って5000部を

用意しました。 

無駄にすること無く使い切れることを願ってます。

あわよくば増刷などすることがあれば大変嬉しゅ~うございますw


皆様、ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます (゚0゚)(。_。)ペコッ





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-23 : MICMOL : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

新型Aqua Airの発売について

micmol_logo8.png




ミドルクラスのシステムLEDライトとして高い評価を頂いて来ましたアクアエアーは間もなく新型の

New Aqua Airシリーズとして生まれ変わります。

今回の変更点の目玉は何と言いましてもUVの追加と20%パワーアップした出力だと思います。

そして更に淡水・水草モデルが新たに加わり2機種4サイズの全8タイプが発売されます。



new_aquaair2.jpg




プログラム制御するコントローラーはこれまでと同様のタイプが引き継がれています。

本体サイズが一回りコンパクトで薄型の軽量タイプとなりましたのでマウントキットを使った設置範囲も

ワンサイズダウンしこれまで900水槽にしか設置できなかったタイプが600水槽に使えるようになりました。

と言うことは、旧型は20Wタイプでしたが新型では48Wタイプが使えるので単純に2.4倍の明るさが実現

した事になります。

これはもう驚異的としか言いようが無く、SPS飼育も現実味を帯びてきたんじゃないでしょうか?

それに奥行きが126㎜ですから2灯並列とかも余裕で、ワイド水槽タイプなら3灯並列も可能です。


600ワイド水槽に3灯並列で計144Wとかマジやばいでしょうね(笑)

ただし複数台のリンクなどは出来ませんので悪しからず・・・。


まぁそれでもコレ3台で高級システムLED1台よりまだ安いと言うことになりますから1台分の値段って

いったいどれほど激安なんでしょうね~(汗;


プログラム制御が出来て、UV付いてて明るく軽くてオシャレで安い!



各サイズ100台限定!で間もなく先行予約販売を開始いたします!





aa-001.png





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-22 : MICMOL : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

TWINSTAR Light 届く!


1934825_909032692511287_4481656712266139598_n.jpg



私がTwinStarでおなじみENBION社のJang社長と初めてお会いしたのは3年前でした。

忙しい中、日帰りで日本を訪れて3時間ほどミーティングした後に帰られました。

そして数ヵ月後に今度は私が彼の元へ向かい、お互いのアクア談義を交わして別れました。

非常に研究熱心で情熱的な方です。



1385331_208210376020596_83645117_n.jpg
滅多に笑わないJang社長とのツーショット(ENBION社内にて)





この時から彼との間にはビジネスを超えた深い友情で結ばれていた気がします。

以前からLED照明についてはMICMOL製品をヨーロッパの代理店に紹介したりしていて積極的な動きは

ありましたが、この度は自らのアイデアで開発されたLED照明を発売される事となりました。


その新製品が早くも弊社に届きましたので早速ですが検証してみました。



今回サンプルとして届いたのは600ESというモデルです。




TWINSTAR_LIGHT 001
TWINSTAR LIGHT 600ES





出力は600ESで33W、MICMOLのAqua Airが同サイズの600タイプで48Wですから少しだけ

非力なのかも知れませんがミドルクラスの水草用としてはまずまずの出力だと思います。




13606574_1024212687659953_6191649413472394962_n.jpg




スタイリングはご覧の通りADAさんの人気機種を彷彿しているかのようなデザインです。

調光やタイマープログラムといった機能は一切無く、電源をつなぐだけの至ってシンプルな構造です。


使用されているLEDは4種類で赤・緑・青のRGB+白です。

これからの淡水・水草用LEDライトにはRGB+Wが鉄板の構成になりそうな感じですね。




TWINSTAR_LIGHT 007




LEDは全部で87球で、1球あたりの出力はおよそ0.4WほどでAqua Airとほぼ同じです。

数が違う分だけ出力に差があるのでしょうね。


構成の方は次の通りです。

白 6200k = 48球

赤 632nm = 15球

緑 519nm = 12球

青 467nm = 12球



淡水・水草専用ですからそんなに波長にこだわる必要はありませんが少し平凡かと感じました。

私なら白を8000kぐらいのクールホワイトと2700kのワームホワイトを、赤は660-670nm、緑は良いとして

青は475nmあたりにするとかなり良くなるかもです。

LEDライトを作るんだったら先に相談して頂きたかったと言うのが本音でちょっと残念かもw




TWINSTAR Light 002






波長的にはRGB+Wなので、まぁこんな感じでしょうね。

CRIもRa78とやや平凡的な数値で、照度も乳白色のアクリルカバーを使っているためにロスしてる感じ。


まぁツインスターファンの方なら使ってみたいと思うのでしょうが、日本ではあまり馴染みがありません

のでかなり厳しい市場になりそうです。


価格はまだ正式に決まってませんが、おそらく同サイズのAqua Air600より高くなる可能性大です。

こうなるとプログラム制御付きで出力も高いAqua Airに軍配が上がるのは目に見えてますね。

せめて1万円を切るぐらいの価格設定なら商機はあると思うんですけどね~♪



ただ、バランス的に水草はかなりキレイに映ると思います。

スタイリッシュでそこそこの性能はあるんだけど新型Aqua Airの発売が控えているだけに・・・辛い

う~~~ん、困った。。。




13428530_1105546002851304_6285433570753927006_n.jpg
今年5月にドイツで開催されたインターズーのツインスターブース






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-21 : TWINSTAR : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お手軽なフラグラック&マグネットプラグ


jnslogo1.jpg




JNSよりアクリル製のコンパクトでお手軽なフラグラックが新発売となります。




jns_h-25.jpg




お好きな場所にどこでも取り付けることが可能な強力マグネット式で耐荷重もバッチリです。

175×70㎜のコンパクトサイズですら30キューブ水槽などにもお使い頂けます。

9穴タイプで穴の数だけオリジナルのアクリル製プラグも付いてます。



IMG_9601.jpg




価格もお手頃なお値段となっており、9月1日より発売開始いたします。






owlogo23.png





そして、アメリカのOceans Wondersからはユニークなマグネットプラグが新発売となります。



magdisks_1.jpg





ディスク状のプラグには小型のマグネットが埋め込まれています。

付属のマグネットをライブロックなどに埋め込んで接着しておくと、脱着可能なフラグが完成いたします。

極端な使い方では、水槽直にフラグを立てることも可能です。

アイデア次第ではいろんな使い方が出来そうですね♪


こちらも9月初旬頃に入荷予定となっています。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-20 : JNS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

最後の調整へ・・・


micmol_logo8.png



MICMOLから間もなく発売される新型Aqua Airについてメーカーと毎日何回も協議を行っています。

弊社は単にメーカー品を販売するだけではなく、発売に至るまで詳細な仕様などについて常に様々な

アドバイスをメーカーから求められ、それについて議論を交わしています。


特にMICMOLとは長年のお付き合いがあり、波長や照度などの性能面はもちろんですが外観的な要素

も含めてトータル的なアドバイザー役も請け負っています。


新型Aqua Airにつきましてはほぼ出来上がっており、後は付加価値としてのオプション品などが出来が

れば完成です。


新型Aqua Airのオプションとしてはワイヤー吊り下げ出来るハンギングキットが今回のポイントになって

いますが出来栄えは正直言ってイマイチです。




!cid_22FE1D37-20BB-457D-A3C1-B378EC5C538F.jpg




問題なく吊り下げをすることは可能ですが、せっかくのデザインが台無しですw

もっとスマートに出来ないものなのかダメ出しの連発でメーカーも頭を抱えています。


そして、最終案として決まったのがこちら ↓




20160819001.jpg




まだちょっとお見せできる状態ではありませんのでボカシを入れてますw

このタイプであれば同サイズのマウントアーチなどにも干渉することなくスマートに設置できます。


あとはMICMOLのセンスにお任せしたいと思います。

来週中にはテストサンプルも届く予定でいよいよ発売に向けてのカウントダウンが始まります。


さて、私はいつものように先行発売の準備に取り掛かり、最終オーダー数を取りまとめていきたいと

思っています。

今回は淡水・水草タイプも加わりますので各サイズ50台としても300セットは有に超えそうですね♪

マジで金のなる木が欲しいと思う今日この頃です(笑)



ちなみにTWINSTAR LIGHTは1000台ぐらいオーダーしないと合わないかも・・・(汗;





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-19 : MICMOL : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

まさかの展開に・・・


1934825_909032692511287_4481656712266139598_n.jpg




コケ抑制と病気予防を科学的に解決する製品を発売しているTWINSTARから今度は淡水・水草向けの

LEDライトが発売になりました。


その名もズバリ TWINSTAR LIGHT です!



13237843_992580367489852_3520096452455940851_n.jpg




詳細はまだ明らかになっていませんが明日に現地からサンプルが届く予定です。

聞くところによるとLEDの構成はRGB+Whiteになっているようで、ドイツをはじめとするヨーロッパでは

既に発売されており高評価を得てるとか・・・。



そして、何故か私に日本でいっぱい売れと言う命令がTWINSTARから届きました。

もうすぐMICMOLからも新型が発売になるというこの時期に・・・w


まさかの展開に右往左往しております。




13620724_1036895579724997_138430773989599681_n.jpg
TWINSTAR LIGHT 600E





つづく・・・。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-18 : その他 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

遂にあの幻のCaリアクターが日本初上陸!

jnslogo1.jpg



今年の1月にご案内しておりましたJNSのカルシウムリアクターがいよいよ日本初上陸となります。

この商品は製品の発表とほぼ同時にオーダーをエントリーしていたのですが、色々と理由がありまして

知らず知らずのうちに延び延びになっておりました。

ほとんど諦めムードだったんですが、ダメ元でメーカーに尋ねたところいくつかの改良が全て終えたようで

早ければ今月末にも入荷する事が決定しました!



jns_t-1.jpg




久しぶりのJNS製品の入荷で、ようやくこれで他のスキマーなども順次入荷してくると思います。

これから秋にかけては新製品の入荷ラッシュとなりそうな予感です(笑)



jns_t-1_1.jpg




この製品の詳しいスペックにつきましては過去記事をご覧ください。



ちなみに人柱の募集は現在行っておりません。

ご応募頂きました方々には近日中にご案内をお送りさせて頂きます。

どうぞ楽しみにお待ちくださいませ♪





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-17 : JNS : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

淡水・水草用が完成していた・・・件

lumini_07.png
asta_003.png



お客様からの問い合わせでメーカーに尋ねたところ、淡水・水草用のマルチチップLEDは既に完成

していたというマヌケな話しです(笑)




Asta 120 for freshwater tank




ある程度落ち着いてからバリエーションを考えようと思っていたのですが、Luminiの担当者は既にその

ことを察知していたのか、問い合わせたらすぐに返事が返ってきて 「君が望んでるのはこれだろっ^-^」

ってな具合で軽~~く往なされてしまいました(汗;


やっぱ仕事早いわぁ~~~~ってつくづく感じた瞬間です。


と言うわけで、近日中にPlantタイプを追加発売する予定となりました。




Pixie 150 ratio for planted tank




LEDの構成と配置はこのようになっています。

異なる3種類の白色LEDをチャンネル別に分けられており微妙な色合いが楽しめそうです。

ただし、真中のカラーチャンネルは赤・緑・青のいわゆるRGBが混在しており朝焼けや夕焼けといった

演出は出来そうにないですね。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2016-08-16 : Lumini : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: