製品の最新情報やアクアリウム全般に関する記事を取り上げています。

DCポンプの賢い使い方!

logo zksj

seahog001.png




SEAHOGスキマーに採用されているポンプは当然ながら同じメーカーのZKSJ社製DCポンプが使われ

ておりますので性能や耐久性も非常に優れたものになっています。

しかしながらモーターやインペラーなどは消耗品ですのでいつかは交換が必要となるわけでありまして、

万一に備えのために交換用のモーターなどを近日に単品販売させて頂く予定です。


消耗品と言えどもモーターなどは本体に当たりますので1年間の保証はありますが、例えばメインにDC

ポンプをご使用されている場合などは「待ったなし」ですので交換品が届くまでの間を予備のモーターで

すぐ交換できる態勢をとって頂くことをお勧めします。

そして届いた交換品はまた予備としてストックしておけば心配ご無用となるわけです。



備えあれば憂いなし!



ユーザー様が安心してお使い頂けるよう弊社は常にストックしておく事を心掛けて販売させて頂きます。


スキマー用は基本的にニードルホイールインペラー付き交換ポンプの販売になり、循環用ポンプの方は

モーターのみの単品販売になる予定です。



DCポンプの特徴はマグネットポンプに比べコンパクトでハイパワーになっており、そのため高回転

なのが特徴です。

陸上競技に例えると、DCポンプは短距離ランナーで、マグネットポンプは長距離ランナーです。

高回転をフルに使い続けるとすぐ息切れしてしまいますが、その分1クラス上のタイプで半分以下の出力

に抑えると非常に長持ちしとても経済的です。


DCポンプを買うときの目安は50%以下の出力を想定し、余裕を持ったタイプにする事をお勧めします。

これはシステムLEDライトにも同じことが言えます。

初期投資は多少大きくなりますが、ランニングコストを考えると単純計算でも90日~半年ぐらいで元は

取れるんじゃないでしょうか?



予算的な関係で水槽スペックギリギリのラインでチョイスし80%以上で使えばすぐオーバーヒートを

起こしてしまいます。

DCポンプの巡航出力は50%が限界だと思ってお使いくださいね♪




dcpump003.png






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-03-01 : ZKSJ : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

DCポンプ発売開始!クーポン利用は本日まで

logo zksj

logo BLDC



Customized-Service-1.jpg




本日よりZKSJ社製DCポンプ各種の先行予約販売を開始させて頂きました。

クーポンのご利用は本日限りで、合わせて13%OFFのお買い得となっております。


また、Orphek Atlantik V4の先行予約も本日が最終日で明日からは通常価格となります。

ご検討中の方はどうぞお急ぎください♪

3月中旬頃のお届け予定となっております。




淡水・水草用では高演色LEDライトのPRO-Ⅰが1台限りですが通常価格68,040円のところ59,999円と

たいへんお買い得になっています。 クーポンを使うと更に5%OFFとなります。




pro-1003.jpg





このPRO-ⅠはRGB+WのLEDを採用し、平均演色評価数がRa94と非常に高いのが特徴で付属のリモコン

で調光(色調ではありません)も出来るスグレモノです。

市販のタイマーの使用が可能で面倒なプログラム設定などは一切必要ありません。


本場ドイツの巨匠 Oliver Knott氏も絶賛の水草用高演色LEDライトです。



16997907_1458566484188610_5169962566647713895_n.jpg
Facebook Oliver Knottより







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-28 : ZKSJ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

マメスナとかのコレクションに!

aquarocks_logo.jpg




樹脂製の人工ライブロックを手掛けるAQUAROCKSよりセラミックディスクを簡単にレイアウトできる

ディスクロックをご紹介させて頂きます。




16299151_1639513153021612_90169987848560096_n.jpg




このタイプはセミオーダーなので弊社が販売するOceans Wondersのセラミックコーラルフラグディスク

(Sタイプ=30㎜/Lタイプ=35㎜)に合わせた凹サイズになります。

※フラグディスクは別売です。



凹んだ所にピッタリ納まるのでコケ取り貝(シッタカなど)が通過してもへっちゃらです。

落としたりレイアウトを崩すことなく維持できますからマメスナなどのコレクション用にピッタリですね!


無機質なラックや雛壇にディスクロックごと置けばイメージはがらりと変わります。

ショップさんなどでも手作りのフラグを並べるのに丁度良いアクセントになると思います。

マメスナのフラグを何種類か並べてディスクロックごと販売!ってのもアリかも知れませんね♪

アイデア次第でいろんな使い方が出来ると思います。




16387859_1639513133021614_2265209287352488136_n.jpg




こちらのディスクロックも先にご紹介したフラグロックと一緒に3月半ばごろ入荷する予定です。

価格未定。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-26 : AQUAROCKS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SEAHOG DCスキマー 「先行予約」まもなく終了!

seahog001.png



昨日、ミニミニさんのオフィシャルブログにてコーン型スキマーの効率について詳しく解説されていました。

コーン型のスキマーは効率が悪いと言う事実


ミニミニさんがこれほどまで器具類について詳しいとは知りませんでした。

私より詳しく解説されておられましたので私の立場が・・・(汗;

ちなみに今のところ異論・反論などは届いておりません(笑)



よくスキマーの対応水量などについて質問を受けます。

弊社はメーカーが公表している数値、あるいは仕様などから決定しています。

しかしながらスキマーに関しては一定の基準などがありませんのでメーカー毎に異なります。


ある程度目安となるのは①ボディーの大きさ(容積)、②高さ、③ポンプ性能、この3点がポイントです。

じゃあ大きければ良いのかと言うとそうではなく、あくまでボディとポンプのバランスがカギを握ります。

大きなボディにポンプ性能が追いついていないとクリーミーなドライフォームはなかなか上がってきません。

逆にボディよりポンプ性能が高すぎると泡戻りが多くなってしまいます。 

時々見かける自作スキマーが安定しないのはこの辺りが多少ズレているからかも知れませんね。


バランスがとれていても、泡戻りは排水構造に依存し影響することもあります。

すなわち容積+パワーが処理能力を決定しますのでどちらも大きいほど対応水量は大きくなります。


ポンプ能力を判断するにはW数(消費電力)ではなく循環水量とエアー量が一つの基準となります。

特にDCポンプの場合はココが重要!


SEAHOGスキマーはフローレートが合算になっています。

例えばPRO-101Sなら2000L/Hなので1時間当たり4回転を見越して対応水量500Lとされています。

ただしこれは先ほど述べましたとおり、ボディの大きさによって多少は変わってきますので、同じフロー

レートでもボディが大きいと処理能力は上がりますので対応水量も大きくなります。


しつこいようですが、いくらボディが大きくてもポンプ性能が追いついていないと宝の持ち腐れになって

しまいます。


SEAHOGのPROシリーズに採用されているポンプは昨日ご紹介させて頂きました最新型のDCポンプの

色違いですから小型で静音&ハイパワーなのが特徴です。

この絶妙なパワーバランスを誇るSEAHOG DCスキマーを是非お使い頂きたいと願っております。

絶対に後悔はさせません!

昨日あたりからご注文が増えてきましたがまだまだ余裕あります!

私が自信を持ってオススメする最新型のDCスキマーのお買い得な「先行予約」は本日が最終日です。

ポンプメーカーが作り上げた最高傑作をどうぞこの機会に!




PRO-401S.jpg
画像はPRO-401S ※実際の製品は一部仕様が異なります






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-25 : SEAHOG : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

DCポンプ発売について!

logo zksj

logo BLDC




SEAHOGスキマーに搭載されている同型のDCポンプ発売が正式に決定しました。

このDCポンプを手掛けている会社はあまり知られていませんが、実は数多く他社メーカーとOEM契約

を結んでいる本家本元のポンプメーカーさんで、アクア以外にも約3000種類のポンプを発売されている

実績と信頼のある会社なのです。

Aquarium-Pump-details.png



最初は弊社もOEMとしてブランドを立ち上げようと思いましたが諸々のコストが意外に高くつき、販売価格

に影響するので止めました。

まぁ、その分お安くご提供出来ますので特にこだわる必要もないでしょう。


このDCポンプは同メーカーの最新タイプで細部にわたり独自の技術が結集されています。

特に静音性を重視したサイレント設計で、振動を極限まで抑えるための工夫がなされています。




DC52Q-1.jpg
BLDCポンプに採用されているインペラー






インペラーにこれほどまでの技術を注ぎ込まれているポンプはあまり見たことがありません。

静音と耐久性を考えて作られていることがよく解りますね!

おそらくこれまでの「DCポンプは壊れ易い」というレッテルはこのDCポンプが覆してくれると思います。



しかもお安い!




もう迷うものなどありませんね♪





201611320195110731.jpg

201611320193078489.jpg

20161142253685359.jpg





ラインナップは11種類あるのですが、その中から5種類ほどをチョイスして発売させて頂きます。

一部の方々には先行してモニターテストをして頂く予定で、発売は3月中旬頃を予定しています。


ちなみに価格の方は、2000L/h(20W)タイプで9,800円(税別)です。


各モデルのフローレートおよびサイズはこちら ↓




20167718392030.png

20167718421585060.png





近日中にオンラインショップへ商品アップする予定です。

お急ぎの方はお問い合せください。 優先的にご希望サイズをお取り寄せさせて頂きます。





20161142252040144.jpg









にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-24 : ZKSJ : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

New DCスキマー SEAHOGを斬る!

seahog001.png



間もなく発売開始となりますNew DCスキマー「SEAHOG」について少し詳しくご紹介させて頂きます。

販売予定のラインナップは500L対応のPRO-101S~2400L対応のPRO-401Sまで計4種類となります。




DCpump001.jpg
間もなく発売予定のNew DCポンプ(2017年モデル)





搭載のポンプはこちらも近日に発売を予定しております最新モデルのDCポンプで、小型ながら非常に

パワフルで耐久性の高い2017年モデルの色違い(スキマー用は赤)が採用されています。




20170222008.jpg





このDCポンプはスキマー本体に差し込むだけのワンタッチ式で脱着がとてもカンタンです♪

「こんなので良いの?」と思ってしまうほど楽チンですが意外としっかりホールド出来ています。

早速ポンプをバラしてみました。




20170222009.jpg

20170222010.jpg





大きく別けて左からモーター、ニードルホイール、ヘッドカバーとなっています。

中の部品やパッキンに至るまで全て赤で統一されているんですね~ ある意味凄い(笑)

交換用の部品は①モーターと②ニードルホイールインペラーで、ヘッドカバーも付いたポンプセットも

ご用意しています。

スキマー本体のご購入と一緒に予備ポンプを用意しておくと万全ですね! 

1年保証は付いておりますが、すぐに交換出来ることを考えれば届くまでの間も安心です。




20170222012.jpg




付属のコントローラーは20段階の変速が可能で一時停止機能などもついています。

10㎜ほどの薄型で軽量です。

このコントローラーはスキマー専用で、水中用DCポンプとは少し機能性が異なります。

水中用DCポンプの方はまた別の機会に詳しくご紹介させて頂きます。





20170222005.jpg





ポンプから送り込まれるバブルの水流は画像のように下向きに空いた所から噴出し上昇していきます。

少し見え難いですが排水は奥にあるパイプを通る仕組みで完全にセパレートされていますので泡戻りが

非常に少ない構造となっています。


しつこいようですがミニミニさんに録って頂いた動画をご覧ください。









設置直後にも関わらず泡戻りがほとんど見られずクリーミーなドライフォームが上がっています。

SEAHOGのスキマーは寸胴型ですが上昇したバブルが中央に集まり易いようにコレクションカップの

裏側は少しテーパー状になっています。




20170222003.jpg




現在、スキマーの主流となっているのがコーン型で、バブルのスムーズな上昇を考えた構造になっている

のですが、その反面スリム化された分だけ容積が小さくなってしまい処理能力が落ちます。

胴型は本体丸ごと底面積のままですから容積が大きく、バブルの接触が多いので処理能力では

コーンタイプより遥かに上となります。(同サイズ比)

少しの差だと思いがちですが、24時間365日稼動する事を考えればとても大きな差になってくると思います。


そして、バブルの水分が少なくなった上部には中央に集中するようテーパーで集められますから非常に

良く考えられた無駄のない構造になっています。




20170222013.jpg





サイレンサーと一体型の内部水位調整パイプもなかなか良いアイデアだと思います。

内部水位調整パイプは左右どちらかに回すことで開閉し、排水量を調節してスキマー本体の内部水位を

上げたり下げたりします。

もちろんポンプのコントローラーで流量調節することができますので両方を使ってベストな水位を探ります。

外部水位によっても大きく異なってきますので、内部式スキマーを設置する濾過槽の水位変化がない層で

お使い頂くことをお勧めします。


蒸発により水位変化する場合はコレ ↓




sentry1_2048x2048.jpg




濾過槽の水位が一定でない場合はデジタル自動補水器「Sentry ATO」を一緒にお使いください。

デジタルセンサーと超小型DCポンプがミリ単位で自動的に補水してくれますのでスキマー性能は常に

一定で安定したスキミングをお約束します。


SEAHOGのDCスキマーは今週の25日まで「先行予約」を受付しており、特典の8%OFFと今月のクーポン

(5%OFF)を合わせて今なら13%OFFとなっております。





333036806219777958.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-22 : SEAHOG : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

Atlantik V4入荷情報 & アップグレードについて

atv3+_img3.png




Atlantik V4に搭載するLEDも全て決まり、現在は量産体制に向け着々と製造中で日本には3月上旬頃

に入荷する予定です。




at-v3_001.jpg
画像はV4と同系のAtlantik V3 Plus





Atlantik V4はV3 Plusから変更になった新型の制御基板をそのまま引継ぎ、LEDの種類と配列だけが

一新されたモデルとなっています。

言うなればグレードアップバージョンですからV3 Plusユーザー様はLEDの基板ユニットを交換するだけで

V4へアップグレード出来ます。

V2/V2.1/V2.1B/V3のユーザー様は中身をそっくり変えないといけませんのでかなりの出費となります。

ただし、185WのままでLED基板ユニットだけを交換する方法もあります。

この場合でしたらかなりお安く(と言っても4~5万は掛かります)変更する事も可能です。


なお、こちらもすぐ欠品になってしまうと思いますので早めにご予約して頂くことをお勧めします。

詳細につきましては直メールまたはカテゴリ欄左下の「メールフォーム」よりお問い合せください。



特典付きでお買い得となっております「先行予約」は間もなく締め切りとなります。

V4から仕入原価もかなり上がっておりますので為替の状況によりましては今後の販売価格が少し値上

になる可能性もありますのでご検討中の方はこの機会にぜひお買い求めください♪



IMG_9395.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-21 : Orphek : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

お得なクーポン!今月末まで



JUNオンラインショップ お買い得情報!


JUNオンラインショップで久しぶりにクーポンを発行させていただきました。

全商品対象(送料除く)で合計金額から5%OFFになります。

期間は本日から今月末まで♪



クーポンの使い方

クーポン2


「カートの中身」よりレジに進み最後にクーポンコードを入力するだけです。

2月のクーポンコード: 9FnmiXR



「早割」や「先行予約」などの特典(8%OFF)と合わせると最大で13%OFFとなる絶好のチャンスです!

この機会をどうぞお見逃しなく♪




saple1.jpg






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-19 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新型DCスキマー「SEAHOG」レビュー!

seahog001.png




スキマーの性能はLEDライトとは違い見た目で判断することが出来ますので結果がすぐ出ます。

SEAHOGのスキマーはすべてDCポンプなのでモーター部分やコントローラーの耐久性は未知ですが、

ポンプメーカーの製品ですからある程度は信頼しても良いんじゃないかと思っています。

それに交換ポンプが安いので万一の場合でも大きな出費にはならず将来的なランニングコストを考え

れば非常にコスパの高い優れた製品だと思います。




20170218001.jpg
現在テスト中のSEAHOG PRO-101S(ミニミニ公式ブログより)





先日よりミニミニさんの玄関水槽で一番小さなタイプでテストして頂いており、本日にミニミニlineブログにて

掲載されています。


どんな高性能スキマーでも設置直後は馴染むまで泡戻りは多少なりとも見られるのですが、こちらは始動

から泡戻りがほとんど見られないようです。

肝心のドライフォームはすぐに上がってきたようで決め細やかなバブルが特徴的です。









この動画を見てお判りのとおり、バブル層と排水が完璧に分れていますね。

ポンプを中に入れず、わざと外置きにしてコンパクトボディーをフルに活かした結果だと思います。

ポンプの外部式を採用すると余分なスペースをとりがちですが、SEAHOGのPROシリーズは性能と

省スペースを見事に両立させた新しいタイプのスキマーです。

バブルジェットの水流も良い感じでコンパクトながらかなり期待できる性能がありそうですね。



発売は3月1日ですが本日より恒例の「先行予約」の受付を開始させて頂きます。

特典は2月25日まで8%OFF!!

JUNオンラインショップのほか、弊社商品取扱店でも受付しております。





PRO-301S.jpg








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-18 : SEAHOG : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Pixieユーザー様に朗報!

lumini_07.png
pixie_logo7.png



これはまだテスト段階ですので何とも言えませんが完成するとどんな環境条件下でも完璧な制御が

可能になります。

また、これまで不可能だった個別制御が可能となり異なる水槽にも違うプログラムで稼動させる事が

でき、Master Controllerは不要となります。




なぜ最初から気付かなかったんだろう・・・。





まぁ、失敗は成功の基ではありませんが欠点を徹底的に洗い出し、考えに考え抜いた結果、




Pixieの弱点を逆手に取った画期的な方法が見つかりました!





ただこれは実用新案や特許の兼ね合いもございますので明らかになるのは申請認可後という事に

なりますが、製品化は早くできそうなので3月初旬ごろに発売できるよう進めていきます。




急げ!!!






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ



テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

2017-02-17 : Lumini : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ジュン・コーポレーション

Author:ジュン・コーポレーション
ようこそ!
最新情報をお届けしています

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: